文化財の保護
(重要文化財を国宝に 一件)
書跡・典籍の部
一,土左日記
 (とさにっき)
一帖 大阪府箕面市新稲二ー一一ー一
 学校法人 大阪青山学園
縦 一六・八cm 横 一五・三cm 紙数 五〇丁
 本書は藤原為家(一一九八〜一二七五)が嘉禎二年(一二三六)に書写した『土左日記』の古写本である。紀貫之(八六八〜九四六)の自筆原本を,仮名の字体や文章の表記等を含めて忠実なまでに書写した唯一のもので,十世紀の仮名文字遣いを伝えている。貫之自筆本の原姿を最もよく伝えた鎌倉時代中期の写本として,文化史上及び国文学研究上に極めて貴重である。
(鎌倉時代)

 
ホームページへ ↑このページのトップへ
 © The Agency for cultural affalrs