文化財の紹介
通潤橋(熊本県)


通潤橋
写真提供:山都町
 
名称
通潤橋
区分
重要文化財
時代
江戸時代末期
所在地
熊本県上益城郡山都町


  解説
  安政元年(1854)に建造された石造単アーチ橋。橋長84.0m,橋幅6.5m,アーチ径間27.3mの規模を持つ。輪石は一重で,壁石は鱗状に積まれている。橋の前後約100mに渡って,石樋が3列土中に埋め込まれる(現在鉄管を1列増設)。凹形曲面を基本とした美しい形状を持つ我が国最大規模の石造水路橋。


ホームページへ ↑このページのトップへ
 © The Agency for cultural affalrs