文化財

HOME > 文化財 > 地方の指定文化財 > 都道府県・市町村指定等文化財の件数

都道府県・市町村指定等文化財の件数



 近年,文化財に対する国民の関心の高まりとともに,地域の文化財の保存及び活用のための地方公共団体の役割は,重要さを増しています。全国の多くの地方公共団体が文化財保護条例を制定し,それに則して地域内に存在する文化財の指定等を行っています。そして,これらの文化財を自ら管理・修理・公開等を行うほか,所有者による管理・修理・公開等の事業への補助等も行っています。

○都道府県・市町村指定・選定文化財件数

平成25年5月1日現在
文化財の種類 都道府県 市町村 合計
有形文化財 建造物 2,452 9,232 11,684
美術工芸品 10,047 41,672 51,719
無形文化財 171 483 654
民俗文化財 有形 736 4,829 5,565
無形 1,628 6,245 7,873
記念物 遺跡 2,961 12,840 15,801
名勝地 266 845 1,111
動物・植物・地質鉱物 2,985 11,020 14,005
文化的景観 9 23 32
伝統的建造物群保存地区 3 106 109
保存技術 34 25 59
21,292 87,320 108,612

○指定・選定以外の文化財件数

平成25年5月1日現在
文化財の種類 都道府県 市町村 合計
有形文化財 建造物 103 551 654
美術工芸品 42 2,072 2,114
無形文化財 0 129 129
民俗文化財 有形 12 782 794
無形 279 303 582
記念物 遺跡 18 666 684
名勝地 7 29 36
動物・植物・地質鉱物 6 212 218
文化的景観 0 0 0
伝統的建造物群保存地区 0 0 0
保存技術 0 0 0
467 4,744 5,211


  1. ※1 「遺跡」と「名勝地」,「名勝地」と「動物・植物・地質鉱物」など2つ以上の文化財に指定されているものについてはそれぞれ件数に計上しているので,表の件数と実際の文化財数は一致しません。
  2. ※2 「遺跡」は「旧跡」を含みます。
  3. ※3 「伝統的建造物群保存地区」については,市町村が決定した地区から都道府県が選定をしている場合があるため,重複があります。
  4. ※4 市町村の指定・選定文化財件数と指定・選定以外の文化財件数については,文化財を登録文化財として登録し,登録文化財の中から指定文化財・選定文化財への指定及び選定を行う場合があるため,件数に重複があります。

トップページへ

ページトップへ