著作権

HOME > 著作権 > 著作権契約書作成支援システム

著作権契約書作成支援システム



 デジタル化・ネットワーク化の進展に伴い、著作物の創作や利用が多用化し、一般の方々も、著作物の利用に際して契約を必要とする場面に直面することが多くなっています。
 「著作権契約書作成支援システム」は、著作物の創作や演技・実演を職業としない人や、著作物の利用を職業としない人が、著作権契約における書面作成を行う際に支援するためのシステムです。
 このシステムでは、講演や座談会への出席、演奏会・上演会の実演、原稿の執筆、イラストやビデオの作成、写真の撮影を依頼する場合や既存の著作物を利用する場合、さらにコンクール等で作品募集する場合といった、典型的な著作物の利用の場面において、画面の案内に従って項目を入力・選択することで、簡単に著作権等に関する契約書の案(ひな形)を作成することができます。
 ぜひ、ご利用ください。

 なお、文化庁は、著作権契約の基本的な考え方や具体的な条項の趣旨を分かりやすく解説した「誰でもできる著作権契約マニュアル」を作成し、文化庁HPで公開しており、あわせてご利用いただくと、より効率的に契約書案を作成することができます。

「著作権契約書作成支援システム」


トップページへ

ページトップへ