芸術文化

HOME > 芸術文化 > 文化庁メディア芸術祭等事業 > 平成15年度[第7回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品

平成15年度[第7回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品


○アート部門

〈大賞〉 「デジタル・ガジェット 6,8,9」 作者:クワクボ リョウタ[インタラクティブアート, 日本]

「デジタル・ガジェット 6,8,9」 作者:クワクボ リョウタ[インタラクティブアート, 日本]

©クワクボ リョウタ

贈賞理由
企業の画一的なデジタル製品とは違う, オリジナリティ溢れるデジタル・ガジェットを, 高い技術力とセンスあるデザインで, 全て手作りで組み上げた。「テクノロジーの進歩はひとつではない」という, 作者独自のテクノロジー論が貫かれた, かつ生活の中でも十分楽しめるメディア・アートでもある。エンターテインメントと, アートと, 技術とが融合した「電子工芸」とでもいうべきこの作品は, 日本的な新しいスタイルといえよう。
  • 〈優秀賞〉 「パノラマボールとゼログラフ 映像メディアの別の進化論」 作者:橋本 典久(はしもと のりひさ)[静止画, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「スリー」 作者:three[ウェブ, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「E-BABY」 作者:PLEIX[映像, フランス]
  • 〈優秀賞〉 「Venus Villosa」 作者:Silvia RIGON[インスタレーション, アメリカ・イタリア]
  • 〈奨励賞〉 「青の軌跡」 作者:鈴木 太朗(すずき たろう)[インタラクティブアート, 日本]

○エンターテインメント部門

〈大賞〉 「ファイナルファンタジー・クリスタル クロニクル」 作者:スクウェア・エニックス / 任天堂開発チーム[ゲーム, 日本]

「ファイナルファンタジー・クリスタル クロニクル」作者:スクウェア・エニックス / 任天堂開発チーム[ゲーム, 日本]

©2003 THE GAME DESIGNERS STUDIO, INC. FINAL FANTASY is a registered trademark of SQUARE ENIX CO., LTD. CHARACTER DESIGN/Toshiyuki Itahana.

贈賞理由
マルチプレイモードという新しいモードを備えており, ゲームボーイアドバンスを使用して4人で同時にゲームに参加することを可能にしている。グラフィックス, 音楽ともに, 2003年の作品に相応しい一級の仕上がりを見せており, 操作性もコントローラーにマッチしてスムースで気持ちが良い。ストーリにも夢が感じられ, ロールプレイングゲームの物語性を十分堪能できる作品に仕上がっている。全ての要素がバランスよく融合し, 大賞に相応しいゲームである。
  • 〈優秀賞〉 「EyeToy™ : Play」 作者: ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパ ロンドンスタジオ[ゲーム, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「THEgarden」 作者:Alessandro ORLANDI[ウェブ, イタリア]
  • 〈優秀賞〉 「スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD」 作者:真島 理一郎(ましま りいちろう)[映像, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「ポケモーション」 作者:ポケモーション開発チーム[遊具, 日本]
  • 〈奨励賞〉 「アトモス〜セルフパッケージングムービー〜」 作者:atMOS Project[アトラクション, 日本]

○アニメーション部門

〈大賞〉 「連句アニメーション『冬の日』」 作者:川本 喜八郎(かわもと きはちろう), 他[劇場公開アニメーション, 日本]

「連句アニメーション『冬の日』」 作者:川本 喜八郎(かわもと きはちろう), 他[劇場公開アニメーション, 日本]

©IMAGICAエンタテインメント・電通テック

贈賞理由
短編アニメーションという, 自由度の高いパーソナルな表現単位を組み合わせて長編に見立てる試みは以前から数多く行われてきた。スタイルや方法論が異なり, バラバラになりがちな各々の作品を繋ぐルールとして日本独自の"連句"を導入したことで, 従来とは一線を画する強い必然を持った一本の「長編」を構築したのが本作である。その短さから発表形態に制約を受けがちな短編アニメーションに対する新たな可能性の開拓と, 日本独自の文化をアニメーションという表現を用いて発展させたことは, 本年度最大の収穫といえよう。そして参加した作家陣の華やかな競演を, 普段短編アニメーションに接することのない人たちにこそ観て欲しい。
  • 〈優秀賞〉 「東京ゴッドファーザーズ」 作者:今 敏(こん さとし)[劇場公開アニメーション, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「ガラクタ通りのステイン」 作者:増田 龍治(ますだ りゅうじ)[テレビ・OVA, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「こまねこ」 作者:合田 経郎(ごうだ つねお)[短編アニメーション, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「FRANK」 作者:布山 タルト(ふやま たると)[短編アニメーション, 日本]
  • 〈奨励賞〉 「星の子」 作者:小山内 久美子(おさない くみこ)[短編アニメーション, 日本]

○マンガ部門

〈大賞〉 「カジムヌガタイ−風が語る沖縄戦−」 作者:比嘉 慂(ひが すすむ)[単行本・雑誌, 日本]

「カジムヌガタイ−風が語る沖縄戦−」 作者:比嘉 慂(ひが すすむ)[単行本・雑誌, 日本]

©比嘉慂/講談社

贈賞理由
時間をかけた取材をもとに, ていねいに描かれた沖縄戦のエピソードは, 読みはじめるとぐいぐいひきつけられ, 忘れ難い印象を残す。これは単に過去の事件の再現ではなく, 現在に続く日本人の根底にあるものについての物語なのだ。引き締った構成の短編連作には冗長なところはまったくない。地味で感情を押さえた描写は, 逆に迫力と説得力を持ち, 味わい深く何度でも読み返したくなる。こうした作品が出てきた意義は大きい。
  • 〈優秀賞〉 「ヘルタースケルター」 作者:岡崎 京子(おかざき きょうこ)[単行本・雑誌, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「てんじんさん」 作者:木村 直巳(きむら なおみ)[単行本・雑誌, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「蟲師」 作者:漆原 友紀(うるしばら ゆき)[単行本・雑誌, 日本]
  • 〈優秀賞〉 「バカ姉弟」 作者:安達 哲(あだち てつ)[単行本・雑誌, 日本]
  • 〈奨励賞〉 「純喫茶のこりび」 作者:いとう 耐(いとう たい)[単行本・雑誌, 日本]

○特別賞

山口 勝弘(やまぐち かつひろ)
[アーティスト, 日本]
贈賞理由
我が国メディア芸術の草分けとして, 昭和20年代から光, 映像, 音響まで幅広いメディアを駆使した作品を発表し続け, 同47年より取り組んだビデオ作品によって国内外で高い評価を得てきた。代表作には, 『ビデオスペクタクル銀河庭園』, 『闇・2000・光』等がある。また, 同52年から筑波大学, 神戸芸術工科大学等で教壇に立ち, 数多くのメディア芸術家を育てるなど, 我が国のメディア芸術界の向上発展に多大な貢献を果たしている。
 

トップページへ

ページトップへ