「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム2017」開催

印刷版(110KB)

平成29年10月20日

スポーツ庁,文化庁,観光庁では,スポーツや文化芸術資源の融合により,新たに生まれる地域の魅力を国内外に発信し,訪日観光客の増加や国内観光の活性化を図るための取組を,「スポーツ文化ツーリズム」として3庁の政策連携において推進しています。
この度,昨年度に引き続き,「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」を開催いたします。シンポジウム内では「スポーツ文化ツーリズムアワード2017」表彰式も開催し,同アワードに選ばれた団体に対して,3庁の長官が表彰を行います。「スポーツ文化ツーリズムアワード2017」は,スポーツ文化ツーリズムの成功事例であるマイスター部門(※1)と今後有望な事例であるチャレンジ部門(※2)の2部門で表彰いたします。
同時開催の,スポーツツーリズムミーティング(主催:日本空港ビルデング・一般社団法人日本スポーツツーリズム推進機構)では,期間中(11月22日~11月26日),会場周辺において「スポーツ文化ツーリズムアワード2017」の展示や,「スポーツツーリズムミーティング」ブースの出展も行われます。
(※1)マイスター部門…過去3回以上のイベントの開催実績又は3年以上継続的な取組であり,国内外の観光客の増加に寄与しているスポーツ文化ツーリズム。
(※2)チャレンジ部門…上記マイスター部門の応募条件を充足しないが,1回以上の実施がある取組であり,地域への国内外の観光客の増加の効果が期待できるスポーツ文化ツーリズム。
(同時発表:スポーツ庁,観光庁)

「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム2017」開催概要

日時:平成29年11月22日(水)13:00~(開場12:30~)
会場:羽田空港第一旅客ターミナルビル6階「ギャラクシーホール」
東京都大田区羽田空港3-3-2
概要(予定):
12:30~開場:受付開始
13:00~開会挨拶
13:10~「スポーツ文化ツーリズムアワード2017」表彰式・3庁長官によるクロストークセッション
(プレゼンター:予定)鈴木大地スポーツ庁長官,宮田亮平文化庁長官,田村明比古観光庁長官
14:50~スポーツ・文化・観光・空港の有識者による,クロストークセッション
16:50~ワークショップ「スポーツ文化ツーリズムの最新・チャレンジ事例」(仮)
18:30終了予定

入場料:無料,事前申込制(定員200名,ワークショップは先着30名)

申し込み先:「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム2017」運営事務局
http://sporttourism.or.jp/articles/organizedbusiness/summit/20171020_7231.html

【問合せ先】

文化庁長官官房政策課

阿部・丸野

電話:03-5253-4111(代表)(内線3106)

03-6734-2806(直通)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動