「アーティスト・イン・レジデンス(AIR(エアー))活動報告会(第1回)」(評価委員会)の開催について

印刷版(320.7KB)

平成29年11月13日

文化庁では,アーティスト・イン・レジデンス(AIR)事業※を支援しています。 今回初めて,昨年度の事業実施団体が一堂に会し,事業成果の発表や意見交換を行う活動報告会を開催します。 本報告会は,優良事例の紹介やAIR実施団体間でのネットワーク強化を図る場ともなりますので,一般に公開する形で行います。 ※国内外の芸術家等が一定期間滞在し,様々な交流を通して作品制作やリサーチを行う機会を提供するもの。

1.日時

平成29年12月8日(金)10:00~12:00

2.場所

文部科学省東館3階3F1特別会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2)

3.議題

(1)事業実施団体からの報告

  1. 特定非営利活動法人S-AIR(北海道札幌市)
  2. 有限会社遊工房(東京都杉並区)
  3. その他の団体

(2)意見交換

(3)評価委員からのコメント

(4)来年度申請について

4.会議の公開及び傍聴について

・原則として,一般に公開する形で開催します。

・会議の傍聴を希望される方は,12月6日(水)18:00までに,電子メール(bunkok@mext.go.jp)により,件名に「AIR活動報告会の傍聴希望」と明記し,氏名(フリガナ),所属機関,連絡先(電話番号)を御記入の上,お申し込みください。なお,席に限りがあるため,傍聴を希望される方が多数の場合には原則として先着順とさせていただきますので御了承ください。

・報道関係傍聴者は,原則として1社につき1名(撮影後に退出する場合を除く)とし,入場の際には,社名入り腕章を携帯してください。

・傍聴の可否については,12月7日(木)12:00までに電子メール等にて御連絡させていただきます。傍聴登録された方は,入講の際,必ず傍聴登録の返信メールと御本人確認ができる身分証明書を持参し,入館手続において係員に提示してください。

(留意事項)

・会議中の撮影,録画,録音は会議の進行に支障のないようお願いします。

・その他,事務局職員の指示に従うようあらかじめ御了承ください。

<担当>文化庁長官官房国際課

課長
奈良哲(内線2845)
国際文化交流室長
秋山麻里(内線3153)
国際文化交流室室長補佐
木南秀隆(内線3166)
企画係
半場由佳(内線4783)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動