文化審議会文化財分科会企画調査会
これからの国宝・重要文化財(美術工芸品)等の保存と活用の在り方等に関するワーキンググループ(第6回)の開催について

印刷版(91.2KB)

平成29年11月15日

標記ワーキンググループを下記のとおり開催しますので,お知らせいたします。

日時
平成29年11月22日(水)10:00~12:00
場所
中央合同庁舎7号館東館15F1会議室(文部科学省15階)
千代田区霞が関3-2-2
議題
(1)これからの国宝・重要文化財(美術工芸品)等の保存と活用の在り方について
(2)その他

【会議の公開及び傍聴について】

  • ・原則として,一般に公開する形で開催します。
  • ・会議の傍聴を希望される方は,11月20日(月)12:00までに,電子メール(bigaku@mext.go.jp)により,件名に「これからの国宝・重要文化財(美術工芸品)等の保存と活用の在り方等に関するワーキンググループ(第6回)の傍聴希望」と明記し,氏名(フリガナ),所属機関,連絡先(電話番号)を御記入の上,お申し込みください。なお,席に限りがあるため,傍聴を希望される方が多数の場合には原則として先着順とさせていただきますので御了承ください。
  • ・報道関係傍聴者は,原則として1社につき1名(撮影後に退出する場合を除く)とし,入場の際には,社名入り腕章を携帯してください。カメラ撮影は冒頭のみとさせていただきます。
  • 傍聴登録された方は,入講の際,必ず本紙と御本人確認ができる身分証明書を持参し,入館手続において係員に提示してください。
  • ・その他,事務局職員の指示に従うようあらかじめ御了承ください。

<問合せ先>

文化庁文化財部美術学芸課

樋口,袴田,河北(内線2885,2933)

電話:03-5253-4111(代表)

FAX:03-6723-3821

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動