「新たな国民のたから」展の開催について

印刷版(445KB)

平成27年8月19日

文化庁及び長野市立博物館は,国民に文化財の鑑賞の機会を提供するため,文化庁が近年購入した文化財を展覧する「新たな国民のたから-文化庁購入文化財展-」を開催しますので,お知らせします。

 文化庁では,国宝・重要文化財の指定をはじめ,文化財の保存と活用に関する様々な施策を行っています。その中に「国民のたから」である貴重な文化財の散逸や海外流出を防ぐため,国が文化財を購入する事業があり,この事業により国の所有となった文化財は,国立博物館や各地の博物館等が開催する展覧会において公開されるほか,毎年各地の博物館と共催で「新たな国民のたから」展を開催して広く実施しています。
 このたび,長野市立博物館において「新たな国民のたから」展を開催し,近年国が購入し所蔵する文化財を中心に皆様に御覧いただくこととしました。

1.会場
長野市立博物館
 (長野市小島田町八幡原史跡公園内)
2.会期
平成27年9月19日(土)~10月18日(日)
3.主催
文化庁,長野市立博物館
4.出品文化財
文化庁購入文化財32件
 (国宝1件・重要文化財21件を含む)

<担当>文化庁文化財部美術学芸課

美術学芸課長
萬谷 宏之(内線2884)
課長補佐
田中健太郎(内線2885)
主任文化財調査官
今井 敦 (内線2889)
文化財調査官
横須賀倫達(内線2892)
専門職
冨田 文雄(内線2886)
電話:
03-5253-4111(代表)
03-6734-2886(直通)

別紙

本展覧会の主な出品作品を画像付きで御紹介します。

本展覧会に出品される作品の一覧です。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動