文化庁海外展「日本の工芸未来派」展の開催

印刷版(489KB)

平成27年8月20日

 文化庁では,平成27年10月から28年2月にかけて,米国ニューヨーク市のミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザインにおいて海外展を開催します。

1. 開催目的

 文化庁では,日本の優れた文化財を諸外国に紹介することにより,我が国の歴史と文化に対する理解の増進と国際親善の推進に寄与することを目的として,毎年,海外展を開催しています。 
 平成27年度は,平成27年10月から28年2月にかけて,米国ニューヨーク市のミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザインにおいて,現代工芸作品77点を展覧する予定です。

2. 展示の概要

 本展は日本の工芸における「現在性」と「世界性」を問う企画です。今日の工芸はポストモダンな時代状況の中にあり,他の視覚メディアと同様に時代のイメージを手がかりにしながら展開をしています。表現のベースは,工芸技法であり,工芸独自の歴史観を参照しながらも,イメージ展開というところでは,これまでの工芸とは明らかに異なったアプローチをしています。これら新しい時代の日本工芸を世界に向けて発信しています。
 陶器,磁器,漆芸,人形など12名の工芸作家の作品からなり,それらはいずれも「今日のアート」として着目できるものです。

3. 主催・共催者

 ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン(主催),文化庁,金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団](共催)

4. 会期・会場

開会式
:平成27年10月19日(月)
一般公開
:平成27年10月20日(火)~平成28年2月7日(日)
会場
:ミュージアム・オブ・アーツ・アンド・デザイン(米国・ニューヨーク市)

5. 出品件数

77件(米国内からの出品11件を含む)

6. 主な出品作品

青木(あおき) 克世(かつよ) 予知夢(よちむ)XXXII 2012年 金沢21世紀美術館蔵
葉山(はやま) 有樹(ゆうき) 龍孫黄帝図鉢(りゆうそんこうていずはち) 2006年
~2007年
金沢21世紀美術館蔵
猪倉(いくら) 髙志(たかし) かげを(まと)うかたち2011-03 2011年 金沢21世紀美術館蔵
桑田(くわた) 卓郎(たくろう) 黄色化粧白金彩梅華皮志野垸(きいろけしようはつきんさいかいらぎしのわん) 2012年 金沢21世紀美術館蔵
見附(みつけ) 正康(まさやす) 無題(むだい) 大皿(おおざら) 2012年 金沢21世紀美術館蔵
中村(なかむら) 康平(こうへい) RESURRECTION(物語(ものがた)るために) 1999年 作家蔵
中村(なかむら) 信喬(しんきょう) 羅馬聖光(ろーませいこう) 2011年 金沢21世紀美術館蔵
野口(のぐち) 春美(はるみ) イノシシ 2014年 作家蔵
大樋(おおひ) 年雄(としお) 白楽茶碗(しろらくちやわん) コロラドの(つち) 2005年 金沢21世紀美術館蔵
竹村(たけむら) 友里(ゆり) (わん)(しずく) 2011年 金沢21世紀美術館蔵
雲龍庵(うんりゆうあん)北村(きたむら) 辰夫(たつお) 更紗蒔絵十字架(さらさまきえじゆうじか) 2007年 金沢21世紀美術館蔵
山村(やまむら) 慎哉(しんや) 卵殻塔形重香合(らんかくとうけいじゆうこうごう) 2009年 金沢21世紀美術館蔵



<担当>
文化庁文化財部美術学芸課

課長
萬谷 宏之 (内線2884)
国際文化財交流協力官
田中 健太郎(内線2885)
主任文化財調査官
今井 敦  (内線2890)

電話:03-5253-4111(代表)

金沢21世紀美術館(公益財団法人金沢芸術創造財団)

館長
秋元 雄史
学芸課長
黒澤 浩美
広報室長
落合 博晃

電話:076-220-2800(代表)

別紙

主な出品作品を画像付きで御紹介します。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動