国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第14回)

印刷版(252KB)

平成27年8月31日

 このたび,国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設において,壁画・石材の修理作業を行っている「修理作業室」を窓ガラス越しで公開します。
 今回は,高松塚古墳壁画のうち西壁女子群像・北壁玄武のほか,星宿が描かれた天井石を初めて見学用通路の手前側に置く予定です。

(同時発表:奈良県文化教育記者クラブ・橿原市政記者クラブ)

1.公開日時

 平成27年10月31日(土)~11月8日(日)9:00~16:00

2.場所

 国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園内)

3.主催

 文化庁,独立行政法人国立文化財機構(奈良文化財研究所・東京文化財研究所),
 国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,奈良県教育委員会,
 明日香村

4.応募,問合せ先(詳細は別添募集案内参照)

 「平成27年度 国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第14回)」事務局
TEL:06-6245-0578
ホームページ:http://takamatsuzuka-kofun.com(8月31日14:00以降閲覧可能)
・事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要です。
・応募者多数の場合,抽選にて当選・落選を決定します。

第一次応募期間
 インターネットの場合:
平成27年8月31日(月)14:00 ~9月7日(月)23:59まで
 往復はがきの場合:
平成27年8月31日(月)~9月7日(月)※当日消印有効

<担当> 文化庁文化財部古墳壁画室

古墳壁画対策調査官
建石  徹(内線4766)
企画係長
數馬 厚人(内線3154)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第14回)の開催概要や応募方法等の御案内です。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動