シンポジウム
「文化庁文化財調査官~日本のたから(文化財)を守り,活かす人々~」の開催について

印刷版(1.68MB)

平成27年9月11日

全国の有形・無形の文化財の保存・継承・活用を図るため,文化庁には文化財調査官(様々な分野の文化財の専門家)が勤務しており,多様な業務を行っています。文化財に関する国民の皆様の御理解をさらに深めていただくため,文化財調査官が文化財の保存・継承・活用に果たしている役割を分かりやすく紹介するシンポジウムを開催します。


1.日時

平成27年11月4日(水)16:00~20:30(開場15:30~)

2.場所

有楽町朝日ホール (千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11階)

3.定員

先着500名(入場無料:事前申込みが必要です。)
※1部のみ,2部のみの申込みも可能です。また,お席に余裕がある場合は当日参加も受け付けます。

4.主催

文化庁,朝日新聞社

5.プログラム

第1部
 
15:30~
受付開始
16:00~
挨拶文化庁長官青柳 正規
16:05~
工芸技術記録映画解説文化財調査官 佐藤 直子(工芸技術部門)
16:15~
工芸技術記録映画(1) 献上博多織-小川規三郎のわざ-上映(35分)
16:50~
休憩
17:00~
工芸技術記録映画解説文化財調査官 佐藤 直子(工芸技術部門)
17:05~
工芸技術記録映画(2) 瀬戸黒-加藤孝造のわざ-上映(37分)
17:42
終了
第2部
 
17:40~
受付開始
18:00~
シンポジウム開始
●シンポジウム開催にあたって文化財鑑査官 齊藤 孝正
●文化財の保存・継承・活用と文化財調査官の役割について
文化財調査官
1.天然記念物の指定と保護本間 暁(天然記念物部門)
2.伝統的建造物群の選定・保存・活用島田 敏男(伝統的建造物群部門)
3.絵画作品の修理と調査朝賀 浩(絵画部門)
●質疑応答 文化財鑑査官(司会),文化財調査官
20:30
終了

6.申込み方法(詳細は別添チラシ参照)

FAX:03-6215-8700(シンポジウム事務局)
ウェブサイト:http://www.exjp.co.jp/bunkacho2015

<担当> 文化庁文化財部伝統文化課

文化財保護調整室長
石崎 憲寛(内線2869)
文化財保護調整室企画調整係長
下山 泰宏(内線2415)
電話
:03-5253-4111(代表)
 
:03-6734-2415(直通)

別紙

本シンポジウムのチラシです。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動