「日中韓クリエイティブ・シティ・ネットワーク・フォーラム」
~文化芸術が解く社会の課題~の開催について

印刷版(694KB)

平成27年9月15日

 文化庁では,本年10月23日(金)に,日本,中国,韓国の創造都市関係者等が出演するフォーラム「日中韓クリエイティブ・シティ・ネットワーク・フォーラム」を開催します。
 本フォーラムは,昨年11月に横浜市で開催された「第6回日中韓文化大臣会合」の成果文書「横浜共同声明」を踏まえて実施するものです。

1 開催趣旨

 行政,芸術家や文化団体,企業,大学,住民等の連携のもとに進められてきた,文化芸術の持つ創造性を生かした産業振興や地域活性化の取組は,「創造都市」(クリエイティブ・シティ)として国内外で注目されつつありますが,近年,創造都市の取組は,少子・高齢化,障害者の社会参画等の社会課題を解決するという視点においても着目されています。
 日中韓3か国は,日中韓文化大臣会合の合意による都市間交流事業「東アジア文化都市」を推進していますが,さらなる相互理解の促進のため,現在3か国がそれぞれに直面している社会課題を,文化の力で解決するための知見を共有することを目指します。
 今回,2015年の東アジア文化都市である新潟市との共催で,同市において,日中韓3か国の関係者に加え,同市の姉妹都市であり,創造都市の先駆者と言われるナント市も交えて開催します。

2 開催概要

(1)日時
平成27年10月23日(金)13:30~16:00(予定)
(2)場所
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター(新潟市中央区万代島6番1号)
(3)主催
文化庁,新潟市
(4)プログラム
別紙1のとおり
(5)参加申込方法
入場無料。はがき,FAX又は新潟市ホームページによる事前申込制で先着順となり,1回につき4名までお申込みが可能です。定員に達し次第,受付を終了しますので,御了承ください。
・はがき又はFAX:
必要事項を記載の上,郵送又はFAXで御送付ください。なお,FAXの場合は印刷版資料(PDF)の中に申込用紙がございますので,そちらも御利用いただけます。
[必須項目]
氏名(ふりがな),住所,電話番号,FAX番号,メールアドレス,同行者名(3名まで)
[任意項目]
性別,年齢
[送付先]
日中韓クリエイティブ・シティ・ネットワーク・フォーラム事務局
 
住所:〒950-0084 新潟県新潟市中央区明石1-2-6-407
株式会社新潟コンベンションサービス内
FAX:025-240-5432

・新潟市ホームページ:「新潟市電子申請サービス-かんたん申込み」(下記URL)からお申込みください。
https://www.shinsei.elg-front.jp/niigata-City/uketsuke/dform.do?acs=ccnf

<担当> 文化庁長官官房国際課

課長
匂坂 克久(内線2845)
国際文化交流室長
大條 成太(内線3153)
室長補佐
土居 孝一(内線3166)
振興係長
是永 寛志(内線3167)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙1 プログラム(予定)

[ 13:00 受付開始 ]
 
13:30
開会・主催者挨拶  文化庁,新潟市
13:40
第1部 基調講演
「創造都市政策と社会課題」
 
○講師佐々木 雅幸
同志社大学経済学部特別客員教授,
 
文化庁文化芸術創造都市振興室長,
 
創造都市ネットワーク日本(CCNJ)顧問
14:20
休憩
14:30
第2部 パネルディスカッション
○モデレーター 太下 義之
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
 
芸術・文化政策センター主席研究員/センター長
○パネリスト
 
【日本】佐々木 雅幸
 
篠田 昭
新潟市長
能登 剛史
新潟総踊り祭実行委員会副会長/総合プロデューサー,
 
アート・ミックス・ジャパン総合プロデューサー,
 
食の陣実行委員会実行委員長
【中国】() 建中(ケンチュウ)
上海図書館館長,上海科学技術情報研究所所長
【韓国】(キム) 衍儘(ヨンジン)
韓国文化観光研究院
文化・芸術政策リサーチ部研究委員
【フランス】Daniel(ダニエル) Karine(カリーヌ)
ナント・メトロポール副議長,
ナント市助役
16:00
終了

※敬称略・出演者のプロフィールは別紙2のとおりです。
このほか,出演者が一部追加・変更となる場合があります。

別紙2 出演者プロフィール

リーフレット

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動