古墳壁画の保存活用に関する検討会(第18回)の開催

印刷版(84.8KB)

平成27年11月27日

標記会議を下記のとおり開催しますのでお知らせします。

(同時発表:奈良県文化教育記者クラブ・橿原市政記者クラブ)


1.日時:
平成27年12月22日(火)10:00~12:00
2.場所:
中央合同庁舎第7号館東館(文部科学省)3F1特別会議室
3.議事:
(1)高松塚古墳及びキトラ古墳の保存活用について ほか

【会議の公開及び諸連絡】

  • ・傍聴を希望される方は,12月11日(金)17:00までに電子メールにて,件名に「古墳壁画の保存活用に関する検討会(第18回)傍聴希望」と記載し,氏名・所属・連絡先・撮影の有無(テレビカメラの場合はその旨)を御記入の上,お申し込みください。
  • ・撮影の有無について記載がない場合,撮影はないものとします。なお,当日撮影を希望されてもお断りすることがありますので御注意ください。
  • ・撮影は議事に入るまでとし,議事に入ってからの撮影はお断りします。
  • ・席に限りがありますので,傍聴を希望される方が多数の場合には,傍聴を制限する場合があります。あらかじめ御了承ください。
  • ・会場は開始5分前から入室が可能です。室内では事務局の指示に従ってください。
  • ・傍聴登録をされた方は,印刷した本報道発表資料(開催案内)をお持ちいただき,入室の際,係員に提示してください。

<担当> 文化庁文化財部古墳壁画室

古墳壁画対策調査官
建石 徹 (内線4766)
企画係長
數馬 厚人(内線3154)

電話:03-5253-4111(代表)

E-mail:hekigapt@bunka.go.jp

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動