海外からのアニメーション・クリエイターの招へいについて ~平成27年度海外メディア芸術クリエイター招へい事業~

印刷版(614KB)

平成27年12月4日

文化庁では,メディア芸術の振興のため,海外メディア芸術クリエイター招へい事業を行っています。このたび,平成27年度の招へい者が決定しましたので,お知らせします。


1.事業概要

  • (1)趣旨
  • 海外から優れたクリエイターを招へいし,当該クリエイターが我が国に滞在して研修,ワークショップ,創作,展示を行う。
    この事業により,メディア芸術における国際交流を推進するとともに,交流機会を通じた国内クリエイターの育成を図る。
  • (2)対象
  • 若手(満20歳以上35歳以下)の優秀なアニメーションのクリエイター 3名
  • (3)招へい期間 平成28年1月7日から平成28年3月17日までの71日間
  • (4)招へい者(詳細別紙参照)
  • ジャッキー・ドゥグルーンJacky DE GROEN(女性/ベルギー/23歳)
  • ヨハン・ライマJohan RIJPMA(男性/オランダ/31歳)
  • リリアン・バスケスLilian VAZQUEZ(女性/メキシコ/35歳)

2.応募状況

  • (1)募集期間 平成27年7月1日から9月10日
  • (2)応募件数 54か国 199件

3.事業内容に関する詳細のお問合せ先

  • 一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル
  • 電話:03-6670-5676 FAX:03-5466-0054 ホームページ:http://japic.jp/

【本件担当】
文化庁文化部芸術文化課

支援推進室長
石垣 鉄也 (内線 2858)
支援推進室長補佐
田中 智雄 (内線 2062)
メディア芸術交流係
横尾 由美子(内線 2895)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

平成27年度海外メディア芸術クリエイター招へい事業の招へい者及び滞在プログラムの概要について記載しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動