• ホーム >
  • 広報・報道・お知らせ >
  • 報道発表 >
  • 2016年 >
  • 近現代建築資料「吉阪隆正+U研究室建築設計資料」及び 近現代建築資料「池邊陽建築設計資料 渋谷区復興計画案」 の国への寄贈に対する文化庁長官感謝状の贈呈について

近現代建築資料「吉阪隆正+U研究室建築設計資料」及び 近現代建築資料「池邊陽建築設計資料 渋谷区復興計画案」 の国への寄贈に対する文化庁長官感謝状の贈呈について

印刷版(98.7KB)

平成28年3月9日

文化庁では,我が国の近現代建築に関する資料(図面・模型等)の劣化,散逸,海外流出などを防ぐため,国内外で高い評価を得ている,又は,著しく時代を画した建築・建築家に係る資料について,国立近現代建築資料館を拠点として収集・保管等を行うとともに,展示や普及活動を通じ,近現代建築とその関係資料並びに文化芸術分野のアーカイブの必要性について理解増進を図っています。
 このたび,国立近代建築資料館に「吉阪隆正+U研究室建築設計資料」を寄贈いただいた三宅豊彦氏及び寄贈に当たり多大な協力をされた吉阪正邦氏,近現代建築資料「池邊陽建築設計資料 渋谷区復興計画案」を寄贈いただいた池邊このみ氏に対し,その貢献をたたえるため,文化庁長官から感謝状を贈呈することとしました。
 贈呈式は,下記のとおり行いますのでお知らせします。

1 概要

 平成28年3月16日(水)13:30~14:00

2 場所

 文化庁長官室(旧文部省庁舎5階)

3 感謝状贈呈対象者

  1. (1)吉阪隆正+U研究室建築設計資料寄贈者等
    • 三宅(みやけ) 豊彦(とよひこ)
    • 吉阪(よしざか) 正邦(まさくに)
  2. (2)池邊陽建築設計資料 渋谷区復興計画案寄贈者
    • 池邊(いけべ) このみ

4 その他

  • ・取材を御希望の方は,平成28年3月15日(火)17:00までに,別紙の申込書を御利用いただくか,件名に「文化庁長官感謝状贈呈式」と明記し,氏名・所属・連絡先・撮影の有無(テレビカメラの場合はその旨を記載)を御記入の上,電子メールにて下記アドレス宛てにお申込みください。
  • ・冒頭から記念撮影終了(13:35頃)まで取材・撮影が可能です。当日は,「自社腕章」等の所属が分かるものを着用していただくとともに,現場の係官の指示に従っていただくようお願いします。

<担当> 文化庁長官官房政策課

課長
佐藤 安紀 (内線 2803)
課長補佐
昌弘 (内線 2804)
資料館係長
板場 直明

電話:03-5253-4111(代表)
03-3812-3401(資料館係直通)

FAX:03-3812-3407

E-mail:nama@bunka.go.jp

別紙

文化庁長官感謝状贈呈式の取材を希望される方向けの取材申込書です。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動