福島県桑折町(こおりまち)及び和歌山県湯浅町(ゆあさちょう)の歴史的風致維持向上計画を認定 ~主務大臣連名の認定証を各町長に対して直接交付~

印刷版(615KB)

平成28年3月28日

「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称:歴史まちづくり法)」第5条に基づき,伊達氏居城の史跡「桑折西山城跡」の整備事業等を位置づけた福島県桑折町,醤油醸造の歴史が感じられる「湯浅町湯浅伝統的建造物群保存地区」の整備事業等を位置づけた和歌山県湯浅町の歴史的風致維持向上計画について,3月28日に主務大臣(文部科学大臣,農林水産大臣,国土交通大臣)が認定を行うとともに,下記のとおり津島国土交通大臣政務官が,主務大臣連名の認定証を各町長に対して直接交付しました。

(国土交通省記者クラブ,農林水産省記者クラブ同時配布)

1.日時

平成28年3月28日(月)14:30~

2.場所

国土交通省(中央合同庁舎3号館)4階
津島国土交通大臣政務官室(千代田区霞が関2-1-3)

<担当> 文化庁文化財部伝統文化課

文化財保護調整室長
石崎 憲寛(内線2869)
文化財保護調整室企画調整係長
下山 泰宏(内線2415)
電話
:03-5253-4111(代表)
 
03-6734-2415(直通)

別添

歴史的風致維持向上計画の認定について,全体及び今回認定された2町の計画の概要を記載しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動