国立のアイヌ文化博物館(仮称)設立準備室について

印刷版(85.2KB)

平成28年4月6日

文化庁では,国立のアイヌ文化博物館(仮称)設立準備室(以下,「設立準備室」という。)を設置し,開館に向けた体制を強化しましたので,お知らせします。
1.
 文化庁では設立準備室を,平成27年11月16日に文化財部伝統文化課内に設置し,公益社団法人北海道アイヌ協会をはじめ関係機関との連携を図るため,北海道札幌市※に調査官及び主任研究員等の博物館業務の中核を担う職員を6名配置しました。
2.
 平成28年4月1日から,佐々木 史郎氏(前国立民族学博物館教授)を設立準備室の主幹職として配置し,展示・研究の検討に中心となって当たられるよう体制を強化しました。
3.
 佐々木氏は,これまでも「『民族共生の象徴となる空間』における博物館の整備・運営に関する調査検討委員会」の座長代理,「国立のアイヌ文化博物館(仮称)展示検討委員会」の座長としても尽力されました。
4.
 今後も,2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に合わせた一般公開(開館)に向け,準備を進めて参ります。

※設立準備室連絡先
 〒001-0021 北海道札幌市北区北21条西11丁目
 Tel 011-350-5100

<担当> 文化庁文化財部伝統文化課

アイヌ文化振興係
川島・田中
電話:
03-5253-4111(代表)(内線4785)
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動