重要文化財(建造物)の指定について

印刷版(3.9MB)

平成28年5月20日

 文化審議会(会長 馬渕(まぶち) 明子(あきこ))は,平成28年5月20日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て,新たに12件の建造物(新規11件,追加1件)を重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申しました。
 この結果,官報告示を経て,国宝・重要文化財(建造物)は2,456件,4,825棟(うち国宝223件,282棟を含む。)となる予定です。

◎今回の答申における特筆すべきもの

【重要文化財】
三越(みつこし)日本橋(にほんばし)本店(ほんてん)東京都中央区

 三越日本橋本店は,西洋古典様式を基調とした重厚な外観をもち,内部では格調ある色調で彩られた三越ホール,五層吹抜けの中央大ホールなどを中心に,各時代の先駆的な意匠を用いて華やかに装飾している。様々な集客のための仕組みを取り入れながら増改築が重ねられており,我が国における百貨店建築の発展を象徴するものとして価値が高い。

【重要文化財】
延暦寺(えんりゃくじ)滋賀(しが大津(おおつ)

 延暦寺は,比叡山(ひえいざん)に広大な境内を展開する天台宗(てんだいしゅう)総本山寺院で,元亀(げんき)2年(1571)の織田信長による焼き討ちの後に,諸堂が再建された。開祖最澄(かいそさちょう)(まつ)伝教(でんきょう)大師(だいし)御廟(ごびょう)などの堂舎(どうしゃ)は,いずれも優秀かつ特徴的な意匠を備えており,比叡山全域における江戸時代前期再興の様相を示すものとして,高い歴史的価値を有している。




<担当>文化庁文化財部参事官(建造物担当)


参事官
熊本 達哉(内線2790)
調査部門
武内 正和,西岡 聡(内線2793)
登録係
貴志 徹(内線3160)
電話:
03-5253-4111(代表)

別紙

指定される文化財の概要,答申件数とそれを加えた累計,時代別,種別内訳を記載しています。


Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動