熊本地震による被災文化財に対する取組について

印刷版(3.2MB)

平成28年6月20日

このたび,熊本地震によって被災した文化財のうち,緊急的な保護を必要としているものや,今後の地域を復興する際に地域の人々の心のよりどころとなるものの救援と修復のための寄附について,文化庁長官から広く国民に呼びかけます。
 また,被災した文化財建造物について,被災状況調査を実施し,所有者又は管理団体からの要請に応じた応急措置及び復旧に向けた技術的支援等を行う専門家を派遣する熊本地震被災文化財建造物復旧支援事業,及び緊急に保全措置を必要とする動産文化財の調査・救出等を行う熊本県被災文化財救援事業を本格実施することといたしましたので,お知らせします。


1.被災文化財の救援と修復への寄附を呼びかける文化庁長官メッセージ

 熊本地震によって被災した文化財のうち,緊急的な保護を必要としているものや,今後の地域を復興する際に地域の人々の心のよりどころとなるものの,救援と修復のための寄附について,文化庁長官から広く国民に呼びかけます。

(詳細は別紙1参照)

【寄附金・義援金の受付口座】

  • ・銀行振込の場合
  • 三井住友銀行 上野支店 普通 8399622

    (口座名義) 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

  • ・郵便振替の場合
  • 振替番号 00160-5-12319

    (加入者名) 公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

    (※通信欄に「熊本地震」とお書きください。)

【問合せ先】

公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

住所 〒110-0007 東京都台東区上野公園12-50

電話 03-5685-2311

2.熊本地震被災文化財建造物復旧支援事業(文化財ドクター派遣事業)

 熊本地震によって被災した文化財建造物の被災状況の調査を実施するとともに,所有者又は管理団体からの要請に応じて,応急措置及び復旧に向けた技術的支援等を行うため,公益財団法人日本建築士会連合会等の協力を得て専門家を被災地に派遣する「熊本地震被災文化財建造物復旧支援事業」を本格実施します。(詳細は別紙2参照)

3.熊本県被災文化財救援事業(熊本文化財レスキュー事業)

 熊本地震によって被災した熊本県内の動産文化財等を緊急に調査・保全し,我が国の貴重な文化財等の廃棄・散逸を防止するための「熊本県被災文化財救援事業」を行います。(詳細は別紙3参照)

<担当>

文化庁文化財部伝統文化課

文化財保護調整室長
石崎 憲寛 (内線2869)
室長補佐
藤本 慎也 (内線2865)

【文化財ドクター派遣事業】

文化庁文化財部参事官(建造物担当)

参事官
熊本 達哉 (内線2790)
参事官補佐
中島 充伸 (内線2791)
修理企画部門
田中 禎彦 (内線2796)

【文化財レスキュー事業】

文化財文化財部美術学芸課

課長
萬谷 宏之 (内線2884)
課長補佐
吉野 孝行 (内線3102)
文化財保護調整官
朝賀 浩(内線2890)
文化財管理指導官
宇田川 滋正(内線4766)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

熊本地震で被災した文化財の救援と修復の協力について説明しています。

熊本地震被災文化財建造物復旧支援事業(文化財ドクター派遣事業)の体制について説明しています。

熊本県被災文化財救援事業(文化財レスキュー事業)の体制について説明しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動