「ル・コルビュジエの建築作品」の世界遺産一覧表への記載決定について

印刷版(954KB)

平成28年7月17日

我が国を含む7か国(※)が世界文化遺産へ共同推薦を行っていた「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」(国立西洋美術館を含む)について,第40回世界遺産委員会が世界遺産一覧表へ記載することを決定しました。
※フランス・日本・ドイツ・アルゼンチン・ベルギー・インド・スイス

1.決定時刻

決定時刻は次の通りです。

  • 現地時間7月17日(日)11:14
    (日本時間7月17日(日)17:14)

(参考)諮問機関による評価結果の4つの区分

(1)
記載(Inscription):世界遺産一覧表に記載するもの。
(2)
情報照会(Referral):追加情報の提出を求めた上で次回以降に再審議するもの。
(3)
記載延期(Deferral):より綿密な調査や推薦書の本質的な改定が必要なもの。推薦書の再提出後,約1年半をかけて再度諮問機関の審査を受ける必要がある。
(4)
不記載(Not to inscribe):記載にふさわしくないもの。(世界遺産委員会で不記載決議となった場合,例外的な場合を除き再推薦は不可。)

2.世界遺産委員会における主な審議内容

<要旨>

「ル・コルビュジエの建築作品」を評価基準(i),(ii)及び(vi)の下に「記載」する。

<主な審議内容のポイント(決議概要は別紙参照)>

  • 「世界遺産一覧表へ記載されることが適当」との決議案について,すべての委員国が支持した。
  • 特に国立西洋美術館については,ル・コルビュジエが提唱した近代建築の五原則を具体的に表現していること,「無限発展美術館」の思想を体現していること,日本における近代建築運動に大きく貢献したこと,が評価された。
  • レバノンより,評価基準(ⅰ)「人間の創造的才能を表す傑作」の適用が主張され,それに伴う決議文の修正がなされた。

<担当>文化庁文化財部記念物課

課長
大西 啓介
世界文化遺産室長
岡本 任弘
専門官
中村 崇志
文化財調査官
鈴木 地平

電話:03-5253-4111(代表)(内線2877)
03-6734-2877(直通)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動