2018年「東アジア文化都市」の国内候補都市の決定について

印刷版(75.5KB)

平成28年7月26日

この度,2018年「東アジア文化都市」の国内候補都市を,金沢市に決定しましたので,お知らせいたします(金沢市同時発表)。


1.事業概要

 「東アジア文化都市」は,日中韓文化大臣会合での合意に基づき,日中韓3か国において,文化芸術による発展を目指す都市を選定し,その都市において,現代の芸術文化や伝統文化,また多彩な生活文化に関連する様々な文化芸術イベント等を実施するものです。これにより,東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに,東アジアの多様な文化の国際発信力の強化を図ることを目指します。
 また,当該都市がその文化的特徴を活かして,文化芸術・クリエイティブ産業・観光の振興を推進することにより,事業実施を契機として継続的に発展することも目的としています。

2.開催期間

2018年(平成30年)の1月~12月

3.備考

 2017年に開催される日中韓文化大臣会合において,中国及び韓国から提案される都市とともに,正式に決定される予定。

<担当> 文化庁長官官房国際課

課長
北山 浩士(内線2845)

国際文化交流室

室長
髙橋 徳嗣(内線3153)
室長補佐
林 保太(内線3166)
企画係長
小林 翼(内線2848)
電話
03-5253-4111(代表)
 
03-6734-3110(直通)

別紙

東アジア文化都市事業の概要について説明しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動