平成28年度 危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)・与論の開催について(御案内)

印刷版(370KB)

平成28年10月17日

平成28年度 危機的な状況にある言語・方言サミット(奄美大会)・与論を下記のとおり開催しますので,お知らせいたします。


趣旨

我が国における消滅の危機にある言語・方言に関する調査研究成果や各地域の取組事例について,広く知っていただくため,「危機的な状況にある言語・方言サミット」を開催します。サミットでは方言の聞き比べや講演等が行われ,文化の多様性を支える言葉の役割や価値について共に考え,危機的な状況を改善するきっかけにするものです。今年度は11月13日(日)に鹿児島県与論島での開催です。

*「危機的な状況にある言語・方言」とは,ユネスコが平成21年に発行した“Atlas of the World's Languages in Danger”で消滅の危機にあるとした8言語・方言(アイヌ語,八丈方言,奄美方言,国頭方言,沖縄方言,宮古方言,八重山方言,与那国方言)及び東日本大震災において危機的な状況が危惧される被災地の方言を指します。

主催

文化庁,鹿児島県,与論町,与論町教育委員会,国立国語研究所,琉球大学

日時

平成28年11月13日(日)9:00~15:15

場所

与論町総合体育館(砂美地来館)
(鹿児島県大島郡与論町茶花2045)

日程

8:30
受付
9:00
歓迎セレモニー
9:30
開会式
9:45
危機的な状況にある言語・方言の現況
  1. (1)調査研究の結果報告
  2. (2)継承のための取組事例報告(豊見城市,与論町)
  3. (3)協議
11:25
休憩
11:35
危機的な状況にある言語・方言の聞き比べ
12:20
休憩
13:10
危機的な状況にある言語・方言による語り
  1. (1)アイヌ語による語り
  2. (2)国頭方言(与論方言)による語り
13:45
与論町の取組成果(与論小学校)
14:00

講演「()きゃシマぬウタ()きゃシマぬユムタ」

(私のシマの唄,私のシマの言葉)

講演者:朝崎郁恵(奄美島唄唄者)

15:10
閉会式
15:15
終了

※都合により日程等を変更する場合があります。

参加者

消滅の危機にある言語や方言に関心のある方

参加申込み

参加申込不要。参加費無料。

別紙

講演講師について記載しています。

<担当>文化庁文化部国語課

国語調査官
鈴木
電話
:03-5253-4111(内線2841)
FAX
:03-6734-3818
E-Mail
kokugo@bunka.go.jp
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動