重要文化財(建造物)の指定について

印刷版(3.7MB)

平成28年10月21日

文化審議会(会長馬渕(まぶち) 明子(あきこ))は,平成28年10月21日(金)に開催された同審議会文化財分科会の審議・議決を経て,新たに10件の建造物(新規9件,追加1件)を重要文化財に指定することを文部科学大臣に答申しました。
 この結果,官報告示を経て,国宝・重要文化財(建造物)は2,465件,4,892棟(うち国宝223件,282棟を含む。)となる予定です。

◎今回の答申における特筆すべきもの

【重要文化財】
小岩井(こいわい)農場(のうじょう)施設(しせつ)岩手県岩手(いわて)雫石(しずくいし)

小岩井農場は,本格的な洋式の大規模農場経営を目指して設立された農場である。当時の最新技術を積極的に導入した牛舎(ぎゅうしゃ)群やサイロ,四階(しかい)(だて)倉庫(そうこ)等,一連の建造物が良好に保存されており,我が国の近代農場の発展過程をよく示している。

【重要文化財】
知恩寺(ちおんじ)京都府京都市左京区

知恩寺は百萬遍(ひゃくまんべん)の名で知られる浄土宗(じょうどしゅう)大本山寺院である。規模雄大な御影(みえい)堂を中心に,釈迦(しゃか)堂や阿弥陀(あみだ)堂等を配して荘重な境内を形成しており,近世における浄土宗寺院伽藍(がらん)の展開を理解する上で価値が高い。

【重要文化財】
奈良(なら)監獄(かんごく)奈良県奈良市

旧奈良監獄は,明治政府が監獄の国際標準化を目指して計画したいわゆる五大監獄の一つで,外観を煉瓦(れんが)壁で統一した建物群が左右対称に整然と配置されている。明治期の監獄全体が良好に保存されており,高い歴史的価値を有している。

<担当>文化庁文化財部参事官(建造物担当)


参事官
熊本 達哉(内線2790)
調査部門
武内 正和,梅津 章子,當山 まゆ(内線2793)
登録係
貴志 徹(内線3160)
電話:
03-5253-4111(代表),03-6734-2792(直通)

別紙

指定される文化財の概要,答申件数とそれを加えた累計,時代別,種別内訳を記載しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動