「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載に関する評価機関による勧告について

印刷版(537KB)

平成28年10月31日

我が国よりユネスコ無形文化遺産代表一覧表への記載(ユネスコ無形文化遺産登録)に向けて提案をした「山・鉾・屋台行事」について,このたび,無形文化遺産保護条約政府間委員会の評価機関より「記載」の勧告があり,ユネスコ無形文化遺産公式サイト(http://www.unesco.org/culture/ich/)において公表されましたので,松野文部科学大臣の談話と併せて,お知らせいたします。

本勧告を受け,本年11月28日~12月2日の間,アディスアベバ・エチオピアで開催される第11回政府間委員会において最終決定がなされます。

1.評価機関による勧告(別添参照)

「山・鉾・屋台行事」については,「記載」することが適当との勧告がなされた。

(参考1)評価機関による勧告の3区分
(1)
「記載(Inscribe)」:記載するもの。
(2)
「情報照会(Refer)」:締約国に追加情報を求めるもの。
(3)
「不記載(Decide not to inscribe)」:記載にふさわしくないもの。
(参考2)評価機関
評価機関は,各地域から選出された専門家6名とNGO6団体で構成。代表一覧表記載等について事前審査を行い,政府間委員会に勧告を行う。

2.今後の予定

第11回政府間委員会(平成28年11月28日~12月2日,アディスアベバ・エチオピア)において,ユネスコ無形文化遺産代表一覧表記載に関する最終決定がなされる。

なお,同委員会での決議は,評価機関の勧告と同じ「記載」,「情報照会」,「不記載」の3区分である。

<担当>文化庁文化財部伝統文化課文化財国際協力室

課長
大谷圭介(内線2859)
室長補佐
濱田泰栄(内線3056)
協力推進・無形遺産係長
荻原知也(内線2870)
電話:
03-5253-4111(代表),03-6734-2870(直通)
FAX:
03-6734-3820

別紙

勧告内容について記述しています。(和文・抜粋)

勧告内容について記述しています。(英文・原紙)

提案の概要について記述しています。

「山・鉾・屋台行事」の構成一覧を記載しています。

ユネスコ無形文化遺産について記述しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動