日米文化教育交流会議(カルコン)美術対話委員会シンポジウム
「世界と日本美術アート~2000年以降の動向を中心に~」開催

印刷版(680KB)

平成28年11月21日

文化庁では,本年12月6日(火),「第6回カルコン美術対話委員会」(別紙1参照)の開催にあわせ,九州国立博物館(福岡県太宰府市)において,日本とアメリカの美術分野の専門家がプレゼンテーションやパネルディスカッションを行う「世界と日本美術アート~2000年以降の動向を中心に~」を開催しますので,お知らせいたします。
 今回のシンポジウムは,日米間の美術交流を軸として,海外における伝統と現代を含めた日本美術の展示,関心等に関する近年の動向について,美術対話委員会委員を中心とした日米それぞれの第一線で活躍する専門家が,自らの知識・経験を踏まえて分析し,公開の場で説明・議論することにより,専門家のみならず幅広い層に,現状や課題を共有することを目的としています。

CULCON2016ロゴ

1.日時・場所

平成28年12月6日(火)13:30~17:00(受付開始12:30)(予定)
九州国立博物館1階ミュージアムホール(福岡県太宰府市石坂4丁目7-2)

2.主催等

主催:
文化庁,カルコン美術対話委員会
共催:
九州国立博物館
協力:
国際交流基金

3.出演者※敬称略,50音順

  • 《日本》
  • 伊東正伸(国際交流基金文化事業部長,審議役)
  • 栗原祐司(国立文化財機構本部事務局長,京都国立博物館副館長)
  • 島谷弘幸(九州国立博物館長)
  • 白原由起子(根津美術館特別学芸員)
  • 道郎(上智大学国際教養学部教授,美術批評家)
  • 《米国》
  • ジョン・カーペンター(メトロポリタン美術館日本美術担当学芸員)
  • ロバート・ミンツ(サンフランシスコ・アジア美術館アート&プログラムス担当副館長)
  • アン・ニシムラ・モース(ボストン美術館上級学芸員)
  • マリサ・リンネ(京都国立博物館国際交流担当フェロー)
  • シャオジン・ウー(シアトル美術館日本・韓国美術担当学芸員)

4.参加方法

入場無料。事前申込制(先着順)。公式ホームページ(http://www2.convention.co.jp/culcon2016/
又は別添チラシの申込フォーム(FAX)による。

※取材を御希望の方は,平成28年12月2日(金)正午までに,別紙2の取材申込書をFAXにてお申し込みください。

<担当>長官官房国際課国際文化交流室

  • 室長髙橋徳嗣(内線3153)
  • 室長補佐樋口理央(内線2831)
  • 振興係長是永寛志(内線3167)
  • 電話:03-5253-4111(代表)

別紙

本シンポジウムの開催概要,プログラム等を掲載しています。

カルコン美術対話委員会シンポジウム「世界と日本美術~2000年以降の動向を中心に~」の取材を希望される方向けの取材申込書です。

本シンポジウムのチラシです。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動