海外メディア芸術クリエイターの招へいについて ~平成28年度メディア芸術クリエイター育成支援事業~

印刷版(1.3MB)

平成28年12月16日

文化庁では,メディア芸術の振興のため,メディア芸術クリエイター育成支援事業を行っています。このたび,平成28年度の海外からのメディア芸術クリエイター招へい者が決定しましたので,お知らせします。


1.事業概要

(1)趣旨

海外から優れたクリエイターを招へいし,当該クリエイターが我が国に滞在して研修,ワークショップ,創作,展示を行う。

これにより,メディア芸術分野における国際交流を推進するとともに,交流機会を通じて国内クリエイターの育成を図る。

(2)対象

若手の優秀なメディア芸術クリエイター3名

(3)招へい期間

平成28年12月中旬から平成29年3月中旬までの90日間
あるいは平成29年1月中旬から平成29年3月中旬までの約50日間

(4)招へい者(詳細別紙参照)

イヴァン・ヘンリケスIvan HENRIQUES(男性/ブラジル/38歳)

アレスィア・シュキナOlesya SHCHUKINA(女性/ロシア/30歳)

ソウゲン・チュンSougwen CHUNG(女性/カナダ/31歳)

2.応募状況

(1)募集期間

平成28年6月13日~8月19日

(2)応募件数

55か国170件

3.事業内容に関する詳細のお問合せ先

公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS)

電話:03-3535-3501FAX:03-3562-4840公式サイト:http://creatorikusei.jp/

【本件担当】

文化庁文化部芸術文化課

支援推進室長
柏田昭生(内線2858
支援推進室長補佐
鈴木康彦(内線2062
メディア芸術交流係
中臺正明(内線2895

電話:03-5253-4111(代表)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動