文化財を中核とした観光拠点形成による経済活性化に関する調査研究事業における研究会(第2回)の開催について

印刷版(211KB)

平成29年2月23日

「明日の日本を支える観光ビジョン」において掲げられた「文化財の観光資源としての開花」を実現するためには,地域の文化財など歴史的資源を中核とした観光拠点形成を推進することが重要です。文化庁では標記調査研究事業を行っており,研究会(第2回)を開催いたしますのでお知らせします。

1.第2回研究会の日時・場所

平成29年3月2日(木)13:30~17:30

中央合同庁舎4号館12階1208特別会議室

2.議題(予定)

  • ・調査研究報告書についての議論
  • ・その他

※当研究会の詳細については,以下の資料を御参照ください。

  • 別紙1調査研究事業の趣旨等
  • 別紙2研究会委員名簿

3.その他

傍聴を希望される方は電子メール(denbun@mext.go.jp宛)にて,以下の事項を御記入の上お申し込みください。なお,席に限りがありますので,傍聴を希望される方が多数の場合には傍聴を制限させていただく場合があります。あらかじめ御了承ください。

(1)氏名(2)所属(3)連絡先(電話・メール)(4)撮影,録画又は録音希望の有無

<担当>

文化庁文化財部伝統文化課

課長補佐
菅野 恭子
係長
大村 祐大

電話:03-5253-4111(内線2864)

FAX:03-6734-3820

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,https://get.adobe.com/jp/reader/からダウンロードしてください。

ページの先頭に移動