「共に生きるアーツ -障がいのある子供たちと芸術家によるコンサートと展示会-」の開催

印刷版(1.8MB)

平成29年3月22日

文化庁では,特別支援総合プロジェクトの一環として,プロの芸術家と障害のある子供たちによるコンサートなどを行うことを通じ,障がいの有無にかかわらずあらゆる人々の相互理解へとつなげ,ひいては,共生社会の実現への一助となるよう「共に生きるアーツ」を文部科学省講堂において開催します。

1.概要

障害の有無にかかわらず,文化芸術を通じて楽しむことのできる空間を提示し,これからの社会に適応した文化芸術の可能性を追求しつつ,この活動を記録し発信していきます。

特別支援学校の子供たちなどによる優れた作品に囲まれた舞台の中で,プロの芸術家と障害のある子供たちによるコンサートなどを行うことを通じ,お互いを尊重しながら共に生きる社会の実現に寄与することを期待しています。

2.日時・場所

3月28日(火)12:15~14:15(※開場12:00)

文部科学省3階講堂

3.実施主体

  • 主催:文化庁
  • 共催:(一社)日本作曲家協議会
  • 協力:東京藝術大学

4.実施内容

別紙のとおり

<担当>文化庁文化部芸術文化課

課長補佐 小林 正浩(内線2824)

文化部芸術文化課文化活動振興室

室長補佐 三浦 幹生(内線2831)

電話:03-5253-4111(代表)

別紙

本展示会の概要について説明しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動