国立アイヌ民族博物館建物及び展示の基本設計の策定

印刷版(2.2MB)

平成29年3月23日

文化庁では,国立アイヌ民族博物館の建物及び展示の基本設計を下記のとおり策定しましたので,お知らせします。

文化庁では,平成27年7月に取りまとめた「国立のアイヌ文化博物館(仮称)基本計画」(以下,「基本計画」という。)に基づき,国立アイヌ民族博物館の建物基本設計を実施しました。

また,基本計画において示された方針を具体化するため,平成28年5月に策定した「国立アイヌ民族博物館展示計画」に基づき,展示基本設計を実施しました。

今後は,平成32年度の開館を目指して,建物及び展示の実施設計,建物工事,展示工事等を進めていく予定です。

1.博物館の理念

先住民族であるアイヌの尊厳を尊重し,国内外にアイヌの歴史・文化等に関する正しい認識と理解を促進するとともに,新たなアイヌ文化の創造及び発展に寄与する。

2.建物基本設計

国土交通省北海道開発局へ支出委任

設計者 株式会社久米設計

3.展示基本設計

文化庁発注

設計者 株式会社丹青社

4.その他

詳細については,別紙を参照ください。

<担当>文化庁文化財部伝統文化課

課長
大谷 圭介(内線2859)
課長補佐
川島 美奈子(内線3021)

電話:03-5253-4111(代表)

03-6734-4785(直通)

別紙

国立アイヌ民族博物館の概要について記載しています。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動