文化遺産国際協力コンソーシアムシンポジウム「東南アジアの歴史的都市でのまちづくり―町の自慢を,町の魅力に―」開催

印刷版(6.1MB)

平成29年9月1日

文化庁は,国際交流基金アジアセンター及び文化遺産国際協力コンソーシアムと共催で,世界遺産であるフエやホイアン(ベトナム),ビガン(フィリピン),ペナンやマラッカ(マレーシア)に加え,ヤンゴン(ミャンマー)などの歴史的都市保全に取り組んでいる有識者や実務者を招へいし,歴史や文化を尊重したまちづくりはどうあるべきかを考えるシンポジウムを開催します。

1.日時

平成29年10月7日(土)13:00~17:30(開場12:30~)

2.場所

東京国立博物館 平成館大講堂(東京都台東区上野公園13-9)

3.定員

300名(入場無料/事前申込みが必要です。)

4.主催

文化庁,国際交流基金アジアセンター,文化遺産国際協力コンソーシアム

5.内容(同時通訳あり)

別紙開催要項のとおり

6.参加申込み及び取材について

https://www.jcic-heritage.jp/eventform/
文化遺産国際協力コンソーシアム事務局
(東京都台東区上野公園13-43 東京文化財研究所内)
TEL:03-3823-4841 FAX:03-3823-4027
参加申込みは上記申込みフォームから,取材は別紙取材申込書で上記連絡先までお申し込みください。

<担当>文化庁文化財部伝統文化課文化財国際協力室

米岡,柏井(内線2870,4761)

電話:03-5253-4111(代表),03-6734-2870(直通)

別紙

本シンポジウムの開催趣旨,申込み方法,プログラム等について記載しています。

本シンポジウムの取材を希望される方用の取材申込書です。

本シンポジウムのチラシです。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,https://get.adobe.com/jp/reader/からダウンロードしてください。

ページの先頭に移動