HOME > 文化庁月報

文化庁月報
平成23年8月号(No.515)

特集

地域における日本語教育の展望
−日本語教育の総合的推進を目指して

【文化庁提言】世界,日本,地域から見る日本語教育

 我が国における外国人の状況について概観し,日本語教育の重要性や文化庁における日本語教育施策,政府全体の日本語教育施策の総合的な推進等について説明します。

> つづきを読む

【寄稿】多文化共生の地域づくりと日本語教育

 地域における日本語教育は,主に市民ボランティアを中心に取り組まれており,まさに多文化共生の最前線にあります。その現状と課題,今後の展望について説明します。

> つづきを読む

【座談会】地域における日本語教育の展望−日本語教育の総合的推進を目指して

【座談会】地域における日本語教育の展望−日本語教育の総合的推進を目指して

 地域における日本語教育は国,都道府県,自治体のほか,日本語学校や市民ボランティアなど多様な人が関わっています。日本語教育に携わる方々に参加いただき,「地域における日本語教育の展望−日本語教育の総合的推進を目指して」をテーマに開催した座談会の模様を紹介します。

> つづきを読む

【寄稿】海外における移民に対する言語教育

 ドイツやオランダなどの諸外国において,どのように移民に対する言語教育が行われているかということを描き出し,それとの対比から日本の現状や課題について説明します。

> つづきを読む

【施策紹介】文化庁における日本語教育施策

 文化庁における日本語教育施策について紹介します。

> つづきを読む

文化庁ニュース

イベント案内

お知らせ

トップページへ

ページトップへ