HOME > 文化庁月報 > イベント案内 国立国際美術館

文化庁月報
平成23年10月号(No.517)

文化庁月報トップへ

イベント案内

国立国際美術館
中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館

会期:平成23年10月4日(火)〜12月11日(日)
会場:B2階展示室
ヴァシリー・カンディンスキー≪絵の中の絵≫ 1929年国立国際美術館蔵

ヴァシリー・カンディンスキー
≪絵の中の絵≫ 1929年
国立国際美術館蔵

 大阪市立近代美術館と国立国際美術館は,平成23年10月4日(火)から12月11日(日)まで,「中之島コレクションズ 大阪市立近代美術館&国立国際美術館」を開催します。

 昭和52年に万博公園で産声をあげた国立国際美術館は,建物の老朽化に伴い,平成16年に中之島に新築移転してきました。以来,大阪の都心にてさらに精力的に国内外の現代美術の動向を紹介しています。そして大阪市は,国立国際美術館に隣接する中之島4丁目地区に,平成29年度の開館を目指して近代美術館の整備を進めています。

 ここ中之島は,水都・大阪のシンボルエリアとして注目されています。大阪市中央公会堂や大阪府立中之島図書館など,文化の薫る歴史ある建築物をはじめ,世界に誇るコレクションを有する大阪市立東洋陶磁美術館など多数の文化施設が集積するほか,近年では,オフィスタワー等の建設も進むなど,目覚ましい発展を遂げています。将来,二つの美術館が中之島で隣り合って活動すれば,相互に協力して多彩な企画を行ったり,展覧会を共同開催することも可能となるでしょう。本展では,そんな未来を一部先取りしてご覧いただきます。

 本展でご紹介するのは,両館のコレクションの,まさにハイライトとも言うべき作品群です。パブロ・ピカソ,アメデオ・モディリアーニ,ヴァシリー・カンディンスキー,マルセル・デュシャン,ルネ・マグリットなど現代美術の礎を築いた20世紀を代表する作家たちから,フランク・ステラ,アンディ・ウォーホルなどアメリカの戦後美術,そしてマルレーネ・デュマスや奈良美智など国立国際美術館が積極的に収集を行っている現代絵画,さらに大阪市立近代美術館のコレクションの目玉である佐伯祐三を加え,選りすぐりの作品が一堂に会します。身近に名品と触れあえる場所として,これからも両館のコレクションに末永く親しんでいただききたく,この機会に一人でも多くの方に足をお運びいただければ幸いです。

(研究員 橋本梓)

国立国際美術館

〒530-0005  大阪府大阪市北区中之島4-2-55

お問い合わせ
06-6447-4680
交通
<電車>
◆京阪  中之島線「渡辺橋駅」(2番出口)より南西へ徒歩約5分
「淀屋橋駅」より西へ徒歩約15分
◆地下鉄 四つ橋線 「肥後橋駅」(3番出口)より西へ徒歩約10分
御堂筋線「淀屋橋駅」より西へ徒歩約15分
◆JR   大阪環状線「福島駅」,東西線「新福島駅」(2番出口)より南へ徒歩約10分
「大阪駅」より南西へ徒歩約20分
◆阪神  「福島駅」より南へ徒歩約10分
◆阪急  「梅田駅」より南西へ徒歩約20分
<バス>
◆「淀屋橋」(土佐堀通/住友ビル一号館前)より,中之島ループバス「ふらら」で,「市立科学館・国立国際美術館前」下車すぐ
◆JR「大阪駅」前より,市バス53号系統・75号系統で,「田蓑橋」下車,南西へ徒歩約3分
開館時間
10:00〜17:00(火〜木曜日,土・日曜日)
10:00〜19:00(毎週金曜日)
※いずれも入場は閉館の30分前まで。
休館日
毎週月曜日(祝日の場合は開館し,翌火曜に休館)
観覧料
一般 420円, 大学生 130円
※高校生以下,18歳未満,65歳以上,心身に障害のある方とその付添者1名は無料。
ホームページ
http://www.nmao.go.jp別ウィンドウが開きます

トップページへ

ページトップへ