HOME > 文化庁月報 > イベント案内 東京国立博物館

文化庁月報
平成23年10月号(No.517)

文化庁月報トップへ

イベント案内

東京国立博物館
法然上人800回忌・親鸞聖人750回忌 特別展「法然と親鸞 ゆかりの名宝」

会期:平成23年10月25日(火)〜12月4日(日)
会場:平成館 特別展示室
重要文化財 二河白道図 鎌倉時代・13世紀 京都・光明寺蔵 [展示期間:平成23年10月25日(火)〜11月13日(日)]

重要文化財 二河白道図
鎌倉時代・13世紀 京都・光明寺蔵
[展示期間:平成23年10月25日(火)〜11月13日(日)]


重要文化財 善信聖人絵(琳阿本)  詞書覚如筆 紙本著色 鎌倉時代・13世紀 京都・西本願寺蔵 巻上 第4段 選択付属 (部分) [展示期間:巻上 平成23年10月25日(火)〜11月13日(日)]

重要文化財 善信聖人絵(琳阿本)  詞書覚如筆 紙本著色 鎌倉時代・13世紀 京都・西本願寺蔵
巻上 第4段 選択付属 (部分)
[展示期間:巻上 平成23年10月25日(火)〜11月13日(日)]


重要文化財 恵信尼自筆書状類 鎌倉時代・13世紀 京都・西本願寺蔵 [展示期間:平成23年11月15日(火)〜12月4日(日)]

重要文化財 恵信尼自筆書状類 鎌倉時代・13世紀 京都・西本願寺蔵
[展示期間:平成23年11月15日(火)〜12月4日(日)]

800年目の再会

 この特別展は,法然800回忌,親鸞750回忌を機に,ゆかりの名宝をとおして法然と親鸞が800年ぶりに再会する,史上はじめての展覧会です。国宝・重要文化財が半数を占める第一級の美術品189件によって,二人の全体像やその魅力をご紹介します。

人と思想

 写実的な肖像,直筆の著作などによって,強靭な精神力を秘めた法然,真摯な研鑚につとめた親鸞の存在を身近に感じていただければと思います。法然の『選択本願念仏集(せんちゃくほんがんねんぶつしゅう)』,親鸞の『教行信証(きょうぎょうしんしょう)(坂東本(ばんどうぼん)) 』は,その教えの根本を記したもので,本文に引用された唐の善導の思想を絵画化した「二河白道図(にがびゃくどうず)」は,極楽へとつながる白く細い道が象徴的です。

伝記絵にみる生涯

 波乱に富んだ生涯の中で,どのように考え行動したかを,『法然上人絵伝(ほうねんしょうにんえでん)』や『善信(ぜんしん)親鸞(しんらん)聖人絵(しょうにんえ)(琳阿本(りんあぼん)) 』などからたどります。奇跡と史実を交えながら語りつがれてきた伝記絵の,特色ある構成や,その内容にご注目ください。

法然と親鸞をめぐる人々

 法然の教えのエッセンスや,門弟に対する心遣いなどが記された手紙からは,念仏における強い信念と,弾圧下の危機管理,慈愛に満ちた温和な性格がうかがえます。親鸞の場合は,青年期の『親鸞夢記(しんらんむき)』や子息の善鸞に関わる『善鸞義絶状(ぜんらんぎぜつじょう)』,妻の恵信尼(えしんに)の自筆書状などによって,人間味あふれる親鸞の素顔に迫ります。

信仰のひろがり

 往生を願う女性を描く『当麻曼荼羅縁起(たいままんだらえんぎ)』,親鸞自筆の名号,『本願寺本三十六人家集(ほんがんじぼんさんじゅうろくにんかしゅう)』,臨場感あふれる『阿弥陀二十五菩薩来迎図(あみだにじゅうごぼさつらいごうず)』(早来迎(はやらいごう))など,信仰の歴史を伝える名宝の数々が一堂にあつまります。

国宝 当麻曼荼羅縁起 巻下 (部分) 鎌倉時代・13世紀 神奈川・光明寺蔵 [展示期間:巻下 平成23年11月15日(火)〜12月4日(日)]

国宝 当麻曼荼羅縁起
巻下 (部分)
鎌倉時代・13世紀
神奈川・光明寺蔵
[展示期間:巻下 平成23年11月15日(火)〜12月4日(日)]

国宝 本願寺本三十六人家集(重之集) 平安時代・12世紀 京都・西本願寺蔵 [展示期間:重之集 平成23年11月8日(火)〜11月20日(日)]

国宝 本願寺本三十六人家集(重之集) 平安時代・12世紀 京都・西本願寺蔵
[展示期間:重之集 平成23年11月8日(火)〜11月20日(日)]

 これらの作品は,相互に密接な関係をもっています。浄土宗,浄土真宗の各寺院で大切に守られてきた文化財をあわせてご覧いただくことは,法然と親鸞について,より理解を深めることのできる貴重な機会といえます。大震災に見舞われ,社会の転換期を迎えた今日,二人の思想や生涯のあり方は,現代人に多くの示唆を与えてくれると思います。

(博物館情報課長 高橋裕次)

東京国立博物館

〒110-8712  東京都台東区上野公園13-9

お問い合わせ
03-5777-8600(ハローダイヤル)
交通
JR上野駅公園口・鶯谷駅より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅,千代田線根津駅,京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
開館時間
9:30〜17:00(入場は閉館30分前まで)
4月から12月までの特別展開催期間中の毎週金曜日は20:00まで開館します。
4月から9月までの土曜,日曜,祝日,休日は18:00まで開館します。
休館日
毎週月曜日
観覧料
一般1,500円(1,200円),大学生1,200円(900円)
高校生900円(600円),中学生以下無料
※(  ) 内は前売り/20名以上の団体料金です。
※障害者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障害者手帳等をご提示ください。
ホームページ
http://www.tnm.jp/別ウィンドウが開きます
展覧会公式サイト
http://www.honen-shinran.com/別ウィンドウが開きます

トップページへ

ページトップへ