HOME > 文化庁月報

文化庁月報
平成24年12月号(No.531)

特集

著作権法の一部を改正する法律について

【解説】「著作権法の一部を改正する法律について」

 第180回国会に提出された「著作権法の一部を改正する法律」が平成24年6月20日に成立し,平成24年法律第43号として同月27日に公布されました。今回の主な改正内容についてご紹介します。

> つづきを読む

【寄稿】平成24年改正著作権法を振り返る

 著作権法の一部を改正する法律について,日本大学大学院知的財産研究科教授,一橋大学名誉教授の土肥一史氏より語っていただきます。

> つづきを読む

【寄稿】国立国会図書館のデジタル化資料の図書館等への送信について

 国立国会図書館のデジタル化資料の図書館等への送信について,国立国会図書館電子情報部電子情報企画課課長補佐の廣瀬信己氏より語っていただきます。

> つづきを読む

【施策紹介】著作権分科会における審議状況について

 本年3月に開催された第36回文化審議会著作権分科会において設置された二つの小委員会(法制問題小委員会,国際小委員会)の検討事項についてご紹介します。

> つづきを読む

「視聴覚的実演に関する北京条約(仮称)」の採択について

 6月20日から26日まで,中国・北京にて視聴覚的実演の保護に関する外交会議(議長:中国リウ・ビンジェ(Mr. Liu Binjie)国家版権局長)が開催されましたので,概要をご紹介します。

> つづきを読む

文化庁ニュース

イベント案内

お知らせ

トップページへ

ページトップへ