出版物

HOME > 出版物 > 文化庁月報 > バックナンバーのご紹介<平成22年度>

バックナンバーのご紹介<平成22年度>

■平成23年3月号(No.510)

特集  文化芸術の振興に関する基本的な方針(第3次基本方針)
 
平成23年3月号表紙

■平成23年2月号(No.509)

特集  新しくなった「常用漢字表」
文化庁提言:
「常用漢字表」の改定
有識者提言:
「常用漢字表」改定の意義
座談会:
「常用漢字表」をめぐって
●出席者
 お茶の水女子大学大学院教授 内田伸子氏
 日本文化大学准教授 納屋信氏
 聖徳大学教授 林文典氏
 司会:国語課長 舟橋徹
告示の概要:
新しい「常用漢字表」の概要
平成23年2月号表紙

■平成23年1月号(No.508)

特集  これからの芸術文化を担う人材の育成
概要:
近藤誠一文化庁長官と京滋地区芸術系大学事務局長との懇談会
事例紹介:
地域協同教育ネットワーク・プログラム
次世代の芸術文化をリードする創造的人材の育成
京都の嵯峨にある、芸術の大学
芸術・デザイン・マンガのプロフェッショナルによる実践教育
生涯の”伴侶”からのラブレター 芸術系大学院の通信教育
グループ活動が得意な芸大生が生まれるカリキュラム
地域の人々と歩む【キャンパス美術館】
京都国際学生映画祭
「映画のまち・学生のまち京都」で次世代の映画文化を担う人材を育成
平成23年1月号表紙

■平成22年12月号(No.507)

特集  ネットワーク社会の激震−変化する創作利用
文化庁提言:
最近の著作権分科会の検討事項
寄稿:
ルールは私が決めちゃいました
コンテンツ産業の本格的な成長と構造変化
出版産業のパラダイムチェンジ
ネットワーク上における違法流通の現状
施策紹介:
「電子出版」をめぐる動向
著作物等の利用円滑化へ向けて〜CLIPシステム
身近な事例で著作権を学ぶ
 〜千葉大学教育学部附属中学校での実践〜
平成22年12月号表紙

■平成22年11月号(No.506)

特集  東アジア諸国に係る国際文化交流の取組
文化庁提言:
東アジアにおける国際文化交流の必要性
寄稿:
東アジア諸国との国際文化交流の展望と課題
施策紹介:
東アジアに係る国際文化交流の取組
アジアにおける日本映画特集上映事業
事例紹介:
上海万博における日本伝統芸能公演の成果
アジア・太平洋地域博物館等交流事業
平成22年11月号表紙

■平成22年10月号(No.505)

特集  メディア芸術の振興
文化庁提言:
文化庁におけるメディア芸術の振興
寄稿:
14回をむかえたメディア芸術祭
表現手法としてのメディアアートの始まり
ゲームアーカイブへの期待
マンガ・アニメ・ゲームの複合アーカイブ
インタビュー:
細田守さんに聞く 世界の映画祭で学んだこと
施策紹介:
メディア芸術振興に関する具体的な取組
平成22年10月号表紙

■平成22年9月号(No.504)

文化庁長官就任挨拶・近藤誠一文化庁長官
特集  霞が関から文化力プロジェクト
寄稿:
霞が関三丁目南地区のまちづくりと文化
事例紹介:
霞が関コモンゲートにおける文化力プロジェクトの取組
霞が関ナレッジスクエアの取組
文化の礎 玉井日出夫 文化庁長官対談 第8回
…福西 弘行 宇陀紙製作
…上窪 良二 美栖紙製作
…昆布 尊男 漆濾紙(吉野紙)製作
…湯山 賢一 奈良国立博物館館長
「紙すきの里 吉野 受け継ぎ守り続ける技術と想い(後編)」
平成22年9月号表紙

■平成22年8月号(No.503)

特集 文化財保護法制定から60年
寄稿:
文化財保護法制定60年を迎えて
解説:
文化財行政この10年の歩み
重要文化的景観制度発足とその展開
文化財建造物における登録制度の展開と近代分野の指定・選定に関する取組
世界文化遺産と無形文化遺-産に関する取組
独立行政法人国立文化財機構の発足と九州国立博物館の開館
高松塚古墳とキトラ古墳の保存整備
文化庁提言:
今後の文化財行政
文化の礎 玉井日出夫 文化庁長官対談 第8回
…福西 弘行 宇陀紙製作
…上窪 良二 美栖紙製作
…昆布 尊男 漆濾紙(吉野紙)製作
…湯山 賢一 奈良国立博物館館長
「紙すきの里 吉野 受け継ぎ守り続ける技術と想い(前編)」
平成22年8月号表紙

■平成22年7月号(No.502)

特集1 文化審議会答申「改定常用漢字表」
特集2 文化審議会政策部会「審議経過報告」
特集3 特別史跡平城宮跡第一次大極殿復原整備
文化の礎 玉井日出夫・文化庁長官対談 第7回
…佐藤 治男さん(全国文化財壁技術保存会会長)
…永井 規男さん(建築史家・関西大学名誉教授) 
「地域の個性を大切に(後編)後世へ伝えたい土壁の魅力」
平成22年7月号表紙

■平成22年6月号(No.501)

特集 国民読書年
寄稿:読書の力 国民読書年を迎えて
事例紹介:平成21年度「全国読書フェスティバルin香南/文化芸術懇談会」イベント報告
パネルディスカッション:読書が子どもたちの創造性と表現力をはぐくむ
文化の礎 玉井日出夫・文化庁長官対談 第7回
…佐藤 治男さん(全国文化財壁技術保存会会長)
…永井 規男さん(建築史家・関西大学名誉教授) 
「地域の個性を大切に(前編)後世へ伝えたい土壁の魅力」
平成22年6月号表紙

■平成22年5月号(No.500)

特集1
平成21年度(第60回)芸術選奨
特集2
500号記念 文化庁月報の歩み
文化の礎 玉井日出夫・文化庁長官対談 第6回
…岡 岩太郎さん((社)国宝修理装こう師連盟理事長)
 「チームワークとバランスが重要
 文化財保存修理所で技術とともに育まれたもの」
平成22年5月号表紙

■平成22年4月号(No.499)

特集
平成22年度の文化行政
平成22年度の文化庁重点施策:政策課
文化の礎 玉井日出夫・文化庁長官対談 第6回
…四世 石田 不識さん(琵琶製作修理技術者)
 「後世伝えたい独特の響き 響きを生み出す匠の技」
平成22年4月号表紙

トップページへ

ページトップへ