出版物

HOME > 出版物 > 「わたしの旅 〜日本の歴史と文化をたずねて〜 2005」の決定について > 「わたしの旅 〜日本の歴史と文化をたずねて〜 2005」 募集に当たっての選考委員からのコメント

「わたしの旅 〜日本の歴史と文化をたずねて〜 2005」 募集に当たっての選考委員からのコメント

〔選考委員からのコメント〕

  • 河合隼雄委員
    http://www.kantei.go.jp/jp/m-magazine/backnumber/2005/0728.html
    〔小泉内閣メールマガジンに掲載〕
  • まゆずみまどか委員
     美しい風景,地元の人との出会いや発見に溢れた旅。時空を超えて心を遊ばせる旅。良き旅の想い出は,日常に戻った後も私たちをなぐさめ,励ましてくれます。生きることへの”エール”となるようなかけがえのない旅を見つけてほしいと思います。
  • 立松和平委員
     旅は知を刺激しなければ,たちまち飽きてしまうものだ。移動するにはもとより体力を使うのだから,頭と身体とが満足しなければならない。そんな旅ができれば,一度ならず,何度いっても楽しい。
     旅は快楽ばかりでなく,知的にも楽しめるものである。
  • 平岩弓枝委員
     どんな小さな町にも歴史と文化はあるもの,知られていないのは掘り起こす人がいなかっただけ。未知の土地を訪ねて心をゆさぶられる出会いがあったら,それが隣町の空地であったとしても立派な旅だと思います。自分の目と足と心を駆使してよい旅をして下さい。

トップページへ

ページトップへ