出版物

HOME > 出版物 > 「わたしの旅 〜日本の歴史と文化をたずねて〜 2005」の決定について > 「わたしの旅100選」一覧

「わたしの旅100選」一覧

※ PDF形式をご覧いただくためには、Adobe Reader(Acrobat Reader)が必要となります。

旅のテーマ 氏名/団体名
(代表者名)
住所 日数 訪問先
都道府県
行程 思い出・エピソード等
北海道地方(6プラン)
世界自然遺産「知床」を訪ねて 大内 綾乃 北海道 2泊3日 北海道 PDF 今回、世界自然遺産に登録された「知床」。多くの観光客が訪れ、広大な自然に魅せられているが、「知床」というとオホーツク海に面した斜里町側ばかりが目立っているように思われたため、敢えて羅臼町側からのスタートとした。体力のない方でも無理なく行動できるようなコースである。
開拓使のシンボルマーク(★)を探せ!
〜北海道の開拓歴史を学ぶ旅〜
野田 繁実 北海道 0泊1日 北海道 PDF 1869(明治2)年、明治政府は北海道と樺太の開拓のため、北海道旧本庁舎の北側に開拓使を設置した。そのシンボルとして「五稜星」と呼ばれる星のマークが建物や官営工場の商標、服章などに使用されている。北海道の基礎を作り上げるため、酪農や産業の技術を外国から取り入れながら、原野を切り開いた方々の苦労や豊かな発想、確固たる信念を伝える建物や文化が息づいている。今でも開拓使の建物には☆(五稜星)がついているものも数多く見られる。☆を探してみるだけでもう一つの顔が見えてくるだろう。
小樽発”鰊漁場の跡”をたずねる旅 小樽観光ガイドクラブ
(倉重 紀久男)
北海道 1泊2日 北海道 PDF 現在、鰊は幻の魚になって久しいが、北海道の開拓は鰊漁から始まったといわれている。今回の旅は、千石場所と言われた鰊漁場を中心に取りあげ、その「鰊漁場の跡」を現地に訪ねる。鰊漁に関係する建物や施設の見学を通して、当時の大規模な鰊漁の様子、鰊漁全盛期の網元の財力について発見できるとともに、鰊漁が北海道開拓に深く関っていたことが発見できる旅である。また、今回の計画は、国定公園に指定されている小樽海岸を基点とした積丹半島沿岸を周遊するルートのため、途中では小樽海岸、“ソーラン節発祥の地”やローソク岩、神威岩などの奇石が点在して荒々しくも美しい積丹海岸などをを車窓から見物できる。
北の大地への感謝と祈り
〜縄文文化・アイヌ文化への旅
縄文文化からアイヌ文化への歴史をたどる南北海道の旅 チーム・カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)
(伏島 信治)
北海道 2泊3日
北海道 PDF 豊かな自然の恵みのもとで約1万年も続いた縄文文化を知ることは、日本の歴史と文化を知る上で欠かすことができない。北海道をはじめ日本列島の「北」は、けっして辺境の地ではなく、豊富な海・山の幸に囲まれ、海を越えて人・物・文化が行き交う「文化回廊」だった。北海道の歴史は、その後稲作文化を経ることなく独自の歩みをし、アイヌ文化へと発展する。縄文文化からアイヌ文化を辿る旅は、現代人が忘れかけている自然への感謝の心を呼び起こし、人類の未来に欠かすことのできない「循環と再生」の文化を学ぶことができるだろう。北海道の大自然の中に身を置いて、人と自然が共に生きた縄文時代やアイヌ文化の時代を旅する。
大自然とアイヌ文化・北方文化に出会う
東北海道の旅
3泊4日 北海道 PDF
旧石器時代を体験する旅 NPオホーツク・クラスター 湧別川流域研究部会
(本吉 春雄)
北海道 2泊3日 北海道 PDF 北海道の白滝遺跡群には、今からおよそ2万5千年前の旧石器時代の遺跡が90カ所以上も点在している。また、白滝は世界第一級の黒曜石原産地であり、赤石山一帯には埋蔵量数十億トンとも言われる黒曜石の露頭が見られる。この旅には2つの行程があるが、行程1では郷土館や遺跡発掘地点を訪ねることで、旧石器時代について学ぶとともに、赤石山の黒曜石の露頭を見学、黒曜石の採取、その石を使った石器作りの体験を通じて、白滝の旧石器時代の歴史と文化に触れて欲しい。また、行程2では白滝の旧石器時代を含む、オホーツク地域の各時代の歴史と文化を学べる旅となっている。
オホーツクの古代遺跡を訪ねて 5泊6日 北海道 PDF
屋根のない博物館「そらち炭鉱回廊」を行く 北海道遺産 構想推進協議会
(伊田 行孝)
北海道 2泊3日 北海道 PDF 現在「産業遺産」は新しい観光資源として注目されている。空知地域には、生産設備から生活・文化まで一貫した形で炭鉱遺産が残っており、その数は200近くに上る。高度経済成長を支え続けた空知の炭鉱は、事故による多くの人的被害、閉山による地域経済の衰退という負の歴史を背負っている。そのため、地域の中にも炭鉱遺産はマイナスイメージがあったことは否めない。しかし、北海道空知支庁による「ヤマのまちからの挑戦事業」が展開され、各炭鉱のまちに炭鉱遺産を活用したまちづくりを目指す市民グループが設立された。また、「空知の炭坑関連施設と生活文化」が北海道遺産に選定されるなど、炭鉱遺産をめぐる動きは変化を見せている。
東北地方(6プラン)
見どころ満載−多彩で味な、秋田の魅力、再発見! 江口 智子 東京都 4泊5日 秋田県 PDF 実際に行った秋田旅行があまりに素晴らしく、大満足の旅だったので、この感動を一人でも多くの人に味わってもらいたいと思い、このプランを作成した。また、「秋田旅行で4泊5日」ということに、大抵の人が怪訝な反応をするので、4泊5日では不十分な位、秋田の魅力がふんだんであることを示した。訪れるべき場所・施設等は数多く、それらの成り立ち・いわれ等を一つ一つ辿っていくと、秋田の文化・歴史及び、日本の文化・歴史の一端もみえてくる。秋田市の歴史は1200年も前にり、この悠久の歴史と豊かな自然に育まれた多彩な文化は、様々な輝きを放つ日本の大きな「宝」として、是非一度は触れてみる価値がある。
太宰治ゆかりの地津軽三味線と復活した立倭武多を堪能する旅 澁谷 都史子 東京都 2泊3日 青森県 PDF 電車の本数が少なくとにかく広いため、移動に時間がかかり、否応無しに時間に余裕を持たせたゆったりとした旅となる。単線の五能線、津軽鉄道の車窓から広がるりんごの木や田んぼを見ていると日頃のストレスが癒されるとともに中学、高校時代に読んだ太宰治の「津軽」や「走れメロス」が懐かしく思い出される。五所川原では平成になってから市民の有志で立倭武多が復活し、その技術や美しさ、この地の人々の活力や情熱に感じることができる。伝統の津軽三味線や倭武多、早世した太宰治の故郷、みどころはたくさんある。
みちのくの自然・歴史を満喫する旅 夛田 治雄 山形県 2泊3日 山形県 PDF 都会の子供に、都会にはない自然や歴史というものを、若いうちに体験させてはどうかとこの旅を考えた。この旅は、今まで体験したものとは異なることから、深く印象に残ることは間違いない。その印象は年齢とともに変わるであろうが、大人になる過程において、必ずや心に「ゆとり」と「おくゆき」を持たせるものになると思われる。めまぐるしく変わる環境、時代にあって、年月が経過する中にも変わらないものを知れば、心に余裕を持て、その人自身の人生観も違った観点から見られるかもしれない。少なくとも知識や経験を得ることができることと、山菜や精進料理、山村の生活などを楽しく経験できる旅だ。
「日本昔話のふるさとを訪ねて、心の癒しをしてもらう旅」 広部 雅彦 千葉県 3泊4日 青森県
岩手県
宮城県
山形県
PDF 最近、凶悪犯罪や少年犯罪、NEET、ひきこもりといった心の不安定な人たちが増えてきているようだ。事実わたしもその一人だった。今の世の中、何が良くて何が悪いのかも良く解らなくなり、現実そのものに不信感を抱く人が増えている。ネットやゲームに逃げている人たち、薬物に頼ってしまってる人たちも沢山いる。この旅ではそんな人たちや、そんな人たちと関わりのある人、今の社会に不満のある人、困った人に振り回されてる人などに対しての心の癒しを目的としている。旅に出かける動機としては人それぞれではあるが、訪問先に何かしらのドラマや物語があると、親しみやすいものだ。物語は人を呼び寄せる。日本に昔から伝わる民話・昔話・伝承をもとに、その地を訪れる旅を作ってみた。
ひな街道を行く 山ア セツ子 東京都 2泊3日 山形県
新潟県
PDF 北陸の日本海側はあまり華やかさがあるとは思われていない。どちらかと言えば、日本海の暗さや冬の雪深さなどがまず頭に思い浮かぶのではないだろうか。しかし、かつて、この地方は北前船の寄港地として栄え、中には日本全国に知られるような大商人も現れた。また、現在まで城下町の趣も良く残っており、温泉も楽しめるという地である。特に、毎年3月頃には、この地方において、大名家、大商人、町屋の古くからのひな人形など様々な人形が一般に公開され、それぞれ特色があって人々の目を飽きずに楽しませる。たくさんの人に見てもらうことが嬉しいという地域の人の気持ちが伝わってくるし、たくさんの人形を見ていると、歴史の重さを感じる。
知っていそうで知らない日本の文化の発見 渡邊 泰 長野県 2泊3日 福島県 PDF 大内宿、会津本郷焼、会津漆器、白虎隊、さざえ堂、蔵の町喜多方、そしてラーメン、そば。伝統工芸、歴史、食文化、建造物、旅の要素を一定の範囲の中で堪能できる欲ばり旅。新発見は、蔵の農村集落「杉山」は圧観。必見だ。
関東地方(13プラン)
お台場のルーツを訪ねる旅
伊豆韮山で江川坦庵の足跡をたどる
稲村 礼子 静岡県 1泊2日 東京都
静岡県
PDF 幕末の偉人江川太郎左衛門英龍(坦庵)公の名は、現代日本では余り耳にしないのではないかと思う。伊豆韮山には、韮山反射炉が現存し、その姿は坦庵公を讃えているようでもある。東京のお台場に備えるための大砲を韮山反射炉で作ったことも、蘭学に素晴らしい足跡を残したことも、日本で最初にパンを焼いた「パン祖」であることも余り知られていない事は、本当に残念なことである。坦庵公ゆかりの伊豆韮山は現在でも豊かな自然と穏やかな人柄が感じられる所である。
日本モダニズム建築めぐり旅〜東京編〜 井上 挙宏 和歌山県 1泊2日 東京都 PDF 日本の現代建築の基址となっている、比較的まだ直接、目や手に触れられる優れた近代建築(1920〜1970頃)をほぼ年代順にじっくり観察・考察することで、当時日本建築界に海外の建築文化を取り入れ、多大な影響を与えた外国人建築家の手法による日本的、伝統的なものとの融合の歴史や、その弟子から現在日本を代表する建築家までのつながりを確認する。日本中に数々現存する貴重な建築物が、比較的数多く存在する東京、しかも実際見学可能なものをできるだけ選んだ。普段何気なく利用している施設においても、隠れたそのデザイン・建築技術の歴史や時代背景を再認識することで、視野が広がり、感受性が高まり、旅人のこれからの人生がより豊かになれれば幸いである。
南北朝動乱の両雄
足利尊氏と新田義貞の父祖の地を訪ねて
大澤 伸啓 栃木県 1泊2日 栃木県
群馬県
PDF 鎌倉幕府倒幕の立役者・新田義貞と室町幕府創設の立役者・足利尊氏の祖先は、関東平野の北端に位置する新田荘と足利荘を領有した新田氏と足利氏で、共に源義国を祖とする源氏の一族だった。祖先を同じくする両雄は、後醍醐天皇の親政への対応をめぐって対立し、南朝、北朝の雄として争う。この旅では、両雄の祖先の地を両方訪ね、新田、足利両氏の残した歴史遺産を巡る。関東平野の北端に残された鎌倉、室町時代の面影を伝える数々の歴史遺産は、現代社会に生きる私たちに心の潤いを与えてくれることだろう。
東京10000歩ウォーキング
「日本橋地区の文化財を訪ね歩く」
籠谷 典子 東京都 0泊1日 東京都 PDF 徳川家康が天正18(1590)年八朔(陰暦8月1日)を画して入府した江戸は、葦や茅の茂る湿地帯であったと証されている。それを見て落胆するどころか縦横に運河を開鑿し、宅地造成を遂げた家康の都市計画は実に見事だった。新世界創設の意欲を注いで開発された日本橋は、そのエネルギーを吸収して進取の気風に風み、常に前進し続けた結果、今では文化財の宝庫となった。これら多くの文化財も東京ならば歩いて見学できる。知力と体力の向上を目指し、見て歩いて楽しんで欲しい。
江戸の上水道の史跡探訪 神田上水 小嶋 庸司 東京都 0泊1日 東京都 PDF 私は現在、江戸東京博物館のボランティアガイドとして活動している。国籍を問わず多くの方々が、当時世界的に見ても大変先進的であったとされる江戸の町への飲料水供給システムの素晴らしさを初めて認識する。江戸時代当時市中への飲料水供給の要で有った神田上水と、玉川上水の二大上水システムの史跡探訪を是非お勧めしたいと思い立った。そんな小旅行を通じて、少しでも当時の日本を代表する百万都市・江戸の上水システムの素晴らしさを実感して欲しい。
玉川上水 0泊1日 東京都 PDF
足尾銅山が語る20世紀
−日本近代化の縮図 足尾町を歩く−
佐藤 法子 栃木県 1泊2日 栃木県
群馬県
PDF 足尾銅山は公害問題の原点として有名である。しかし、足尾=公害・鉱毒のイメージが定着、先行するあまり、国内首位の銅山であるにもかかわらず、日本の近代化に果たした貢献や光の部分について、現代ではほとんど語られていない。足尾町に残されているものは、いわば20世紀の縮図といっていい。便利で快適な現代日本を築き上げる過程で、必然的に起こった農業と鉱業(近代化)との対立、その葛藤、戦いの上に今日の日本人がいるのだ。特異な風景、景観を持つ足尾町、足尾銅山は20世紀に急成長した日本という社会が得たもの、なくしたものについて、訪れる人に何らかに教訓や警鐘を語りかけるものである。旅で何かを得たい人、社会問題に関心のある人には一度は訪ねて欲しい場所だ。
中世の「鎌倉城」の長城(城郭)を歩く 山桜 佐藤 治夫 神奈川県 0泊1日 神奈川県 PDF 源頼朝は1180年に日本で初めての武家の都を,朝廷と公家の都京都からは遠くはなれた鎌倉に草創した。鎌倉は東・西・北の三面が急峻な山に囲まれ,南は海に面し,外敵の侵入を防ぐのに都合のよい自然の地形を備えたところだ。鎌倉の“まちのかたち”は「鎌倉城」という表現によってものの見事に云いあらわされている。備えあれば憂いなしの格言どおりだ。鎌倉城の長城を歩くことによって,鎌倉城のありようを実感し、同時に,古くから云われている日本の東西文化の違いも感じとれると思う。
紅(黄)葉 0泊1日 神奈川県 PDF
埴輪たちが語り始めます。旅は今、群馬からと。「奈良ばかりを見ていてはわかりません。」 田邊 雅明 東京都 1泊2日 群馬県 PDF 群馬県は非常にイメージしにくい土地だと思っていた。私自身がそうだった。歴史好きの私は、奈良、幾内の方向ばかり見てきた気がする。そんなある日、古墳時代から8世紀に至る群馬の歴史を説き明かしてくれる人に出会い、上毛野国(かみつけのくに)から上野国(こうずけのくに)、東国というヤマト政権の出先、端から中央を、古墳や埴輪を通じてながめることで、今まで全く見えなかった、ひと筆書きの日本の歴史が流れ動き出した。特別な研究者でなくても、埴輪作りという実施フィールドは、古代を私たちに実感として呼びさましてくれた。
国宝金錯銘鉄剣とさきたま古墳群を訪ねる 藤倉 明 埼玉県 0泊1日 埼玉県 PDF 金象嵌115文字をもつ鉄剣などの実物展示をとおして、ワカタケル大王(雄略天皇)の時代に活躍した東国武将の姿や生活を偲ぶことができ、5世紀から6世紀にかけ北武蔵に君臨した豪族の、大墳墓9基を一度に見ることができる。また、前玉神社や小埼沼、八幡山古墳公園の万葉歌碑を通して、8世紀頃の東歌や防人歌に親しむことができる。総じて古代武蔵の歴史や人物、文化について楽しく学ぶことができるとともに、健康づくりにも役立つ。
高麗の里をたずねる 山本 修康 埼玉県 0泊1日 埼玉県 PDF 緑と清流に囲まれた当地方は、古く高麗郷、高麗の里とも称され、日高市と隣接する飯能市の大部分を含む地域が、8世紀初頭、朝鮮半島から渡来した高句麗の人々によって開拓され、「高麗郡」と呼ばれていたことによる。こうした、古の歴史と豊かな自然に囲まれた高麗の里を多くの人々に伝えたい。
佐倉の歴史・自然・文化を体験する校外学習 佐倉市教育委員会 指導課
(高野 敬一)
千葉県 0泊1日 千葉県 PDF 佐倉市は東京近郊の中規模都市でありながら、自然に恵まれ,緑が多く江戸時代から続く歴史や文化が残る町である。佐倉城址には,国立歴史民俗博物館があり,日本の歴史と文化をテーマ毎に学ぶことができる。また,武家屋敷,旧堀田邸庭園,佐倉順天堂記念館なども公開され,「西の長崎,東の佐倉」といわれた賑やかな当時の面影をうかがい知ることができる。佐倉市の北部には印旛沼が広がり,すばらしい景色とともに,沼の治水の歴史や動植物などの環境について、屋形船に乗ってガイドの解説を聞きながら学習することができる。近くの「学童農園 草笛の丘」では、畑の作物の収穫や昔ながらの工芸品作りなど、歴史に関するいろいろな体験ができる。
地球を推理する 嬬恋村 グリーンツーリズム・火山体験プログラム推進委員会
(佐藤 智)
群馬県 2泊3日 群馬県 PDF 2004年9月1日、浅間山は数十年振りに噴火した。致命的な被害を被った嬬恋村の観光関係者は、噴火のニュースが一刻も早く終わればいいと、人々の記憶から噴火の事が消えてなくなればいいと願った。しかし、それは、天災に怯えて暮らす石器時代の人々と変わりないことに気がついた地元の有志が、群馬大学の火山研究者・早川教授を招いて、火山について学習会を行った。そして目から鱗が落ちることを何度も体験した結果、その辺の石ころが、岩が、土くれが、私たちに『何かを語りかけている』ことに気がついたのである。火山国日本で、できるだけ多くの人々に火山を体験し、地球を推理してもらいたいと思っている。
古くからの城下町である、茨城県結城市を巡る旅 法政大学社会学部 加太ゼミナール 第9期生
(金子 奈央)
東京都 0泊1日 茨城県 PDF 私たちは2004年度のゼミ活動において観光地ではない都市のガイド製作を行った。結城市は、城下町の雰囲気が残り、寺院や公園、伝統工芸品などの観光資源を豊富に持っているが、それほど広い面積を持っていないので、それらの多くを徒歩で回ることができる。実際に結城市に行ってみると、伝統は町のいたるところに残っていた。しかし観光地としては活性化しておらず、観光客数が伸び悩んでいる現状と、伝統的な町並みとは対照的に、駅前では近代的な開発が行われつつあるなど、現地の人々もこれからの結城市の発展の方向性を決めかねている印象を受けた。私たちは結城市に昔から受け継がれている風景や文化に惹かれ、その結城市を多くの人に見てもらいたいと思うとともに、外からの訪問者が増えることでその伝統を生かした発展をしていけるのではないかと思う。
甲信越地方(9プラン)
日本の絵本美術館を訪ねて 栗原 祐司 東京都 2泊3日 山梨県
長野県
PDF 「いわさきちひろ絵本美術館」(現在では「ちひろ美術館」)は、1977年開館の我が国初の絵本美術館だが、1997年に開館20周年を記念して、北アルプスの麓に「安曇野ちひろ美術館」も開館した。実は、この安曇野をはじめ信州には1980根年代以降数多くの絵本美術館が建てられ、全国約60館のうちの約3分の1が、長野県及び山梨県にある。おそらくこれだけ多くの絵本美術館があるのは、世界的にも我が国だけではないだろうか。こうした日常空間とは異なる絵本美術館を訪問し、ゆっくり絵本を鑑賞することを通じて,今まで気づかなかった絵本を愛する日本の心を感じ取ることができるのではないかと思う。
歴史あり、文化あり、芸術あり、温泉あり「信州の風土をとおして心の安らぎを求める旅」 紺野 薫 福島県 2泊3日 長野県 PDF 私が信州、ことさら東信州から北信州にいたる地方が好きで、毎年のように信州旅行をするようになったのにはいくつかのきっかけがある。日本画の東山魁夷画伯は自身の700点に及ぶ作品や習作、スケッチ類を長野県に寄贈し、それを受けた長野県が善光寺のすぐ隣の城山公園内に建てたのが長野県信濃美術館東山魁夷館である。画伯のファンである私は多くの作品を鑑賞するため、季節を変えながら毎年のように美術館へ足を運ぶようになった。また、長野市近郊の上田市塩田平や小布施町などに点在している、美術館や史跡を巡り、温泉や郷土料理も楽しむこともできる。
塩の道「千国街道」を歩く 斉藤 剛 長野県 2泊3日 新潟県
長野県
PDF 塩の道「千国街道」は糸魚川から松本まで120km。現在の国道148号でない山道で結ばれ、山国の必需品である塩などが運ばれてきた生活道路であった。この道を見出し、塩の道学習会や塩の道を愛する会などのグループを作って守っている地元の人たちがいる。仕事の都合で小谷村で生活することになった私は、地元の方たちが主催する塩の道を歩く催し物に参加してきた。古、この道を歩いたボッカや牛方の思いや現代にいたりこの道を守っている人々の思いを少しだけ感じることができた。
初来日した米国系夫妻を私の故郷の祭りと郷土芸能に案内しよう 中坪 功雄 神奈川県 7泊8日 長野県
静岡県
愛知県
PDF 異文化体験をしたいと思う外国人にとって、日本を知り、文化構造や品格を知る上で、田舎の観光化されていない伝統的な祭りや郷土芸能、郷土食に触れてもらう事が最良の手段であり、しかも相互交流をスムーズにする出会いの場でもある。日本のように、世界的に見ても多種多様な祭りや民俗芸能が、今日迄継承されている例は稀だといわれている。そこで受け入れる私達が、外国人旅行者のニーズに少しでも応えるためには、まず自分自身が日本の文化を知り、愛することが大切なことである。また、神事が終わってから供物を氏子達と共食することを「直会」といい、参加者全員で土地の食を楽しむのである。祭りに参加しながら、外国人旅行者と伝統的な行事食を作ったり食べたり、郷土のすばらしさや歴史・習俗・食の伝統を話し合うのも大切なことではないだろうか。
甲州の歴史と文化を再発見する旅 中山 誠二 山梨県 2泊3日 山梨県 PDF 山梨の峡東地域には、武田氏に関わる史跡以外にも、古代甲斐国の時代から近代のワイン産業の歴史に関わる文化遺産が数多く点在している。近年こうした文化財や施設の整備が進み、地域の新たな名所となってきている。また、山梨の歴史や文化を総合的に紹介する県立博物館が開館し、県内の名所、旧跡、古道などの情報を知ることができる。この旅は2泊3日の旅程で、県立博物館を起点に甲府盆地の峡東地域の歴史、文化を再発見し、自然景観や甲州の味を堪能できる旅となっている。都会から離れ、しばしゆっくりと甲州路を楽しみながら、日頃の疲れを癒して頂きたい。
富士山の文化を訪ねる旅 宮阪 佳彦 山梨県 1泊2日 山梨県 PDF 富士山といえば、その優美な風貌とともに、周辺に多くの湖や温泉を有し、見るものとしての自然の面が優先されている。しかし、富士山は古文献には「不二」として登場するとともに、万葉集の中にも富士山を読んだ歌が幾つも収められているなど、古来より日本人の心の拠り所となっている。江戸時代になると「富士山講」にみられるように、富士山への信仰が強く現れるようになった。近代では、太宰治や新田次郎が富士山を題材にして小説を書いている。富士山の文化性に着目し、訪ねることにより、富士山をより深く理解し、学習できる。
越後古代から近世への変遷をたどる旅 上越市観光振興課
(金子 一郎)
新潟県 1泊2日 新潟県 PDF 現在、上越市では「“きらり発見”じょうえつ散歩」と題して、上越市の魅力を体験、再発見してもらう観光ツアーを行っており、毎回、参加者から好評をいただいている。このツアーで名所等を訪れることによって、越後の古代から近世への変遷を辿ることができるため、お勧めしたい。
佐渡案内(初来島の方向き) 新潟県佐渡市教育委員会 佐渡伝統文化研究所準備室 新潟県 2泊3日 新潟県 PDF 佐渡は日本の縮図と呼ばれ、各地域に独自の文化・歴史を持ち、今なおその伝統を受け継ぎ、昔の日本を残している。佐渡は離島ということもあり、情報の発信・伝達が難しくあまり周知化されていないため、島外者に佐渡のことを尋ねると県内の人ですら、「佐渡は金山とトキの島」というイメージしか持っていないのが現状だ。しかし、実際に佐渡に来た人たちの感想を聞くと、佐渡のイメージが「歴史と文化の島」に変わったという声を聞く。来島した人たちが、佐渡の様々な地域の歴史・文化・自然を知るために回る初心者コースと、より佐渡の事を知りたい方のためのコースを考えた。
ひな街道を行く 山ア セツ子 東京都 2泊3日 山形県
新潟県
PDF 北陸の日本海側はあまり華やかさがあるとは思われていない。どちらかと言えば、日本海の暗さや冬の雪深さなどがまず頭に思い浮かぶのではないだろうか。しかし、かつて、この地方は北前船の寄港地として栄え、中には日本全国に知られるような大商人も現れた。また、現在まで城下町の趣も良く残っており、温泉も楽しめるという地である。特に、毎年3月頃には、この地方において、大名家、大商人、町屋の古くからのひな人形など様々な人形が一般に公開され、それぞれ特色があって人々の目を飽きずに楽しませる。たくさんの人に見てもらうことが嬉しいという地域の人の気持ちが伝わってくるし、たくさんの人形を見ていると、歴史の重さを感じる。
北陸地方(7プラン)
能登の風景・食・人々に今も残る日本の文化を通じて日本人のアイデンティティーを知る旅 坂井 亮一 石川県 2泊3日 石川県 PDF 私たち日本人には、過去長い間、山海の幸をありがたくいただき、自然を克服するのではなく一体となり、お互いに助け合いながら、自然に感謝しつつ生きてきたという「文化」がある。このような生き方は、食、家並み、人々の考え方や習慣、宗教、祭りなどに形となって投影されてきた。仕事の関係で能登をくまなく歩き、食べ、人々と接して得た発見、驚き、感動を通じて知ったことは、海外に誇れる日本の良さ、日本人のアイデンティティーである。この体験をもとに今回の旅を提案した。
能登の伝統工芸にふれる 佐藤 功 神奈川県 2泊3日 石川県 PDF 金沢を何度も訪ね、さまざまな工芸品に感動し、さらに深く味わいたいという欲求に駆られた。漆器も陶磁器も本物を浴びるほど見ないとその良さは分からない。本物に触れるには産地に行くのが一番だ。この旅では数ある工芸品の中から輪島塗、珠洲焼、九谷焼を選びその産地を訪ね、風土の中でそれらを見つめる旅を計画した。
富山売薬をめぐる近世近代の遠い記憶 松岡 好美 神奈川県 1泊2日 富山県 PDF 富山の売薬といえば、江戸時代以来の置き薬の販売を全国に行ってきた。「先用後利」といわれ、先に使いあとからその代金を支払うクレジット式の販売方法と、暮らしのデータベースに基づくマーケティングの先駆けとでもいうべきお客さま本位の商売のスタイルには、今も学ぶべき点も多いと思われる。そこで、そんな日本の近世から近代への暮らしのルーツの一つである、富山売薬について知る旅をしてみてはいかがだろうか。
若狭と湖北の歴史・文化・まちづくり ほっとやすらぎの旅 松見 忠昭 福井県 1泊2日 福井県
滋賀県
京都府
PDF 若狭熊川宿でまちづくりに参加しており、たくさんの人に美しくなった熊川宿に来てほしいと、歴史的景観や建物、美しい風景を見て、ほっとやすらぎ、さわやかな心地になってもらえる場所を選んだ。若狭と湖北は、県は異なるが、戦国の昔から何かとつながりがあったようである。長浜黒壁スクエアは、数年前に行ったのだが、思い切った活性化と、歴史的建造物をうまく活かしていると感心した。
加賀の歴史・文化探訪
〜九谷焼発祥の地・北前船の栄華を訪ねる〜
石川県加賀市観光情報センター KAGA旅・まちネット
(岡田 基義)
石川県 2泊3日 石川県 PDF 加賀温泉郷へ来たお客様に「ここには温泉しかない」と言われたことがあり、町の魅力を正しくきちんと伝える重要性を実感した。今回は『加賀市=温泉だけ』のイメージを払拭すべく、加賀市の歴史的財産であり、貴重な文化である『九谷焼』と『北前船』にスポットをあてた旅行を計画した。豊富な温泉と、歴史や文化が一体となった加賀市の魅力を知っていただくきっかけとなって欲しい。
悠久の時を超えて人を魅了する歴史遺産と美食の郷 社団法人 若狭湾観光連盟
(濱岸 利一)
福井県 2泊3日 福井県 PDF 奈良時代、若狭国は、古くからさまざまな海産物を天皇や中央政府に進上する役割を負っていた。律令の時代になっても、若狭も天皇家に食品を出す国=「御食国(みけつくに)」として知られていた。、若狭路は大陸や朝鮮半島に対峙する日本海側のほぼ中央に位置し、海上交通の要衝の地である小浜は、平安時代以降、大陸の文化をいち早く取り入れたため、「文化財の宝庫」と言われている。また古都京都奈良に春を呼ぶ、東大寺の「お水取り」に合わせ、若狭小浜では東大寺へ送る「お水送り」が1200年一度も途絶えることなく、毎年行われている。小浜や敦賀は北前船の港としても栄え、敦賀港は近代シベリヤランドブリッジである大陸横断鉄道の玄関口として重要な港となり現在に至っている。
わが国最古の鉄道物流ルートを行く 西日本鉄道考古学会
(草木 陽一)
大阪府 2泊3日 福井県
滋賀県
京都府
PDF 日本の鉄道建設にあたり、神戸・大阪・京都から敦賀とを結ぶ鉄道が重視されたことは、江戸時代から重要な物流ルート北前船による船運を忘れて論じることは出来ない。明治になっていち早く鉄道敷設が計画されたのは物流ルートの短絡として当然のことであった。私たちの旅は、この鉄道敷設にまつわる物語や、その後の改良工事、ルート変更等で廃線となった跡などを巡る。京都の保津川、琵琶湖の日本海の日本の美しい風景をひと味違った視点で眺めてみようという試みでもある。
東海地方(6プラン)
江戸260年間を2日間で駆け抜ける旅
−家康から崋山まで
加藤 学 兵庫県 1泊2日 愛知県 PDF 「犬公方」といわれ元録時代に絶大な権力を誇った徳川綱吉の身長が150cmそこそこだったとは…。岡崎の大樹寺にある歴代将軍の等身大位牌を目にした時の驚きは今も鮮明である。愛知県三河地方は徳川氏創業の地であり、また江戸末期に“新時代”を夢見た渡辺華山が生涯を終えた地でもあった。江戸時代の宿場の名残を今に伝える御油や赤坂を加えれば、正に江戸260年を駆け抜ける時空旅行が出来ること請け合いである。
歩いて訪ねる 名古屋 歴史とものづくりの心にふれる旅 川辺 泰正 愛知県 2泊3日 愛知県 PDF 瀬戸や長久手、豊田などには、近世の歴史、街道筋の古い町並みや伝統産業が、名古屋市内には近代産業を興した起業家たちの遺産が残されている。名古屋周辺には戦国以降の歴史遺産と近代の産業遺産、都市の文化や山村文化が各地に残され「日本の歴史と文化」を知ることができる知的な旅行空間がある。物見遊山ではない、自分の足で歩き、眼で確かめ、味わい、土地の人と語り、何気ない風景の中に自分らしさをみつける自分だけの旅(たび)を創出していくことが大切だと思う。
徳川(家康、慶喜)文化をたずねる旅 松本 菜生 静岡県 2泊3日 静岡県 PDF 徳川15代の将軍の中で、初代将軍の家康公は27年、最後の将軍慶喜公は30年、2人の将軍が駿府(静岡市)に半世紀以上居住したことはあまり知られていない。家康公は、人質時代や駿府城主、大御所時代に静岡に多くの遺品や遺跡を残している。慶喜公も隠居生活の中で、新しい文化の伝導者として数多くの作品やエピソードを残している。雄大な冠雪の富士山もコースに入れ、2人の将軍も四季折々に仰いだであろうと思いをはせていただくとともに、街中観光として資源が豊富な静岡市を再発見していただきたい。
井上靖「しろばんば」・「夏草冬濤」の舞台と背景 静岡県三島市経済部 観光推進室
(室長 芦川一登志)
静岡県 1泊2日 静岡県 PDF 井上靖は明治40年に北海道で生まれ、1歳から13歳までを天城で、15歳から18歳までは沼津と三島を生活の場としていた。この旅は、靖の分身である主人公洪作少年とその仲間たちがいた場所を訪ねる。洪作は、『しろばんば』・『夏草冬濤』を通じて、この湯ケ島と三島のエリアを何回も行ったり来たりしていた。また、この道程に沿って狩野川が流れており、馬車や軽便鉄道の車窓からそれを眺めては旅情に浸った。この二つの地域は狩野川によって結ばれているのである。
お台場のルーツを訪ねる旅
伊豆韮山で江川坦庵の足跡をたどる
稲村 礼子 静岡県 1泊2日 東京都
静岡県
PDF 幕末の偉人江川太郎左衛門英龍(坦庵)公の名は、現代日本では余り耳にしないのではないかと思う。伊豆韮山には、韮山反射炉が現存し、その姿は坦庵公を讃えているようでもある。東京のお台場に備えるための大砲を韮山反射炉で作ったことも、蘭学に素晴らしい足跡を残したことも、日本で最初にパンを焼いた「パン祖」であることも余り知られていない事は、本当に残念なことである。坦庵公ゆかりの伊豆韮山は現在でも豊かな自然と穏やかな人柄が感じられる所である。
初来日した米国系夫妻を私の故郷の祭りと郷土芸能に案内しよう 中坪 功雄 神奈川県 7泊8日 長野県
静岡県
愛知県
PDF 異文化体験をしたいと思う外国人にとって、日本を知り、文化構造や品格を知る上で、田舎の観光化されていない伝統的な祭りや郷土芸能、郷土食に触れてもらう事が最良の手段であり、しかも相互交流をスムーズにする出会いの場でもある。日本のように、世界的に見ても多種多様な祭りや民俗芸能が、今日迄継承されている例は稀だといわれている。そこで受け入れる私達が、外国人旅行者のニーズに少しでも応えるためには、まず自分自身が日本の文化を知り、愛することが大切なことである。また、神事が終わってから供物を氏子達と共食することを「直会」といい、参加者全員で土地の食を楽しむのである。祭りに参加しながら、外国人旅行者と伝統的な行事食を作ったり食べたり、郷土のすばらしさや歴史・習俗・食の伝統を話し合うのも大切なことではないだろうか。
近畿地方(24プラン)
名松線と伊勢本街道の旅
〜北畠氏の中世都市・多気を訪ねて〜
石淵 誠人 三重県 0泊1日 三重県 PDF 朝日に照らされる谷間の紅葉、渓谷を走るローカル線からの風景は格別である。終点の伊勢奥津駅には、今では全国でもほとんど見られない蒸気機関車時代の給水塔が残っている。駅を降りると、伊勢本街道の宿場町奥津の町並みが出迎えてくれ、人影がほとんどない町並みに郷愁を誘われる。北畠氏館跡(北畠神社境内)の境内南側には名勝及び史跡の北畠氏館跡庭園があり、ひっそりとした庭園の紅葉を眺めると、時の経つのも忘れてしまう。晩秋の田舎の風景が思う存分堪能できる。
世界遺産「熊野古道」を海、山、川で体感する 大川 勝宏 三重県 2泊3日 三重県
和歌山県
PDF 平成16年に世界遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」は世界で2番目に登録された「道」の世界遺産であるが、この中でも三重県南部の紀南地域では、海の道、山の道、川の道を全てに触れることができる。景勝地や熊野三山など霊場とあわせて、今回登録された世界遺産の良いところを、まとめて体感できる旅となっている。
仏教の伝来から民衆の信仰を得るまでの旅 瓦谷 光男 大阪府 1泊2日 京都府
奈良県
PDF 毎日忙しく働いているときは宗教には気にもかけなかった多くの人が、社会の一線を退く頃になると、肉親の死に接したり自分の残りの人生を考えて宗教に関心を持ちだす。この時期に仏教の歴史に触れることにより、従来の寺請制度や檀家制度にとらわれずに自分から仏教を学ぶ手がかりとなるのではないか。
再発見!日本の精神文化のルーツをたどる旅 倉田 直純 三重県 2泊3日 三重県 PDF 伊勢・志摩地域への旅といえば、伊勢神宮の参拝、おかげ横丁の散策、鳥羽で一泊して、鳥羽水族館や真珠島などを見学するのが定番であるが、この旅は、日本の精神文化のルーツをたどる意味から、史跡斎宮跡をはじめ、伊勢神宮関連の諸施設を時間をかけてゆっくりと歩き・み・ふれながら、歴史の重みを体感しようという旅である。地域の人々のもてなしの心や食文化にも触れることができ、せわしい日常生活から離れてひとときゆったりとした気分を味わえる。
芭蕉とともに花の吉野をめざす旅 坂口 守彦 奈良県 5泊6日 三重県
奈良県
PDF 『笈の小文』の旅は、芭蕉にとって、吉野の花にあこがれ、うきうきとしたものであったが、今回の旅も、芭蕉と同じように花をもとめ、吉野をめざしたい。『奥の細道は』については詳細に足跡が辿られているが、『笈の小文』については、その前年の旅でもあるにもかかわらず芭蕉の足跡はかならずしも明らかになっていないが、同じように歩き、それを綴って『笈の小文』の花の吉野をめざす旅として、伊賀上野から吉野までをまとめてみた。変貌が大きいとはいえ、日本の美しい原風景はまだ残っており、それを大切にしたいと思う。
太平記「南朝」ゆかりの地を訪ねて 鈴木 久幸 三重県 3泊4日 三重県
京都府
奈良県
PDF 歴史好きの方にお薦め。この旅をすることによって、鎌倉から南北朝時代にかけて太平記の舞台はいまも我々の眼前にある山河であり、つわものどもの夢の跡は、古戦場として史跡をとどめている。ゆかりの神社、仏閣、墓所は、その英雄達の人間の歴史を印象づけ「太平記」の世界に浸ることができる。特に近鉄沿線の南朝に関わる場所を選定。
近畿(関西)の世界遺産を巡る旅 姫路城 炭山 卓 大阪府 0泊1日 兵庫県 PDF 今回取り上げた、世界遺産(文化財)に指定された五つの地域に囲まれた地域に住んでいることもあり、気が向けば日帰りでも簡単に訪れ、歴史や文化に接することが出来、朝目を覚ましてから思い立って出掛けたことも度々ある。その都度、先人の残した素晴らしい文化やそこに住む人情厚い人達にも接し、素晴らしい体験をして来た。それらの体験を日本全国、世界の国々の多くの人達にも体験して欲しいとの思いから、訪れやすく楽しい旅を第一に考えた。
紀伊山地の霊場と山詣道 2泊3日 和歌山県 PDF
古都奈良の文化財 1泊2日 奈良県 PDF
古都京都を巡る 2泊3日 京都府 PDF
知られざる秘境 和歌川
〜日本人の魂を揺るがしてきた自然と文化を訪ねて〜
平 千枝 東京都 4泊5日 和歌山県 PDF 日本三大瀑布の1つである那智の大滝を見たいという気持ちから始まった和歌山1周旅行では、和歌山には那智の大滝以外にも感動スポットが数え切れないくらいあった。熊野古道をはじめとする紀伊山地の杉林。本州最南端の潮岬で体感した太平洋の雄大さ。誰もがワイキキビーチを連想せずにはいられない美しい白良浜。高野信仰の神秘が今なお残る高野山。数多い温泉。私はこの旅で、日本人の魂を揺るがす自然や歴史を体全体で感じた。この感動をより多くの方に味わっていただきたいと思い、この旅を計画した。
深遠なる山里に立つ古寺・史跡を訪ねることで、普遍的な人間の心理と本質を知る 高山 憲行 埼玉県 1泊2日 奈良県 PDF 吉野・大峰地区は、今年世界遺産に登録されたことで、最近特に注目を集めている場所であるが、単に歴史や伝統に裏打ちされた史跡が多くあるというだけではない魅力がある。己の夢と野望を抱いた権力者、異能の人物が数多く行き交い、普段人前で見せたことのない己の素顔を見せた場所だ。この旅の醍醐味は吉野山から大峰に至る散策路にある。この旅を通じて、“恐れ”や“不安”というものを抱えて生きるということが、どれほど人間的な生き方であるかということを理解していただければ幸いである。
熊野古道を歩き、日本の精神文化を肌で感じる旅(自然の中に神を見出す) 寺前 俊二 和歌山県 3泊4日 和歌山県 PDF 私自身、40才の頃、仕事上スランプに陥り、自信を失くし、生きている意味すら見出せなかった時期、導かれるように「熊野古道」を歩いていた。初めての者にはかなり厳しい道のりではあるが、途中で道端の草花や木、鳥や風に励まされ、歩き終えた後には「感謝」の気持ちでご神前に手を合わせていた。自然界や人々のあらゆる力をかりて生かされていることに気づかせてくれた。自然の中に神々は宿っている。
禅をたのしみ、茶をたしなむ
・・・国際派大和撫子を目指して・・・
西川 朋子 東京都 1泊2日 京都府 PDF 俳句が趣味の父は、お菓子を餌に私を連れ出してはよく寺巡りをした。その雰囲気に惹かれ、中学に入るころからは独りで行くようになった。私の侘び寂びへの関心は感覚的なものから始まったようだ。仕事とプライベートのバランスがとれずモヤモヤしていた時期があり、気分転換にと、とある禅寺に飛び込んだ。就床後の空腹に一睡もできず、縁側に出て一人座禅を組んでいると、寺に入るまでのモヤモヤした迷いが全て消え去っており、自分がすっかり自由になっていることを感じた。このプランは同世代の悩み多きキャリアウーマンに、日本古来より伝わる禅の素晴らしさを楽しみながら体験していただき、より強く自由に生きるための一助としていただきたいという趣旨でつくった。
大人の旅(日本の原風景を訪ねて) 平井 俊行 京都府 2泊3日 京都府 PDF 普通「京都」というと、京都市内の社寺等の観光地が真っ先に頭に浮かぶ。しかし、京都の魅力の中には、市内の寺院にはない、歴史に裏打ちされたのどかでゆったりとした時間を過ごせる日本の原風景が、今なお色濃く残っているところがある。これらの地に子育てを終えた夫婦2人、ゆっくり廻ることができれば、いつしか子供の頃の匂いや音までもが、フッと思い出せるような心豊かな、体験がきっとできると思う。
学問のまち大阪を歩く 前田 容子 兵庫県 0泊1日 大阪府 PDF 大阪は商人のまち、オフィス街というイメージが強く、京都・奈良に比べると歴史的な意味をあまり重視されず、遠足というと京都・奈良に集中し、大阪城などを除いては候補地にもならない。江戸時代の大坂は教育に熱心であり、江戸の官立の学問とは一線を画し、町人出資の学校など、官に頼らない心意気をもっていた。特に幕末大坂は蘭学・儒学・そして大塩平八郎の陽明学などの自由な学問が発達し、近代日本の建設に活躍した多くの人物を輩出していることに気づいてほしい。身近な歴史を歩く。我が町再発見にもつながる。
歴史と文化の相互関係を見聞する世界遺産の旅 一般の旅行 茂垣 收 埼玉県 6泊7日 滋賀県
京都府
奈良県
和歌山県
PDF 京都、奈良は、日本を代表する歴史と文化の地域であり、私を含めて日本人なら今までに何度か訪れたことのあるところである。また、最近、高野山と熊野古道を含む地域が世界遺産となり、京都、奈良を含む関西のこの南北地域が更に脚光をあびることとなった。この旅を通して各地域における歴史と文化を持った代表的な建造物等を貪欲に見ることにより、その地域の関連性、相違点など、幾分かでも「なるほど」と感じることが出来るならば、成功である。そして、熊野古道を歩くことによって、何かを感じることが出来れば幸いである。
小辺路縦断スケッチ旅行 5泊6日 奈良県
和歌山県
PDF
〜映画が伝える伊勢志摩の思い出〜
名作映画の舞台を感じる旅
伊勢志摩フィルムコミッション
(木田 久主一)
三重県 2泊3日 三重県 PDF 伊勢志摩は、映画「潮騒」や映画「浮草」をはじめとして、数々の名作を生み出してきた地域で、今もなお当時の面影を残しているロケーションがたくさん残っている。「映画は、地域を写す鏡である」とよく言われているが、日本映画全盛期の時代に青春を駆け抜けたあの主人公のように、かつての思い出に浸っていただければと思う。最近では、日本映画が再注目され、ロケ地を巡るいわゆるシネマツーリズムが活発化しているが、今改めて過去の名作の舞台を感じてもらうことで、古き良き時代の人には懐かしく、若い人には新しい旅の始まりになることだろう。
湖北観音のんびり自転車の旅 近江歴史回廊推進協議会
(臼井 千夏)
滋賀県 1泊2日 滋賀県 PDF 滋賀県の湖北地域は、己高山(こだかみやま)を中心に仏教文化が大きく花開いた地域で、「観音の里」とも言われ、地域の人に大切に守られてきたたくさんの観音様に出会える。戦国時代など幾度も戦火に見舞われ、村人が土中に埋めて助かったという言い伝えも数多く残されている。現在でもほとんどの観音様は地域の人たちにより大切に守られ、交代で拝観のお世話をし、説明をしていただけるなど、地元の人の温かさにも触れることができる。琵琶湖と里山を船と自転車で回って、近江の歴史と時代の流れを感じ、観音様の優しい微笑みと美しい風景に触れて欲しい。
残したい京職人の音風景をたずねる旅 地産地奏クラブ
(酒井 晶正)
富山県 0泊1日 京都府 PDF 京都といえばお寺の鐘や祭ばやしのコンチキチン、舞子さんのポックリの音風景を思い浮かべる。駅前の喧噪を抜け、10分もたたない町家の角をまがると「トントントン」という錺金具を打つ小気味良い音が聞こえてくる。音から入り、仕事風景を見る順番も自然な流れ。西陣の手織りの音も風流な趣がある。仕事を見せ物にして職人さんの気をちらせるよりも作業音の小気味よい音だけを聞かせる工夫こそが、これからの京職人の魅力を多くの人に伝えるために必要であろう。
茶道の源流と国際性を探る 鳥取県立青谷高等学校 地歴公民科有志
(関 俊徳、澤田 純路、岸田 道明)
鳥取県 0泊1日 京都府
大阪府
兵庫県
PDF 日本の伝統文化の一つである茶道は千利休により大成された。利休七哲として有名な高山右近や古田織部の周辺にはキリシタンが多く、資料からもキリシタンの布教活動に茶道が利用されたことがわかっている。この旅では茶道のもつ国際的な要素を遺跡、博物館などの実地見学を通して理解することにしたい。京都、大阪、姫路および加西市に点在する茶の湯とキリスト教ゆかりの地を見学し、それを通じて参加者が文化交流、文化移転について体験的に学習する。
「近くて遠い国」から「近くて近い国」へ 奈良県企画部 観光交流局観光課
(久保田 幸治)
奈良県 2泊3日 奈良県 PDF 奈良は日本文化の発祥の地である。その文化はシルクロードを通じ中国大陸や韓半島を経てもたらされたものである。奈良にはシルクロードの終着点として中国大陸や韓半島の文化が今も息づいている。現地にはもう残っていないものもあるが、ゆかりの地も数多くある。こうした1300年前に中国大陸や韓半島からもたらされ、日本のものとなった歴史や文化に中国や韓国の方々に触れてもらい、ゆかりの地を訪れてもらうことは、お互いの国を理解し、交流を深めることにつながる。
大和の古道紀行・ロマンと癒しの旅
山の辺の道 奈良県桜井市役所 観光課 (林 勤) 奈良県 0泊1日 奈良県 PDF 桜井市は、奈良盆地の東南にあって、弥生後期から推古天皇が飛鳥に都を移すまでの間、約400年にわたって12代もの天皇が宮をおき古代国家の舞台となったところである。古社寺、古墳、万葉歌碑などをはじめ、数多くの自然・歴史・文化があり、日本文化の原点でもある。古代の桜井は水路陸路の交通の要衛の地だった。いまやハイキングコースとして親しまれている古道「山の辺の道」、「伊勢街道」、「多武峯街道」、「磐余の道」と現在も往時の面影を残し、老若世代を超えたハイカーたちが数多くの伝承やロマンに出会えるのも桜井ならではの楽しみである。
多武峯街道 0泊1日 奈良県 PDF
磐余の道 0泊1日 奈良県 PDF
伊勢街道 0泊1日 奈良県 PDF
忍坂街道 0泊1日 奈良県 PDF
大和長寿道 0泊1日 奈良県 PDF
わが国最古の鉄道物流ルートを行く 西日本鉄道考古学会
(草木 陽一)
大阪府 2泊3日 福井県
滋賀県
京都府
PDF 日本の鉄道建設にあたり、神戸・大阪・京都から敦賀とを結ぶ鉄道が重視されたことは、江戸時代から重要な物流ルート北前船による船運を忘れて論じることは出来ない。明治になっていち早く鉄道敷設が計画されたのは物流ルートの短絡として当然のことであった。私たちの旅は、この鉄道敷設にまつわる物語や、その後の改良工事、ルート変更等で廃線となった跡などを巡る。京都の保津川、琵琶湖の日本海の日本の美しい風景をひと味違った視点で眺めてみようという試みでもある。
いにしえの人々に思いを馳せる、癒しの旅 東紀州地域活性化 事業推進協議会
(千代世 正人)
三重県 2泊3日 三重県
和歌山県
PDF 推薦者である私自身が、これまでこの『熊野』と総称される東紀州地域に滞在・居住した経験がなく、今回図らずも、東紀州地域に情報発信することを仕事とすることになった。地域で暮らし、各地を歩くにつれて、この地域が持つ豊かな自然やゆっくりと流れる時間あるいは先人たちの思いが、「仕事」とは離れた個人として感じられるようになってきた。2泊3日の旅では、この地域の深さを十分に堪能していただくことは難しいかと思うが、旅をすることによって、何かを感じ取ってもらえると思う。
ほっこり京都・寺社仏閣ユニバーサルツアー ふれあいの会アンド明石高専建築学科 大塚ゼミ
(大塚 毅彦)
兵庫県 1泊2日 京都府 PDF 障害のある人や足腰の弱った高齢者らにとって、歴史的建築物への観光は敷居や段差など、バリアなどの理由で断念する場合が多かった。ぬくもりの会代表村田孝雄氏(車イス利用、京都府)は、自ら京都の寺社仏閣のほとんどを訪問調査しバリアの解消にむけての提案や、障害のある方へのボランティアガイドを行っており、障害者の方に喜ばれている。この旅では、事前調査をした寺社仏閣を対象に、車イス利用の方、視覚、聴覚に障害のある方々が持っている不安や心配をできるだけ払拭し、ほっこりとした気分で観光をしていただきたい。
若狭と湖北の歴史・文化・まちづくり
ほっとやすらぎの旅
松見 忠昭 福井県 1泊2日 福井県
滋賀県
京都府
PDF 若狭熊川宿でまちづくりに参加しており、たくさんの人に美しくなった熊川宿に来てほしいと、歴史的景観や建物、美しい風景を見て、ほっとやすらぎ、さわやかな心地になってもらえる場所を選んだ。若狭と湖北は、県は異なるが、戦国の昔から何かとつながりがあったようである。長浜黒壁スクエアは、数年前に行ったのだが、思い切った活性化と、歴史的建造物をうまく活かしていると感心した。
中国地方(9プラン)
宍戸の里をたずねる旅 青田 旭 広島県 1泊2日 広島県 PDF 甲立の庄を治めた宍戸氏の歴史は、幅広く地域に根ざしたものであることを再認識してもらいたい。そして、過疎が進行する中、歴史、文化を掘り起こし、地元の人や、地域の人との交流を通じて活性化を図りたい。冠念寺に6体あったと言われる木造の阿弥陀さんのうち、5体は毛利氏が萩へ移封のおり持っていかれ、この1体のみ重たくなって残されたと言われている。萩郷土博物館の話では、冠念寺は宍戸の領地である山口県熊毛郡熊毛町移されたので、そこにあるのではとの回答があり心の高まりを覚えている。
岡益の渡来人〜鳥取の古代遺跡と渡来集団を尋ねて〜 岩谷 東亜 鳥取県 0泊1日 鳥取県 PDF 鳥取県東部は古代には因幡国と呼ばれていた。その国庁のある国府町(現・鳥取市国府町)には国庁跡、大伴家持歌碑、岡益の石堂、梶山古墳、宇部神社(因幡一の宮)など、古代史跡が集中している。この国庁の周辺に、朝鮮半島からの渡来集団を示す神社が6つあり、古代の鳥取が日本海文化圏という国際性のある地域であることを発見、想像させる。
「ものがたり」のある美術館を訪ねて
−吉備の国+(きびのくにプラス)編−
大西 珠枝 東京都 2泊3日 岡山県
香川県
PDF 日本には全国各地に多くの美術館があり、地方の特色ある美術館をいくつか巡ることは それだけでひとつの旅になる。また、美術館巡りでは、作品や建物を鑑賞するだけでなく、それらの背景にある館の由来、人々の熱い思いに出会い、知ることは大きな楽しみとなる。特に地方の私立美術館は、館の発足において、創立者が一つ一つの作品を収集する経緯にも随所に語り継がれる「ものがたり」がある。コレクションがさきにあって、そのために造られるのが美術館であるとすれば、「ものがたり」の豊富な美術館こそ訪ねてみたい。
益田・津和野・萩の歴史的な場所を巡る旅 大畑 絢弓 神奈川県 2泊3日 島根県
山口県
PDF 山陰地方は多くの若者が地元から離れ、過疎化など、様々な問題が浮上している。私もその中の1人であるが、地元(島根県益田市)を離れたことで、地元、田舎の良い点がたくさん見えてきた。観光地もさほど無いので、観光の目的でたくさんの人がやってくるということはないが、去年の春に父と2人でドライブで萩に行った際、あまり歴史を知らない私でも何か歴史的なものを見た時は、心打たれるものがあった。ほとんどの人は萩にこんなにも貴重なものが残っているのを知らないと思い、私が感動した旅をみなさんにも体験してほしいとこの旅を考えた。
幕末長州藩・時代を変えた若者達の熱気を辿る旅
〜高杉晋作の足跡を辿る
佐野 和美 神奈川県 2泊3日 山口県 PDF 折しも、古い体質に挑戦を挑み新たな社会を築こうとされておられる首相がご活躍だ。幕末にも、同じように、更なる大きな力、『幕府』に対して構造改革に挑んだ人達がいる。その多くが、まだ20代の若者だったという事実に、私は驚愕する。どうして彼らはそんなことができたのか? いや、それは若い人達にしかできない、情熱の迸りだったに違いない。現状に流されて生きている現代の若者にこそ、当時の彼らの足跡を辿り、いろいろと考えてもらいたいと思う。このうち、高杉晋作の足跡を辿ることで、時代を変えるために命を捧げた若者達の情熱を感じて欲しい。
石見の国に柿本人麻呂の足跡をたどる 清水 克彦 京都府 2泊3日 島根県 PDF 私は大学で卒業論文に万葉集を選んだ学生達と、何度かこのコースを旅したが、この旅を終えると、学生の万葉集に対する考え方がずいぶん深まったなと感じることがしばしばあった。それは、人麻呂が歌に詠んだこの地の山や川や海を、実際に見たということにもよるが、この地のすべてが素朴で、いにしえを感じさせるということによるのではないかと思う。この旅を通して、古代の歌集、万葉集の世界を、十分に感じ取って欲しいと思う。
体験と学び 行って楽しい、迎えて嬉しい石見銀山NPO
(戸田 隆徳)
島根県 1泊2日 島根県 PDF 鉄作りは、長い年月の間、日本・海外問わず、産業の根幹であった。たたら製鉄は、西洋の鉄作りが入ってきて主流になるまでわが国の、鉄産業を担ってきた。西洋の製鉄法が鉄鋼石を利用するのに対して、たたら製鉄は、砂鉄を利用する独特なものである。特に、この奥出雲は、良質な砂鉄が取れ、たたら製鉄に必要な木材が確保できた事によって、たたら製鉄が発達したと考えられている。製鉄という観点から見れば、大陸から伝わった文化を日本に、導入し、変化を加えて発展させていった地域でもあるので、この地域にしかない特別な価値をより多くの人に理解してもらい、鉄を通した世界との交流があることも、知ってもらいたい。
北九州市と周辺の、弥生時代から現在までの歴史と文化をたずねる旅 有田 泰彦 神奈川県 6泊7日 山口県
福岡県
佐賀県
PDF 私のふるさと北九州市は観光と縁が薄い印象があるが、明治以降大陸との玄関口、製鉄業等一大産業拠点として発展した歴史を活かし、門司港レトロ地区や東田第一高鉄炉1901等特徴ある観光地の整備を進めており、多くの人に昔と今の北九州市の魅力を知ってもらいたいと思った。 また、北九州市とつながりの深い下関市や福岡市、佐賀県には弥生時代から現在にいたる史跡や博物館等が数多くあり、あわせて訪れるとより充実した旅になる。 中国大陸や朝鮮半島に近い北九州地方は古代から文明交流の舞台となっており、交流の歴史を伝える史跡や博物館が数多くある。
宣教師ザビエルの足跡とキリシタン文化をたずねる旅 籠手田 恵夫 長崎県 6泊7日 山口県
福岡県
長崎県
熊本県
鹿児島県
PDF 物質文明偏重の反省から、最近は精神的なものへの回帰が尊重され、宗教的な旅、中でも日本人にとってエキゾチシズムが感じられるキリスト教会や殉教地巡りの旅が求められている。その意味で日本にキリスト教を伝えたザビエルが辿った鹿児島、平戸、山口にある三つのザビエル記念教会を訪ねるとともに、その道筋にある天草、雲仙、長崎、外海、西海の各地を含めて、キリシタン文化の神髄を極めたい。
四国地方(6プラン)
四国の城を「へんろ」する 北山 健一郎 香川県 3泊4日 徳島県
香川県
愛媛県
高知県
PDF 江戸時代、日本にはたくさんの城郭があり、明治維新以後、その大部分は破壊されてしまったが、破壊されずに残った天守閣が12ヶ城ある。四国にはそのうち、4ヶ城が現在しており、江戸時代の城郭の宝庫ともいえる。この旅では、この4ヶ城を中心に四国を巡ることにより、江戸時代の日本建築の枠にふれ、日本の伝統文化を理解してもらう一助となれば幸いである。
夏の夜のカーニバル阿波おどりと藍染めのふるさとを訪ねる旅 志摩 泰子 静岡県 1泊2日 徳島県 PDF 手を上げて足を運べば阿波踊りと言われるように、決まった型があるわけではなく観光客も共に楽しむことができ、参加できるのが阿波踊りの良さであろう。人々の熱気と、よしこのリズムが町中を包む、まさに夏の夜のカーニバルという感がする。阿波藍の工程や歴史を知り、体験してみよう。イギリスの化学者アトキンリンは藍染めの美しさをジャパン・ブルーと表現した。人形浄瑠璃も大衆の娯楽として上演されてきた。人形とは思えぬ細やかな動き太棹の三味線が心に響く。そして鳴門のうず潮は自然の生みだす芸術である。その景観はずっと心に残るに違いない。
癒される旅「奥四万十で田舎人になる」 奥四万十元気源流 大正美人の会
(山本 紀子)
高知県 2泊3日 高知県 PDF 奥四万十は、四万十川の支流梼原川流域に広がる地域。四国山脈を源とする梼原川が大正町田野で四万十川と合流、この辺りより四万十川は下流にむけてその川幅を拡大する。山林が96%を占め、そのうち国有林が36%を占めるという山間地域である。深渓谷を成し、四季を通じて様々な生物の生息を助け、心癒される顔を見せる。不便を常とする山間の暮らしは、その昔より人々の知恵と工夫で守られ、地域特有の文化を育んできた。住まいや食にその跡を見ることができる。
源平屋島合戦 光と影の武士(もののふ)達 源平広域まちづくり推進プロジェクト
(細谷 清)
香川県 1泊2日 徳島県
香川県
PDF 歴史は勝者には光が当たるが、敗者には影すら当たらないものだ。源平屋島合戦の武士(もののふ)の光(源氏)と影(平家)をあらためて感じながら、歴史が大きく移り変わった源平屋島合戦の光と影を肌で感じて頂きたい。私もこの地に立ち、歴史を思いながら景色をみると、820年前の武士達が肌で感じることができた。早春の徳島県、香川県の源平歴史ロマンを観光地として、見ていただくのではなく、源平屋島合戦が行われた季節に、全身で感じて頂ければと思う。
別子銅山の近代化産業遺産と花めぐりの旅 新居浜市
(市長 佐々木 龍)
愛媛県 2泊3日 愛媛県 PDF 別子銅山は、住友家によって元禄4年(1691年)に開坑され、元禄11年には産銅量が世界一であったといわれる。昭和48年に閉山するまで、開坑から283年間にわたり経営されてきた特異な鉱山であった。そのため、別子銅山に係わる産業・文化遺跡の保存状態も良く、とりわけ旧別子銅山といわれる一帯は、江戸・明治期の貴重な近代化産業遺産が眠っている。一方、別子銅山の一帯は、標高1,300m〜1,700m級の山が連なる赤石山系に属しており、高山植物の宝庫で県自然環境保全地域にも指定されている。鉱業の廃墟と高山植物等の花の可憐さは、相反する風景ではあるが、それがかえって訪れる人を魅了している。
「ものがたり」のある美術館を訪ねて
−吉備の国+(きびのくにプラス)編−
大西 珠枝 東京都 2泊3日 岡山県
香川県
PDF 日本には全国各地に多くの美術館があり、地方の特色ある美術館をいくつか巡ることは それだけでひとつの旅になる。また、美術館巡りでは、作品や建物を鑑賞するだけでなく、それらの背景にある館の由来、人々の熱い思いに出会い、知ることは大きな楽しみとなる。特に地方の私立美術館は、館の発足において、創立者が一つ一つの作品を収集する経緯にも随所に語り継がれる「ものがたり」がある。コレクションがさきにあって、そのために造られるのが美術館であるとすれば、「ものがたり」の豊富な美術館こそ訪ねてみたい。
九州地方(15プラン)
北九州市と周辺の、弥生時代から現在までの歴史と文化をたずねる旅 有田 泰彦 神奈川県 6泊7日 山口県
福岡県
佐賀県
PDF 北九州市は観光と縁が薄い印象があるが、明治以降、大陸との玄関口、製鉄業等一大産業拠点として発展した。その歴史を活かし、門司港レトロ地区や東田第一高鉄炉1901等特徴ある観光地の整備を進めており、多くの人に昔と今の北九州市の魅力を知ってもらいたいと思った。また、北九州市とつながりの深い下関市や福岡市、佐賀県には史跡や博物館等が数多くあり、あわせて訪れるとより充実した旅になると思う。中国大陸や朝鮮半島に近い北九州地方は古代から文明交流の舞台となっており、交流の歴史を伝える史跡や博物館が数多くある。これらを積極的に訪問することで祭りや陶磁器等特色ある文化にも触れることができるプランを考えた。
魏志倭人伝の謎解き旅 海峡往来の謎解き旅:対馬を巡る1泊2日の旅 伊藤 治雄 愛知県 1泊2日 長崎県 PDF 魏志倭人伝は中国の史書で、3世紀頃の倭人国の情況を記した2300字程の漢文である。内容は大筋で二篇に分かれ、前篇は女王国の邪馬台国および諸国の地理・風俗の説明、後篇は女王卑弥呼と魏の関係の物語である。対馬・九州を旅すると、風景や地名などから新鮮な刺激があり、古代を理解するには現場を旅することが必須だと感じた。古代史に関心をもつ方々に倭人伝を言う旅をしていただき、原文の謎解きの楽しさを味わいながら、既存の解釈に惑わされることなく、正しい見方を自分自身で考えて戴こうという調査旅行計画である。
邪馬台国の謎解き旅:大分・日向を巡る2泊3日の旅 2泊3日 大分県
宮崎県
PDF
歴史と祭祀の源流に触れる旅 尾上 博一 長崎県 1泊2日 長崎県 PDF 対馬には亀ト神事や赤米にまつわる頭受け神事など古代に連なる祭祀があり、天道信仰など対馬独特の信仰がある。西海道107座のうち29座の式内社が対馬に所在し、古代から続く祭祀や信仰は対馬の豊かで深い自然と融合して成立、継承されたきた。また大陸や朝鮮半島との交流の要衝であったため、日本全体の交流と推移の歴史を通観できる地でもある。地域独特の伝統や文化とともに日本の交流史に触れ、一体となった歴史と自然を堪能できる貴重な旅となるはずである。
世界遺産「琉球のグスク群」探訪
〜琉球の二人の英雄を訪ねて〜
金城 勇 沖縄県 2泊3日 沖縄県 PDF 今を遡ること500年以上前の15世紀、沖縄は「琉球」と呼ばれ、北山・中山・南山の3地域に分かれて争う戦国時代の只中にあった。その三山を統一した中山の尚巴志に仕え、三山統一に多大な功績を残した武将が護佐丸である。一方、同じ時期に琉球の勝連地域で頭角を現してきた領主が阿麻和利である。今回の旅では、世界遺産に指定された琉球のグスク群を訪ね琉球王国の栄華を偲ぶとともに、初期の琉球王国に多大な攻績を残した護佐丸と阿麻和利の二人の英雄に思いをはせることをテーマとしている。
『沖縄の歴史と文化を考える旅(本島とその周辺)』 川合 晃代 静岡県 7泊8日 沖縄県 PDF 実際に沖縄に行ってみると、琉球という所は、本当に色々なものがつまっていると、感動さえ覚えることがある。琉球という国は、過去いろいろな国とつながりを持ち、時には支配され、それでも力強く今日まで生き残ってきた。現在は、日本の中の一つの県だが、海を通じてはるか南方とも、日本・中国・朝鮮半島とも、行き来していた。その一番古い歴史は、3万年以上前であるとのこと。小さな島々に、壮大な歴史が今も眠っている・・沖縄の歴史が、世界の歴史の一部であることを実感できる旅でありたいと思う。
宣教師ザビエルの足跡とキリシタン文化をたずねる旅 籠手田 恵夫 長崎県 6泊7日 山口県
福岡県
長崎県
熊本県
鹿児島県
PDF 物質文明偏重の反省から、最近は精神的なものへの回帰が尊重され、宗教的な旅、中でも日本人にとってエキゾチシズムが感じられるキリスト教会や殉教地巡りの旅が求められている。その意味で日本にキリスト教を伝えたザビエルが辿った鹿児島、平戸、山口にある三つのザビエル記念教会を訪ねるとともに、その道筋にある天草、雲仙、長崎、外海、西海の各地を含めて、キリシタン文化の神髄を極めたい。
日本の二大宗教 神道と仏教の習合(神仏習合)を、温泉を楽しみながら辿る旅 西園寺 公輝 大分県 2泊3日 大分県 PDF 国東半島付け根に位置する宇佐神宮は全国八幡宮の総本社であるが、国宝富貴寺を代表とする六郷満山の仏教文化も華ぎ、神仏習合発祥の地とされている。私たち日本人は諸外国と比べ、寛容な宗教観を持っていると感じる。日常あまり意識する事の無い宗教観だが、その独特の宗教感が生まれた世界を温泉を楽しみながらゆっくりと巡る事で、将来の生活をどう過ごしていくのか考えられる旅になれば良いと思う。外国の方には、異なる宗教であっても、それを受け入れ、融合させる事が出来る、という体験で、宗教対立ひいては争いごとなどについて考える機会になれば良いと思う。
日本近代化のさきがけ:長崎県の近代化遺産を巡る旅 長池 一徳 長崎県 1泊2日 長崎県 PDF 長崎は江戸時代、幕府の鎖国政策の下で貿易都市として世界への窓口となり、出島を通じて近世における西欧文化の流入を見たが、その歴史的風土のゆえに、幕末の開国による近代欧米文化の影響をより顕著に受けた。長崎に幕末期に建設された近代の始まりを告げる様々な遺産は、洋風化と工業化という2つの側面が、日本にさきがけて長崎で展開されたことを実証しているように思える。長崎県の近代化遺産は、日本の歴史を物語る遺構であるとともに、現在も市民生活を支える物でもある。
「心のふるさと」めぐり〜美しい小さな田舎の歴史と文化の旅 萩原 真由美 大分県 2泊3日 福岡県
大分県
PDF 「美しいですね。耶馬渓のまちは、小さいけれど、とても美しいですね。」中国の若者が耶馬渓を眺めながら、やさしい笑みを浮かべ、そう話してくれた。桂林をはじめとする中国数千年のスケールの大きな風景とは違う、小さいけれど田舎の美しさを感じる耶馬渓、そして田舎の風景、そこには、アジアの国々とは違った日本らしい美しさがある。小さな田舎の美しい風景の中、農村が育んだ庶民文化、周辺の商人文化などを感じながら、「心のふるさと」めぐりのようなほのぼのとした旅をして欲しい。
豊かな自然の恵みから生まれたお茶の名産地、八女・嬉野・東彼杵への旅 村山 拓男 長崎県 1泊2日 福岡県
佐賀県
長崎県
PDF 日本人に最も親しまれている飲み物として、第一にあげられるのはお茶である。また、文化財保護法の改正により、文化的景観という新たなカテゴリーが新設され、景観が文化財としても注目されてるが、茶畑の景観も独特の良さを持っている。この旅では、福岡(八女茶・星野茶)・佐賀(嬉野茶)・長崎(そのぎ茶)のお茶の名産地を訪れ、茶の文化に親しみ、豊かな自然の恵みを受けて生まれたお茶をいただきながら、そのまちの歴史や文化についても学ぶというものだ。
キリシタンの道 島原・天草 山下 留美 鹿児島県 3泊4日 長崎県
熊本県
PDF 日本にキリスト教が伝わって約450年。日本を訪れる外国人は、仏教関連施設を巡ることが多いだろうが、かつて日本を訪れた外国人宣教師の足跡や日本人のキリスト教信仰についても知って欲しい。また、長崎や天草には、隠れキリシタンの流れだけではなく、神社・仏閣も多く存在している。日本人の宗教観が話題になることが多い昨今、島原・天草の小さな漁村の教会での献身的なキリスト教の祈りに触れることで、異文化を自分たちの生き方に受容させてきた日本人の信仰観を考えたい。くわえて、天草、島原地方の雄大な自然に触れることで、美しい日本を改めて感じて欲しい。夕日を見つめて、切ない気持ちになったことはないだろうか。天草海岸で1人夕日を眺めることで、天草、島原の歴史や島の暮らしに思いをはせ、宗教とは何か、人生とは何かを考え、自分の生き方を改めて見直してはどうだろうか。
城下町と信仰の里を巡る旅 山田 直行 愛知県 2泊3日 大分県 PDF 九州の城跡や城下町の風情に魅せられて平成11年から旅を重ねてきたなかで大分県を選んだ。別府や湯布院を外しマイナーな観光地を選び、年末の観光客が増える直前に旅したため、土地の人に余裕があり、ふだんの旅行より人情に触れることができた。この旅ではレンタカーを使い、数多くのポイントを訪れる。
志に生きた若者たちの軌跡−西南戦争から欧化教育へ 熊本大学 政策創造研究センター
(上野 眞也)
熊本県 2泊3日 熊本県 PDF 明治10年〜20年頃は,大政奉還で近代化に着手したわが国の,近代国家誕生の産みの苦しみの時期であった。急激な欧化改革による社会的歪みや日本文化との衝突は,西南戦争という国のあり方を問う最後の内戦を引きおこした。当時の若者は,血気盛んに学び,議論し,行動し,新たな時代を作ろうとして命を賭けてもがいた。それらの軌跡は,いまも現地を訪ね,歴史を辿り,肌で感じることで,日本が歩んできた道のりへの感動をもたらす。わが国の骨格ができる明治初期の歴史と固有の日本文化・精神を再考するには,最適の旅行コースである。
紅葉と伊都国古代ロマンの旅 前原市教育委員会文化課
(鬼木 武信)
福岡県 0泊1日 福岡県 PDF 「魏志」倭人伝に登場し、外国との交易・文化の窓口として、また検察的な役割も持っていた、古代の国「伊都国」。前原市内に点在する遺跡の発掘調査によって、「伊都国」の存在が少しずつ明らかになってきている。これらの遺跡を訪れ、紅葉・コスモスの名所を巡りながら、晩秋のひととき、古代伊都国のロマンにひたってみてはいかがだろうか。
宮崎県内の神話ゆかりの地を巡る旅
・・・日本人のルーツを訪ねて・・・
宮崎市神話の語り部 ガイドボランティア協議会
(湯川 英男)
宮崎県 3泊4日 宮崎県 PDF 日本神話に興味のある方、日本人のルーツを訪ねたい方、古事記・日本書紀や、梅原猛先生の「天皇家のふるさと日向をゆく」(新潮社)を、お読みになった方、これらの人たちにとって、宮崎県内は神話ゆかりの地が多数ある。そんなゆかりの地の全行程を、希望者には神話の語り部の語りとガイド付きで、ご案内している。現地の美しい景色を楽しみながら、神話の世界を満喫できる旅である。
全国(三地方以上)(12プラン)
日本の海外交流の軌跡を九州に訪ねて 生熊 文 ドイツ 10泊11日 京都府
山口県
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
PDF 最近では日本を訪れるヨーロッパ人が多く、リピーターも少なくない。ヨーロッパ人はハイキングが好きで自分で体験するのを好むので、バスに乗り外から眺めるだけでなく、自分で歩き、触れ、体験し、地元の方々と話しあうことで、より深い異文化理解の手段と考えたい。また、日本人にとっても日本各地、日本の文化のいたる所に残る大陸文化の影響を知り、東アジアの一部としての日本文化という視点を認識できる旅としたい。
忍者を知る旅 大野 和美 埼玉県 2泊3日 長野県
岐阜県
愛知県
三重県
滋賀県
PDF 歴史上活躍してきた本物の忍者について知りたいと思い、友人と一緒に忍者の里を巡る旅をした。実際の忍者屋敷などを見ていると、仕掛けの巧妙さに驚かされると同時に昔の人の技術の高さにも感心させられた。資料も、忍者の側から書かれた年表など、教科書で習ってきた歴史と全く違った角度で書かれているのでとても面白く、歴史の裏側を見ることができる。思いの外、奥深く、1度ならず2度、3度と繰り返し訪れて楽しんで欲しい。
万葉の旅 大和・奈良ー山の辺の道・明日香・吉野 奥井 康矩 広島県 2泊3日 奈良県 PDF 万葉集は日本人の魂を伝える文学、歴史、風土であると同時に、数限りない旅の歌が収録されていて、まさに日本人の旅の原点といえる。そこには、官人の旅、遣唐使の旅、防人の旅、個人の旅等たくさんの旅が収められ、旅の歌はみずみずしく、おおらかで、生命力に満ち溢れている。また、日本人の旅は万葉集以降、歌即ち「歌枕」の旅へと継承され発展していき、西行、宗祇、そして松尾芭蕉へとつながる先人の歌枕を訪れて旅をするという日本人の伝統、真髄が形成されることとなった。本プランは全国を9ブロックに分け、万葉集の世界を時間をかけて丁寧にめぐる旅である。日本人の原点、日本文化の源流である万葉集の旅をすることにより大和の魂にふれ、私たちの先祖が築き上げた遺産を深く理解して、感性豊かな日本人になる一助になればと考える。
近江・山城 2泊3日 岐阜県
滋賀県
京都府
PDF
和歌山・大阪・兵庫 2泊3日 大阪府
兵庫県
和歌山県
PDF
東海〜東国への旅 2泊3日 神奈川県
静岡県
愛知県
三重県
PDF
東国(東歌の世界) 2泊3日 茨城県
埼玉県
千葉県
東京都
PDF
東山道 2泊3日 群馬県
長野県
岐阜県
PDF
北陸地方(越前〜越中) 2泊3日 富山県
石川県
福井県
PDF
山陽・山陰地方 2泊3日 鳥取県
島根県
広島県
PDF
九州地方 2泊3日 福岡県
長崎県
PDF
分水嶺を越えて、古い町並みジグザグ紀行 奥野 直子 東京都 4泊5日 富山県
長野県
岐阜県
PDF この旅では、木曽川(木曽路)、飛騨川(飛騨路)、庄川、それぞれの川筋に沿って、日本の古い町並みを訪ねる。東京(太平洋側)を始点に、内陸をジグザグに移動し、日本海側へと抜ける旅なので、何度か分水嶺を越えることになる。分水嶺を境に、一方の川は日本海へ、もう一方の川は太平洋へと、流れの方向を変えるために、日本という国が中央に背骨のような山脈を連ねた島国であることを実感することができる。また、分水嶺が時には各地の自然や文化を隔てていることにも気づく。旅することの大きな収穫は、旅行中に得る知識ではなく、旅行後に、訪れた土地が身近に感じられるようになり、その土地のニュースに興味が持てるようになることだと考える。そんな距離感の縮まる旅をしたい。
日本列島と大陸を結ぶ、海の道を訪ねる旅 対馬海峡、渡海コース 桂川 光和 岐阜県 4泊5日 福岡県
佐賀県
長崎県
PDF この旅は日本と大陸との関わりの歴史を訪ねる、知的好奇心刺激の旅である。だが歴史に興味がなくとも、海と島が織りなす美しい自然や、港町の賑わいを留める、古い街並みの風景は、旅の期待を裏切らない。加えて多彩な海の幸を楽しむ事ができる、欲張りな旅でもある。
玄界灘から瀬戸内へ 2泊3日 山口県
福岡県
PDF
瀬戸内海航路の旅 2泊3日 大阪府
兵庫県
岡山県
広島県
PDF
古窯に日本の陶磁器産業の源流をたずねる旅 河野 いわお 愛知県 3泊4日 愛知県
滋賀県
岡山県
PDF 鎌倉時代、東海から山陽にかけて陶器の大量生産が始まったが、代表的なものが日本六古窯と呼ばれる瀬戸、常滑、越前、信楽、丹波、備前である。江戸時代には大陸から伝来の磁器が主流となったが、独特の肌触りと味わいをもつ陶器は、純粋の日本のやきものとしての地位を占めるようになった。今回の旅では瀬戸、常滑、信楽、備前の4古窯を訪ねる。これらの産地で、陶芸における美術性から陶器としての実用性に至るまで、それぞれの持つ個性と多様性を目で見、手で触り、できれば作陶や絵付けを楽しむことをお薦めしたい。
”Japan”を訪ねる旅 菅野 淳一 福島県 10泊11日 栃木県
東京都
石川県
福井県
京都府
沖縄県
PDF 今回訪ねる“Japan”とは「漆器」を意味している。“Japan”と呼ばれる漆器こそ日本を代表する工芸品ということができる。日本では、古代より、建物や生活道具にふんだんに木を利用しているが、さらに漆を塗布することで素材の保存性や強度を高め、さらに沈金や蒔絵などを施し芸術性も高めてきた。イギリスに訪問した折、お土産に漆器のスプーンを持参したところ大変喜ばれ、「漆器こそがまさに典型的な日本文化である」と言われたことがある。そのような日本文化を代表する漆器の主要な生産地に、多くの方々をできるだけ案内し、「見る」だけでなく、実際に「使う」、その歴史を「知る」、専門家から科学的・技術的に「聞く」ことを体験してもらいたい。その体験をもとに、特に海外で食器や生活品の小売り・流通業に携わっている人たちには、ヨーロッパなどで“Japan”ブームを巻き起こしてもらいたい。
松尾芭蕉の『奥の細道』をたどる旅 佐々木 清人 秋田県 13泊14日 岩手県
宮城県
山形県
福島県
栃木県
埼玉県
東京都
新潟県
富山県
石川県
福井県
岐阜県
PDF 俳聖・芭蕉が訪ねた『奥の細道』の旅は、能因・西行・宗祇など古人の心を偲ぶ旅であり、新たな詩興を求める求道の旅でもあった。私は一ヶ月間をかけて芭蕉の足跡を旅したが、その道中の至る所に芭蕉が旅した三百年前が残されており、千歳の形見も数多い。日本人の心のあり様を考える上で貴重な旅であり、芭蕉俳句の理解が深まる。また、日光・那須高原・松島・平泉・山寺・月山・象潟・弥彦・金沢・永平寺など一級の観光地が含まれており、東北と北陸を知るにはめぐり易い旅でもある。
世界文化遺産白川郷と日本の匠の技を訪ねる旅 志摩 泰子 静岡県 4泊5日 石川県
福井県
岐阜県
愛知県
滋賀県
PDF 以前、アムステルダムに暮らしていたとき、私のまわりの友人は、堅実で合理的な反面、ハンドメイドや手仕事に価値を認める優しい人たちだった。このような友人に日本を案内するなら、どんな旅にすればよいのかと考えてみた。その結果、日本の匠と呼ばれる人の技や、やさしく暖かい手仕事を紹介しながら、素朴な日本の暮らしやたたずまい、また美しい日本の祭をもりこんだ旅になった。
木造建築の伝統文化にふれる旅 滝井 恵 東京都 10泊11日 東京都
新潟県
京都府
奈良県
PDF 一昨年、新潟県村上市内のお堂が修理されるという案内状をもらい、ボランティアで作業手伝いに参加した。このお堂の持つ他に代えられない魅力とお寺の来歴を伺い、忘れられない思い出となった。一地域の育んだ建築文化の本質にふれるという、単なる観光では得難い貴重な体験ができたと感じている。日本には、世界でも特徴ある多様で質の高い木造建築の文化が各地に形成されている。日本の建築文化を深く知ろうとする若者が、また日本の木造建築に憧れを抱いて外国からやってくる若者が、各地の建築文化を担う人々と交流できれば素晴らしいのではないか?
20世紀初頭、外国人建築家が見た日本をめぐる旅 渡辺 恭伸 埼玉県 6泊7日 群馬県
東京都
神奈川県
新潟県
福井県
長野県
静岡県
愛知県
京都府
PDF この旅の趣旨は、@20世紀初頭に日本を訪れた外国人建築家(フランク・ロイド・ライト、アントニン・レーモンド、ブルーノ・タウト)と日本の関わりをたどること、A企業者が文化貢献をした歴史と今日的意義を、群馬県立近代美術館や、群馬音楽センターと群馬交響楽団の設立をすすめるなど、群馬県の文化の発展に大きな貢献をした井上房一朗に注目することで考えること、B建築そのものを見ることの3点にある。この旅は、誰もがそれぞれの関心に応じておもしろいと感じるテーマを引き出せるものとなっている。また、外国人にとっても、70年前に欧米から来た人が、日本にどのような影響を残したかを知ることができる旅となっている。
縄文の時代を尋ねて 横手美入野高校 46期同期会有志
(鈴木 捷)
兵庫県 5泊6日 北海道
青森県
秋田県
新潟県
富山県
福井県
PDF 秋田に生まれた私は蝦夷の血を引く者であろう。歴史の教科書では縄文時代は地を這うような生活をし、蝦夷は反乱や謀反者であり、県には国宝も無く文化果てるところの如く習った。たまたま三内丸山と大湯環状列石を見るチャンスに恵まれ、最近の発掘を通して縄文のイメージが様変わりしたと理解した。縄文時代は5千年余も続き、豊かで、しかも人口の90%余が東日本に住んでいた。今より温暖で縄文海進を呼び比較的穏やかな海を航海して地域交流があったと同級会で説明したら「初耳だ」など発言され、本当に残念です。此処に縄文の旅としてまとめ、東北を愛する心の一要因を加えたい。

トップページへ

ページトップへ