文化芸術推進基本計画

文化芸術推進基本計画-文化芸術の「多様な価値」を活かして,未来をつくる-(第1期)(平成30年3月6日閣議決定)

文化芸術基本法(平成13年法律第148号)の規定に基づき,政府は,文化芸術に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るため,「文化芸術推進基本計画-文化芸術の「多様な価値」を活かして,未来をつくる-(第1期)」を策定しました(平成30年3月6日閣議決定)。第1期基本計画は,文化審議会答申「文化芸術基本計画(第1期)について-文化芸術の「多様な価値」を活かして,未来をつくる-」(平成30年2月16日)を受け,今後5年間(平成30年度~平成34年度)を見通し策定されたものです。

文化芸術の振興に関する基本的な方針(旧「文化芸術振興基本法」に基づく方針)

文化芸術立国中期プラン

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動