最近の情勢と今後の文化政策~東日本大震災から学ぶ,文化力による地域と日本の再生~(文化審議会文化政策部会提言)

平成24年9月28日

 文化審議会文化政策部会では,提言「最近の情勢と今後の文化政策~東日本大震災から学ぶ,文化力による地域と日本の再生~」(平成24年9月28日)を公表し,宮田亮平文化審議会文化政策部会長(東京藝術大学長)より,近藤誠一文化庁長官へ手交を行いました。
 本提言は,今期の文化審議会文化政策部会において,「文化芸術の振興に関する基本的な方針(第3次基本方針)」(平成23年2月8日閣議決定)のフォローアップの一環として実施した,東日本大震災からの創造的復興の在り方に関する集中審議やヒアリング等を踏まえ,提言としてとりまとめたものです。

宮田部会長(右)から近藤長官(左)へ「提言」の手交の様子
宮田部会長(右)から近藤長官(左)へ
「提言」の手交の様子

○手交式の様子

○文化審議会文化政策部会提言

「最近の情勢と今後の文化政策~東日本大震災から学ぶ,文化力による地域と日本の再生~」
(平成24年9月28日)

<問合せ先>
文化庁長官官房政策課政策調整係
電話:03-5253-4111(内線3106)

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動