「民族共生の象徴となる空間」における基本構想・国立のアイヌ文化博物館(仮称)基本計画

アイヌ政策推進会議「民族共生の象徴となる空間」作業部会報告(平成23年6月)に基づき,「民族共生の象徴となる空間」に設置される文化施設における博物館の整備・運営に関する基本構想等を策定するため,「民族共生の象徴となる空間」における博物館の整備・運営に関する調査検討委員会を設置し,調査検討を行い,平成25年8月に「博物館基本構想」を策定しました。また,平成27年3月に「博物館基本計画に関する報告書」を取りまとめ,文化庁長官へ報告致しました。

1 「民族共生の象徴となる空間」における博物館基本構想

「民族共生の象徴となる空間」における博物館基本構想

2 「民族共生の象徴となる空間」における博物館基本計画報告書

3 国立のアイヌ文化博物館(仮称)基本計画

4 国立のアイヌ文化博物館(仮称)建設予定地及び整備予定スケジュール

「民族共生の象徴となる空間」における博物館の整備・運営に関する調査検討委員会

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,https://get.adobe.com/jp/reader/からダウンロードしてください。

ページの先頭に移動