近現代建造物緊急重点調査事業

我が国の20世紀に建設された近現代の建築,土木構造物は,国際的に高い評価を受けていますが,総合的な価値付けがされておらず,文化財としての保存措置がほとんど講じられていません。

文化庁では,平成27年度から「近現代建造物緊急重点調査事業」を建築と土木分野のそれぞれについて実施しています。これは,主として20世紀に造られた建築物や土木構造物について調査し,優れた建築物及び土木構造物の所在地,建設年,規模,構造,現況などを集約するものです。

平成27年度には,建築分野は全国版リスト(暫定版)を作成し,土木分野は,河川分野をモデル分野として選定し,調査を進めました。

平成28年度には,建築分野は全国版リスト(暫定版)をもとに地域単位(神奈川県・奈良県)の詳細調査を進め,土木分野は河川,道路,鉄道分野の調査を進めました。

Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動