メセナ活動実態調査

5.企業等による芸術文化活動への支援

企業等による芸術文化活動への支援(メセナ活動)

近年,企業の社会貢献意識の高まりに加えて,経済の発展には文化の側面が不可欠との認識が強まっていることを背景に,自ら芸術文化事業を実施したり,芸術文化活動を支援するなど,メセナ活動を行う民間企業が増えてきています。

●メセナ活動実態調査回答企業実施率

メセナ活動実態調査回答企業実施率を示す表

●メセナ活動実態調査回答企業における実施率

年度 実施率(実施企業数/回答企業数)
平成14年度 63.3%(392社/619社)
平成15年度 65.0%(411社/632社)
平成16年度 66.9%(424社/634社)
平成17年度 71.1%(443社/623社)
平成18年度 68.8%(475社/690社)

●メセナ活動費の総額

メセナ活動費の総額を示す表
年度 資金援助総額(金額回答企業数:1社平均資金援助額)
平成14年度 212億6,398万円(320社/6,645万円)
平成15年度 224億2,517万円(351社/6,389万円)
平成16年度 232億5,698万円(372社/6,252万円)
※平成17年度 331億4,260万円(388社/8,542万円)
平成18年度 256億8,647万円(421社/6,101万円)

※回答企業のうち,2社から約100億円の回答が計上されたため,合計・平均が大幅に増加した。

〈資料〉社団法人 企業メセナ協議会発行「メセナリポート」

助成財団による支援

民間企業が基本財産を出捐し,さまざまな芸術文化活動に対し助成を行う財団(助成財団)が近年増えています。

文化庁では,これら相互の連携と国や関係機関との協力により助成事業の一層の充実を図るため,昭和63年に芸術文化助成財団協議会を設立しました。現在,23法人が加盟しています。

芸術文化助成財団協議会会員財団事業案内

社団法人 企業メセナ協議会

会長:福原義春 株式会社 資生堂 名誉会長
理事長:福地茂雄 日本放送協会 会長

企業のメセナ活動を支援するため,平成2年4月に設立されました。

(1)企業による芸術文化支援等に関する啓発・普及,(2)企業による芸術文化支援に関する情報の収集・配布,(3)企業による芸術文化支援活動の調査・研究,(4)優れたメセナ活動の顕彰,(5)海外の同種の機関との情報交換・交流など多様な活動を展開しています。

平成6年2月には特定公益増進法人に認定され,同協議会が認定した芸術文化団体の活動に対する寄付金に税制上の優遇措置が適用されることとなりました。また,平成14年度からは税制改正要望の結果,税制上の優遇措置を受けられる活動の対象範囲が拡大されました。

社団法人 企業メセナ協議会関係図

〈平成18年度実績〉

206件の芸術文化活動を認定し,1515件総額12億382万円の寄附が同協議会を通じて行われました。
※助成認定制度に関する問合せ先:社団法人企業メセナ協議会

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-2 第一鉄鋼ビル1階
電話 03-3213-3397

全国メセナネットワーク

日本各地に,地域の文化振興をめざし,地元企業の連合体,公益法人,NPO法人,行政と企業の協働組織など多くのメセナ組織が活動しています。

このような地域メセナ組織の情報交換と相互協力を進めるため,平成8年3月に全国メセナ組織連絡会が発足。平成10年9月,「全国メセナネットワーク」と改称し,年1回,一般公開での全体会議を開催し,交流をはかっています。
〔会員17団体,代表座長:村岡安廣(佐賀県企業メセナ協議会)〕

ページの先頭に移動