文化庁と映画「マエストロ!」とのタイアップ

映画「マエストロ!」タイアップポスター

 文化芸術は,心豊かな活力ある社会の形成に資するものであり,クラシック・コンサート等の公演が行われる文化会館は,人々が文化芸術と出会う場として,また,人々に感動と希望をもたらす地域の文化拠点として大きな役割を担っています。

 文化庁では,平成27年1月31日(土)公開予定の映画『マエストロ!』とタイアップを行うことでアスミック・エース株式会社と合意し,文化芸術の一層の振興を図るため,タイアップ企画を行うこととしました。

 映画では,解散したオーケストラの団員が「謎の指揮者(マエストロ)」と出会い,音楽への情熱や自信を取り戻し,復活コンサートの開催へと至る姿が描かれており,オーケストラになじみのない方にもクラシック音楽の魅力を伝える内容となっています。また,映画の原作は第12回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞した作品です。
 本企画を通じて,映画,漫画,クラシック音楽というジャンルを越えた多彩な文化芸術への理解と関心が深まり,地域の文化会館へ足を運ぶ機会が増えるなど,文化芸術がより身近なものとなることを期待しています。

 クラシック音楽の魅力について小林監督と青柳文化庁長官が対談した様子を文部科学省動画チャンネル(YouTube) にて公開いたしました。
 「優れた指揮者(マエストロ)であるかは,どこで分かるのか」,「オーケストラの生演奏のすばらしさ」など,映画に込めた監督の思いや文化芸術の魅力が語られます。映画「マエストロ!」の演奏シーンも登場しますので,是非,御覧ください。

ページの先頭に移動