平成28年度文化庁メディア芸術祭20周年企画展の企画・運営

1.企画競争に付する事項

(1)事業名
 平成28年度文化庁メディア芸術祭20周年企画展の企画・運営
(2)事業の目的
 文化庁メディア芸術祭が20周年を迎えることを記念し,20年を振り返る企画展を開催することで,優れたメディア芸術を鑑賞する機会を提供し,メディア芸術の創造とその発展を図り,もって我が国のメディア芸術の発展に資する。
(3)事業の内容

 文化庁メディア芸術祭の受賞作品(審査委員会推薦作品を含む)を中心に,メディアアート,映像,ガジェット,ゲーム,ウェブ,アニメーション,マンガ作品などを総合的に展示・上映し,解説等を行う展覧会と,メディア芸術に関連するシンポジウムやトーク,ワークショップなどのイベントを開催し,優れたメディア芸術の鑑賞機会を提供する。
 なお,本事業が対象とする「メディア芸術」とはデジタル技術を用いて作られたアート作品及びエンターテインメント作品,アニメーション作品,マンガ作品とする。

 以下の【1】~【3】の事業を,文化庁との協議の下で実施する。
【1】文化庁メディア芸術祭20周年企画展の開催

 文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会との連携の下,第1~19回文化庁メディア芸術祭の歴代受賞作品(審査委員会推薦作品を含む)を,4部門の特長をいかして展示・上映,解説(日・英)し,シンポジウム,ワークショップ等を実施するため,以下の[1]~[9]の業務を行うこと。文化庁メディア芸術祭20周年企画展は,平成28年10月1~31日(予定)(31日間,設営・撤収・休館日を含む。なお,開催前日に内覧会を別途行う。)に3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区)をメイン会場として開催予定。(メイン会場の予約は文化庁が行う。会場費の支出は受託者が行う。)作品数が多くなることが予想されるため,メイン会場以外の展示会場(サブ会場)を設置する必要がある場合は,JR秋葉原駅から徒歩10分以内にある作品展示およびイベント実施が可能な場所を用いて企画・実施すること。なお,サブ会場について,文化庁で調査した会場例を参考として別紙1に記載した。

  • [1]文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会事務局の設置・運営
  • [2]文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会の開催および開催に係る支出手続き
    (※委員会委員の委嘱は,文化庁が行う。なお,実行委員はメディア芸術に関する有識者等から10名程度選定する予定。)
  • [3]文化庁メディア芸術祭20周年企画展の広報
    (企画展の周知に必要なポスター・チラシ・DM・マップなどのツールの制作と頒布等)
  • [4]文化庁メディア芸術祭20周年企画展の記録およびカタログ(5000部程度)の制作等
  • [5]歴代受賞作品(審査委員会受賞作品を含む)の展示・上映,解説(日・英)の実施
  • [6]内覧会およびレセプションの開催(プレス,関係者向けに展示開始日の前日に展示とレセプションを実施)
  • [7]シンポジウム,ワークショップ,トーク,レクチャーの開催
  • [8]千代田区を中心とした近隣のミュージアムやメディア芸術関連施設との協賛・連携事業の実施
  • [9]調査の実施(来場者数(国内・海外別),アンケート調査,動線調査など),調査報告書の作成
【2】文化庁メディア芸術祭20周年企画展に関するサイトの構築,運用及び保守管理
【3】文化庁メディア芸術祭等関連事業との連携
文化庁メディア芸術祭等関連事業との連携(情報共有等)を行う。
 ※ 詳細は公募要領等に示したとおりとする。

2.企画競争に参加する者に必要な資格に関する事項

  • (1)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
  •  なお,未成年者,被保佐人又は被補助人であって,契約の締結のために必要な同意を得ている者は,同条中,特別の理由がある場合に該当する。
  • (2)文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。

3.参加表明書の提出

  •  参加表明書の提出は不要とする。(ただし,企画提案書の提出に必要な公募要領等は,下記の「本件担当,連絡先」にて書類を交付又はダウンロードすること。)

4.企画提案書の提出方法等

(1)企画提案書の提出方法
 公募要領等に示したとおりとする。
(2)企画提案書の提出期限等
 提出期限:平成28年3月18日(金)18:00必着
 提出先:下記「本件担当,連絡先」に示す場所。

5.説明会の開催日時及び開催場所

 なし。

6.事業規模(予算)及び採択件数

 別紙,公募要領等による。

7.選定方法等

 別に定めた審査基準及び公募要領等に基づき,企画選定委員会において行う。

8.誓約書の提出等

  • (1)本企画競争に参加を希望する者は,企画提案書の提出時に,支出負担行為担当官が別に指定する暴力団等に該当しない旨の誓約書を提出しなければならない。
  • (2)前項の誓約書を提出せず,又は虚偽の誓約をし,若しくは誓約書に反することとなったときは,当該者の企画提案書を無効とするものとする。
  • (3)前2項は,支出負担行為担当官が誓約書の提出を要しないと認める場合は適用しない。

9.その他

 本件に関するその他必要事項については,公募要領等による。

【本件担当,連絡先】

  • 住所:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2
  • 担当:文化庁文化部芸術文化課支援推進室メディア芸術交流係 担当 横尾・小林
  • 電話:03-5253-4111(代)(内線2895)
  • FAX:03-6734-3815
  • E-mail:media@bunka.go.jp
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動