平成29年度若手アニメーター等人材育成事業

1.企画競争に付する事項

  • (1)事業名
  • 平成29年度若手アニメーター等人材育成事業
  • (2)事業の趣旨
  • メディア芸術の振興に向けた取組の充実を図るため,将来を担う優れた若手アニメーター等の育成を推進し,もって我が国アニメーション分野の向上とその発展に資する。
  • (3)事業の内容
  • 制作スタッフに若手を起用したオリジナルアニメーション作品の製作を通じ,オン・ザ・ジョブ・トレーニング(以下「OJT」という。)を組み込んだ制作現場における若手アニメーター等の育成を行うとともに,我が国のアニメ製作現場における若手アニメーター等の育成方法の確立を図るため,次の【1】から【6】の事業を実施する。
  • 【1】作品制作団体の選定
  • アニメーション業界の関係者,制作会社等に事業に関する告知及び説明会を実施するとともに,アニメーター等を育成するための作品を制作する団体を4社選定する。
  • 【2】作品制作による人材育成
  • 選定された4社に対して,作品制作の主に作画工程においてOJTによる若手アニメーターの育成を効果的に実施できるように,指導助言を行える体制を整える。
  • 【3】講座等の実施
  • 制作現場におけるOJTのほか,アニメーター及び団体に向けた講義等を開催し,アニメ業界で長く活動を続けるために必要な知識・教養を身に付ける機会を設ける。
  • 【4】成果の評価と普及
  • 実施した人材育成について,手法,過程を含めた成果について評価を行うとともに,新人アニメーターの育成方法に関して検討・分析し,関係者等に対しそれらを周知することで,アニメーション業界における効果的な人材育成方法等の確立を促進する。
  • 【5】作品の発表機会の確保
  • 完成した作品を年度内に発表し,広く周知する機会の確保を図る。また,事業終了後における制作作品の著作権は作品制作団体に帰属するものとし,制作団体が自ら創意工夫して利活用することにより,継続的な育成を可能とする。
  • 【6】フォローアップの実施
  • 平成22年度から実施している本育成事業の参加者に対して,参加後の活動内容等についての追跡調査を行い,以後の若手アニメーター育成方法の確立に資する検証を行う。

2.企画競争に参加する者に必要な資格に関する事項

  • (1)予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること。
  • なお,未成年者,被保佐人又は被補助人であって,契約の締結のために必要な同意を得ている者は,同条中,特別の理由がある場合に該当する。
  • (2)文部科学省の支出負担行為担当官等から取引停止の措置を受けている期間中の者でないこと。

3.参加表明書の提出

4.企画提案書の提出方法等

  • (1)企画提案書の提出方法
  • 公募要領等に示したとおりとする。
  • (2)企画提案書の提出期限等
  • 提出期限:平成29年2月24日(金)18:00必着
  • 提出先:下記「本件担当,連絡先」に示す場所。
  • 企画提案書の様式(67KB)/企画提案書の様式(107KB)

5.説明会の開催日時及び開催場所

なし。

6.事業規模(予算)及び採択件数

別紙,公募要領等による。

7.選定方法等

別に定めた審査基準及び公募要領等に基づき,企画選定委員会において行う。

8.誓約書の提出等

  • (1)本企画競争に参加を希望する者は,企画提案書の提出時に,支出負担行為担当官が別に指定する暴力団等に該当しない旨の誓約書を提出しなければならない。
  • (2)前項の誓約書を提出せず,又は虚偽の誓約をし,若しくは誓約書に反することとなったときは,当該者の企画提案書を無効とするものとする。
  • (3)前2項は,支出負担行為担当官が誓約書の提出を要しないと認める場合は適用しない。

9.その他

本件に関するその他必要事項については,公募要領等による。

【本件担当,連絡先】

  • 住所:〒100-8959東京都千代田区霞が関3-2-2
  • 担当:文化庁文化部芸術文化課支援推進室メディア芸術振興係担当中臺・秋本
  • 電話:03-5253-4111(代)(内線2083)
  • FAX:03-6734-3815
  • E-mail:media@bunka.go.jp
Adobe Reader(アドビリーダー)ダウンロード:別ウィンドウで開きます

PDF形式を御覧いただくためには,Adobe Readerが必要となります。
お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてください。

ページの先頭に移動