HOME > 文化庁月報

文化庁月報
平成23年7月号(No.514)

連載

いきいきミュージアム 〜エデュケーションの視点から〜 4

いきいきミュージアム 〜エデュケーションの視点から〜 4

美術館は私たちの居場所だよ 「プレママ&ファミリーツアー」

祭り歳時記 伝承を支える人々 50

祭り歳時記 伝承を支える人々 50

別所温泉 岳の幟行事

文化交流使の活動報告 80

文化交流使の活動報告 80

初めての日本人として

国立大学施設探訪〜近代の記憶 そして未来へ〜 10

国立大学施設探訪〜近代の記憶 そして未来へ〜 10

東京農工大学 農学部本館・講堂

アニメーション分野の人材育成 2

アニメーション分野の人材育成 2

平成22年度育成事業の成果

特集

【施策紹介】国民が優れた文化芸術を享受するための新たな取組 〜美術品補償制度の創設〜

【施策紹介】国民が優れた文化芸術を享受するための新たな取組〜美術品補償制度の創設〜

 本年3月末,第177回国会において,「展覧会における美術品損害の補償に関する法律」が成立し,展覧会のために借り受けた美術品の損害を政府が補償する制度(美術品補償制度)が創設されました。この制度によって広く全国で安定的・継続的に優れた展覧会が開催され,国民が世界の多様な文化に接する機会の拡大が期待されます。
 本誌特集では,この制度の検討の経緯や内容等について紹介します。

> つづきを読む

特別寄稿

音楽の力を信じて 仙台フィルの2か月

音楽の力を信じて仙台フィルの2か月

 3月11日の東日本大震災以後,多くの方たちが被災地復興のための活動を行っています。仙台フィルは,震災の犠牲となられた方々を鎮魂し,ご家族や生活を失われた人々を癒し,地域再生のための希望の灯をともすことを目標に,「音楽の力」を通して被災地のための活動を行っています。その取組について紹介します。

> つづきを読む

文化庁ニュース

イベント案内

お知らせ

トップページへ

ページトップへ