HOME > 文化庁月報 > 連載 「日本の伝統美と技を守る人々 重要無形文化財保持者編」

文化庁月報
平成23年8月号(No.515)

文化庁月報トップへ

連載 「日本の伝統美と技を守る人々 重要無形文化財保持者編」

重要無形文化財「人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)人形(にんぎょう)」 保持者:吉田(よしだ)文雀(ぶんじゃく)

大阪樟蔭女子大学教授 森西真弓
吉田文雀

重要無形文化財「人形浄瑠璃文楽人形」
指定年月日:昭和52年4月25日


保持者:塚本(つかもと)和男(かずお) 芸名:吉田文雀
認定年月日:平成6年6月27日
(生年月日)昭和3年生 (在住)兵庫県西宮市


【重要無形文化財および保持者のプロフィール】

 人形浄瑠璃文楽の人形は,一つの人形を主遣(おもづか)い,左遣い,足遣いの三人で遣うという世界の人形芝居にその比を見ない繊細巧緻なもので,高度の芸術的価値をもつとともに,その演技・演出の様式等,日本の演劇史上に遺した足跡は大きく,芸能史的にも重要な位置を占める。
 塚本和男(吉田文雀)氏は,二代目吉田玉市(たまいち),三代目吉田文五郎(ぶんごろう)に師事し,昭和から平成を代表する人形遣いの一人となった。博識であり,特に女方(おんながた)遣いとして常に充実した舞台を見せている。

平成21年9月国立劇場小劇場 第168回文楽公演「艶容女舞衣」のお園 撮影:小川知子(国立劇場) 協力:人形浄瑠璃文楽座むつみ会

平成21年9月国立劇場小劇場 第168回文楽公演「艶容女舞衣」のお園
撮影:小川知子(国立劇場)
協力:人形浄瑠璃文楽座むつみ会

 「文楽博士」と呼びたくなるほど博識で,文楽のことなら何でも知っているのが吉田文雀さんです。それは文楽の人形遣いさんとしての内容に止まらず,文楽全般におよび,さらには伝統芸能のことなら能も歌舞伎も含めて幅広い知識を持っておられます。
 文雀さんは昭和3年東京生まれ。幼いころから芝居が好きで,大阪へ転居後は文楽にも親しむようになりました。その後,旧制中学へ進学したものの,戦時下で学問もままならず,人手不足の文楽の仕事を手伝ううち,卒業後に正式な入門となりました。
 終戦後間もなくの昭和20年8月に吉田玉市の預かりとして文楽座に入座,吉田和夫(かずお)と名乗って翌9月に南座で初舞台。同25年,吉田文五郎の弟子となって現在の芸名である「文雀」に改名しています。ちなみに,「文」は文五郎師匠から,「雀」は親交のあった中村(なかむら)扇雀(せんじゃく)(現坂田(さかた)藤十郎(とうじゅうろう))さんからもらわれたとのことです。
 文五郎師匠の許で女方遣いとして修業を重ね,その名人芸をよく踏襲しています。理論家の資質は元々からお持ちだったのでしょうが,人形遣いとしての研究熱心さは,玉市,文五郎の影響が大きかったようです。どんな演技にもきっちりとした裏付けがあることを,文雀さんは二人の師匠から学ばれました。
 芸域は極めて広く,立役(たちやく),女方,を兼ねるのはもちろん,敵役(かたきやく)から老役(ふけやく)までこなします。しかし,何といっても真骨頂は女方の役々です。時代物では『義経(よしつね)千本桜(せんぼんざくら)』の典侍局(すけのつぼね),『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の定高(さだか),『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』の政岡(まさおか),『芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)』の(きつね)(くず)(),『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』の相模(さがみ),また,老女方(ふけおやま)では気品ある『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』の覚寿(かくじゅ)や『近江源氏先陣館(おうみげんじせんじんやかた)』の微妙(みみょう),世話物では『心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)』のおさん,『艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)』のお(その),などなど,当り役は数多くあります。
 また,長年にわたって,役に用いる(かしら)を決める「首割(かしらわり)委員」を勤めています。一度,現場に立ち会わせていただきましたが,事前に頭の中で決まっているようで,瞬く間に終わりました。まさに人間コンピューターです。
 能楽堂で弟子の吉田和生(かずお)さんと一緒に観能されているお姿をよく拝見します。師匠から弟子へ,技芸と共に勉強熱心さも受け継がれているようです。
 無類の愛猫家で,今も2匹の猫と仲良く暮らしておられます。

トップページへ

ページトップへ