HOME > 文化庁月報 > イベント案内 九州国立博物館

文化庁月報
平成24年3月号(No.522)

文化庁月報トップへ

イベント案内

九州国立博物館
平山郁夫 シルクロードの軌跡

会期:平成24年4月3日(火)〜5月27日(日)
会場:九州国立博物館3階特別展示室
《入涅槃幻想》 平山郁夫筆/1961年/東京国立近代美術館所蔵

《入涅槃幻想》 平山郁夫筆/1961年/東京国立近代美術館所蔵

特別展「平山郁夫 シルクロードの軌跡」

 日本画家で文化勲章受章者の平山郁夫氏(1930-2009)の生涯は,平和を祈りつつ,取材で訪れた現地での感動を描く現場主義を貫くものであった。62年の画業とともに,きわめて大きな貢献を果たした文化財保護活動に焦点を当てながら,多方面かつ多大なその業績を紹介する。

 国禁を犯してまでインドに向かった唐代の求法僧・玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の足跡を辿ることから始まったシルクロードと仏教伝来の道の取材旅行は40年間に150回を数え,ユーラシア大陸全体に及んだ。平山氏は,不世出の偉大な旅人でもあった。

《破壊されたバーミアン大石仏》 平山郁夫筆/2003年/広島・平山郁夫美術館所蔵

《破壊されたバーミアン大石仏》 平山郁夫筆/2003年/広島・平山郁夫美術館所蔵


《菩薩半跏思惟坐像》 クシャーン朝・2-3世紀/パキスタン・ガンダーラ/山梨・平山郁夫シルクロード美術館所蔵

《菩薩半跏思惟坐像》 クシャーン朝・2-3世紀/パキスタン・ガンダーラ/山梨・平山郁夫シルクロード美術館所蔵

壁画模写と文化財保護

 東京藝術大学助手であった20代後半の平山氏は,それまでの叙情的な作風から次の展開を模索し,また原爆の後遺症による体調不良に苦しみながら,仏教に発想した新しい画境を獲得した。《入涅槃(にゅうねんはん)幻想》(東京国立近代美術館所蔵)など仏伝シリーズを代表する作品2点を紹介する。

 その後,トルコ・カッパドキアとイタリア・アッシジのキリスト教壁画と我が国法隆寺と高松塚古墳の壁画の模写をとおして,東西のすぐれた絵画に親しみ,その技法を習得した。高松塚を除く模写作品3点(東京藝術大学大学美術館および法隆寺所蔵)のほか,平山氏が保護研究援助の枠組み構築に尽力した中国・敦煌(とんこう)莫高窟(ばっこうくつ)壁画について,親交が深かった敦煌研究院初代院長段文傑(だんぶんけつ)氏による模写を展示する。

 我が国の文化の源流を求める取材旅行の過程で,自然破壊だけでなく,内戦や盗掘などでその姿を変えつつある各地の文化遺産がおかれた憂うべき状況を目の当たりにした平山氏は,人類共通の遺産を守るために「文化財赤十字」を提唱した。その結果,中国の敦煌莫高窟,カンボジアのアンコールワットやアガニスタンのバーミアンなどの遺跡で,現在も続く我が国の文化的な国際貢献(遺跡の保存修復や研究に関する人的訓練や技術習得など)の枠組みがととのった。

シルクロードと仏教伝来の道

 アレキサンダー大王の東征をきっかけに,ギリシャ文化がペルシャ文明と融合して生まれたヘレニズムが東方に広がっていった。それまで菩提樹(ぼだいじゅ)法輪(ほうりん)によって象徴されていた釈迦は,紀元1-2世紀のパキスタン・ガンダーラとインド・マトゥラーで,人の姿で表現されるようになった。この変化は,西方からの刺激によって生まれたものといえる。インドに始まり,ガンダーラ,アフガニスタン,西域,中国を経て我が国に至る仏教伝来の道を,各地の遺跡を描いた平山氏の絵画,関連作品ならびに平山夫妻が収集した優れた美術作品などの仏教美術の精華で示す。これらをとおして平山氏の旅を追体験していただきたい。

 還暦を迎えた頃から,平山氏は我が国古代の道や神社仏閣を集中的に描いている。そこには,玄奘のような求法僧が苦しみながら辿った極端な乾燥状態にある沙漠や顧みる者もなくなった遺跡とはまったく異なり,湿潤で緑に囲まれ,戦乱や天変地異にも耐えて今日も人々の信仰の対象となっている社寺が描かれている。
 本展は,平山氏の画家としての生涯に触れ,人類共通の財産である世界の文化遺産保護に尽力した平山氏の偉大な業績を知るまたとない機会となることでしょう。

(文化財課長 臺信祐爾)

九州国立博物館

〒818−0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2

お問い合わせ
050-5542-8600(NTTハローダイヤル 8:00〜22:00)
交通
西鉄太宰府駅下車後,徒歩で約10分
開館時間
9:30〜17:00(入場は閉館30分前まで) 
休館日
毎週月曜日(4月30日(月・休)は休館)※ゴールデンウィーク(4月28日〜5月6日)は開館
観覧料
一般 1,300円(1,100円),高大生 1,000円(800円),小中生 600円(400円)
※(  )内は前売り及び団体料金(20名以上の場合)
※上記料金で文化交流展もご覧いただけます。
※障害者等とその介護者1名は無料です。展示室入口にて,障害者手帳等をご提示ください。
※満65歳以上の方は前売り一般料金で入場できます。チケット購入の際に年齢がわかるものをご提示ください。
※キャンパスメンバーズの方は団体料金で入場できます。チケット購入の際に学生証,教職員証等をご提示ください。
ホームページ
http://www.kyuhaku.jp別ウィンドウが開きます

トップページへ

ページトップへ