HOME > 文化庁月報 > イベント案内

文化庁月報
平成25年7月号(No.538)

文化庁月報トップへ

イベント案内

奈良文化財研究所平城宮跡資料館
平成25年度夏期企画展「平城京どうぶつえん−天平びとのアニマルアート−」

会期:平成25年7月13日(土)〜9月23日(月・祝)
会場:奈良文化財研究所平城宮跡資料館
平城宮・京出土の土馬大集合

平城宮・京出土の土馬大集合

天平の動物が大集合

 平城宮や平城京で発掘調査をすると,どのようなモノが出土すると思いますか?土器?瓦?木簡?…。もちろん,これらは平城宮・京を代表する遺物です。これらの代表選手に混じって,時折,動物を描いた木片や,動物をかたどった土製品などが,ひょっこり出土することがあります。今回の展示では,この平城宮や平城京出土の,動物が表現された遺物を一堂に集めます。

様々な場面に登場する動物たち

 動物が表現された遺物にはどんなものがあるかご存じですか?絵として描かれたものには,木の板や土器に落書きしたものがあります。これらは不要となった品を捨てる前にしたためた落書きでしょう。字を書いた木簡の余白に登場するものもあります。動物を立体的に表現したものには,土馬や形代などの祭祀(さいし)遺物(いぶつ)や,(すずり)や鬼瓦,鏡のような実用品まで幅広く存在します。天平人たちが,動物を大変身近に感じていたことがうかがえます。

羊をかたどった硯

羊をかたどった硯

鳥や馬,それから…

 今回の展示では,夏休み中の子供さんに楽しんでいただけるよう,会場を天平時代の動物園にみたてた雰囲気づくりを心掛けました。もちろん,当時は動物園などなかったでしょうから,あくまでも想像たくましく…。ここでは,天平人が数多く表現した鳥や馬をはじめ,羊,猿,亀,犬,牛,(いのしし),魚などが,皆様をお待ちしております。あ,よく見ると,ヒト科の動物,天平人の姿までも…!?ぜひ,ご家族で,1300年前にタイムスリップして,当時の「動物」たちの生き生きとした姿をお楽しみください。

(企画調整部展示企画室 中川あや)

奈良文化財研究所平城宮跡資料館

〒630-8577 奈良県奈良市佐紀町

お問い合わせ
0742-30-6753
交通
近鉄大和西大寺駅より東へ徒歩10分
開館時間
火曜日〜日曜日 9:00〜16:30(入場は閉館30分前まで)
休館日
毎週月曜日
観覧料
無料
ホームページ
http://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/index.html別ウィンドウが開きます

トップページへ

ページトップへ